世代別で妊活プランが違うワケ

自然妊娠でも不妊治療でも、妊娠率は年齢を重ねるごとに下がります。35歳の女性が自然妊娠する力は、20代の半分ほどというデータも。また、一般的に年齢が上がると卵管が卵子を取り込む「ピックアップ能力」が低くなると言われています。明らかな異常が見つからなくても、体外受精を検討したほうがいいケースも多くなります。
さらに、受精卵の染色体異常の率も加齢とともに増えるため、流産率も高まります。
最短距離での妊娠を叶えるためには、年齢に合わせた妊活プランを立てることが重要なのです。

年齢別の疑問に
専門ドクターがお答え!

20代〜34歳

「セルフのタイミング法」から

20代から35歳までは、いわば「妊娠適齢期」。まずはセルフでのタイミング法を実践し、6カ月たっても成果がなければ、病院での検査に進みましょう。基礎体温をつけたり、排卵検査薬を使うことで排卵日の予測をすることができます。
ただ月経周期が整っていないと排卵日の予測がしづらいので、月経不順の場合は病院で指導をしたうえでのタイミング法がよいでしょう。

35〜39歳

1年以内の妊娠を
目標にステップアップ

35歳からは妊娠率が一気に下がります。「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、できるだけ早く行動を起こしましょう。
まずはすぐに病院選びをスタートし、不妊の原因が隠れていないかの検査を行いましょう。検査のあとは、医師の指導を受けてのタイミング法や人工授精を行うのが一般的ですが、人工授精の回数は3回くらいまでが目安。1年以内の妊娠を目標に、体外受精へのステップアップも検討しましょう。

40代

体外受精・顕微授精
が中心と考えよう

40代の妊活は時間との勝負です。すぐに不妊治療専門クリニックを受診しましょう。
病院は、体外受精・顕微授精ができる施設を選ぶことも大切です。40代になると自然妊娠のメカニズムでは結果がでにくいので、治療のメインは体外受精や顕微授精に。年齢とともに妊娠率は下がりますが、採卵できるうちは体外受精ができ、妊娠する可能性があります。医師としっかりコミュニケーションをとりながら、納得できる治療プランを立てましょう。

時間を有効に使うためにできること

妊娠するために最もたいせつなポイントは、生命力の高い卵子と精子が出会うことです。年齢が若くても排卵障害などで治療が必要だったり、卵子の残り数が少なくて妊娠を急いだほうがいいケースもあります。
時間を有効に使うためにも、クリニックを受診する際には夫婦一緒に検査を受け、不妊の原因がないかをチェックしましょう。

治療をスタートしたら、医師やスタッフを信頼し、わからないことがあれば遠慮せずに聞きましょう。
不安や疑問をひとりで抱え込まず、吐き出すことも大事です。
そこで、妊活・不妊治療中の方より寄せられた年齢に関する疑問を不妊治療専門医に伺いました。

『はじめての不妊治療 体外受精と検査』より