スペシャリストがいるクリニック

桜十字渋谷バースクリニック(東京都渋谷区)

桜十字渋谷バースクリニック・院長 井上治先生

院長井上 治先生

福岡大学病院、慶應義塾大学病院産婦人科、東京歯科大学市川総合病院を経て、2018年5月に桜十字渋谷バースクリニックを開院。長年、真摯な姿勢で不妊治療に携わってきた生殖医療専門医。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。医学博士。

「自分らしい妊娠」を支えるプロフェッショナルな医療&培養技術

確かな培養技術と最新設備で、患者の希望に寄りそう提案を

渋谷駅から徒歩5分の場所に昨年オープンした桜十字渋谷バースクリニック。その真新しい院内にはホテルライクな洗練空間が広がります。ハーブティやラウンジチェアのある待合席、自然光あふれる待合スペースなど、いたるところに感じるあたたかさ。「待ち時間もリラックスして過ごしていただける空間づくりを心がけました」と、院長の井上治先生。訪れる患者さんは、アクセスの良さから仕事帰りや合間に立ち寄られるかたが多いそう。

培養室:清潔感ただようラボ。卵はストレスを受けやすいため、繊細な配慮が必要。培養士全員が緊張感を持って作業に取り組んでいる

培養室:清潔感ただようラボ。卵はストレスを受けやすいため、繊細な配慮が必要。培養士全員が緊張感を持って作業に取り組んでいる

このクリニックの最大の特徴は、新しく、高性能な設備や技術の導入に力を注ぎ、できる限り患者さんの希望に寄りそった治療プランを提案していることです。院長の井上先生は慶應義塾大学病院や東京歯科大学市川総合病院で14年以上不妊治療に携わってきた生殖医療専門医。その経験のもと、体外受精をメインに、タイミング法・人工授精から顕微授精などの高度生殖補助医療、そして卵管鏡下卵管形成術(FT)、子宮内膜ポリープ切除などの日帰り手術も行なうなど、患者さんの負担を最小限にしています。「患者さまは年齢も症状も希望もさまざまです。じっくりとお話をうかがい、最善の治療で妊娠まで導きたい。そのために幅広い治療を用意しているので、初めて治療をするかたも、まずは気軽に相談に来てほしいですね」

そんな院長とタッグ組み、治療をバックアップするのは生殖補助医療胚培養士の資格を持つ胚培養士の皆さん。胚培養士の楠本佳香さんは、患者さんに安心して卵子・精子を預けてもらえるよう「胚培養室(ラボ)の見える化」に努めています。「ラボは従来、患者さまから見えづらいもの。でも、どんな人がどのように自分達の卵を扱っているかわからないのは不安ですよね。だからこそ、体外受精説明会にラボ見学を取り入れたり、直接お話する機会を作ったり、積極的に情報発信をしています」

胚培養士の皆さんは、〝自分達の扱う卵はやがて赤ちゃんにつながる〞と、卵子・精子へのストレスを最小限に抑える努力を惜しみません。さらに導入している最新のタイムラプスインキュベーター(培養器)は、受精卵を取り出すことなく、その成長過程を動画で観察でき、高い精度での良好胚選定が可能。これは治療結果に大きく影響を与えていると言います。こういった環境の中、長年生殖補助医療に携わってきた経験豊かな医師と胚培養士、ホスピタリティあふれるスタッフが一丸となって治療を支えています。

桜十字渋谷バースクリニック

待合室:太陽光がやわらかく差し込む診察室前の待合スペース。木目と白を基調とした空間が広がり、ゆったりとした気持ちになることができる

住所 東京都渋谷区宇田川町3-7 ヒューリック渋谷公園通りビル4階
電話番号 03-5728-6626
時間 月曜・火曜・木曜・金曜9:00~13:00、14:00~18:00
水曜・土曜9:00~13:00
休診日 日曜・祝日
アクセス JR山手線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩5分、東京メトロ「渋谷駅」6番出口より徒歩4分、JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩13分、東京メトロ「明治神宮前(原宿)駅」1番出口より徒歩12分
URL https://www.sj-shibuya-bc.jp/