からだにやさしい布ナプキン

「冷え症が治った」「なかなか妊娠ができずに悩んでいたけど、子どもを授かった」「生理痛がなくなった」など、口コミで話題となっている布ナプキン。そのよさをご紹介します。

冷え・生理痛の軽減、ムレ、かゆみ・かぶれの緩和など、いいことずくめ!

一般的な紙ナプキンには、液体を固まらせる高分子ポリマーという成分が使用され血液を固めます。これは冷却ジェルなどにも使われている成分で、熱を吸収して子宮を冷やしてしまうとされています。一方、布ナプキンには保温性があります。温めることで生理痛が和らぐため、紙から布に替えるだけで痛みが軽減すると言われているのです。

またムレ・かゆみ・かぶれを緩和する効果もあります。生理中は汗に経血の水分が加わり、防水性の高い紙ナプキンはそれを密封にするためにより湿度が上がり、ムレの原因に。さらに化学繊維がこすれる刺激が重なってかゆみやかぶれが起こります。一方、布ナプキンは天然素材のものがほとんどなので、素材自体に通気性があり、蒸れにくく肌当たりもとても柔らかです。

最初は生理の終わりごろから始めてみて

取り扱いは、最初は多少面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば簡単で、機能的にも紙ナプキンと変わりません。ネット通販や専門店などで購入でき、サイズや形、色柄も豊富に揃っているので、下着と同じ感覚でおしゃれが楽しめます。

使い方は普通の生理用ショーツに着けて使います。形は羽つきの紙ナプキンと似ていて、スナップ付きの羽があり、ショーツに固定して使うものが一般的。タイプは大きく分けて2つで、一体型で丸ごと取り替えるものと、ホルダーとパットに分かれているものがあります。多い日用、防水シート入り、ライナーなど種類も豊富にあります。

はじめて使うなら、1日3~5枚。毎日洗うなら2日分あればOK。ただし経血量は個人差があるので、まずは生理の終わり頃から始めて、少しずつ枚数を増やしていくのがオススメです。布ナプキンにすると経血量が減るので、数か月使い続ければ必要枚数も少なくなるといわれています。

外出時は、替えの布ナプキンに加え、洗剤を入れたスプレーボトルとジッパー付きの袋を持ち歩きましょう。替える際に、汚れ部分に洗剤をスプレーして、袋に入れればOK。モレが心配なら防水布入りの布ナプキンを使用したり、外出時だけ紙ナプキンを使ってもいいでしょう。

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。

特定不妊治療費 助成金情報