着床率アップに力を入れている
クリニック

良い卵なのに、なかなか着床しない…

体外受精で
着床率をあげるためにできることは?

なぜ着床しないのかわからないケースも多い

神戸ARTレディスクリニック・院長 大谷 徹郎 先生

監修

神戸ART
レディスクリニック

院長大谷 徹郎先生

不妊治療のなかでも、最も妊娠率の高い治療法である体外受精。卵巣から卵をとりだし、精子と受精させて子宮内に戻すという方法で、胚(受精卵)の発育状況などを確認できるため、より良質な胚を子宮に戻すことができ、高い妊娠率が期待できます。

しかし、良質な胚を戻したはずなのに、なぜか着床せず妊娠しない……ということもよく起こります。一般的に、胚はその見た目からグレードに分けられ、より良い見た目の、妊娠するだろうと思われる胚を戻しますが、それを複数回繰り返しても、なぜか着床しないことがあるのです。

これを着床障害といい、良質胚を複数回戻しても着床しない場合は、着床障害の検査を行います。着床障害の原因としては、胚側の問題、子宮側の問題、両方の問題という3つのパターンが考えられますが、着床の問題は非常に複雑で、現代医学でもまだわからないことが多いのも事実。とはいえ、医学の進歩により年々新しい事実がわかり、着床についてもその謎が少しずつ解明されています。良質胚を戻しているのになかなか着床しないという場合は、一度クリニックに相談してみましょう。

グレードの良い胚を戻しても、着床しないおもな原因は?

  • 胚側の原因

    胚はその見た目によってグレードに分けられますが、見た目だけではわからない染色体異常などもあり、グレードの良い胚が必ずしも妊娠する胚とはいい切れません。染色体異常を調べるには、着床前検査で胚を調べるしか方法はありません。

  • 子宮側の原因

    • 子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮の形態異常など

      子宮筋腫などが原因で、着床が妨げられているケースがあります。

    • 慢性子宮内膜炎

      細菌の侵入により子宮内膜が軽い炎症を起こしていると、着床しづらいことがわかっています。慢性子宮内膜炎は自覚症状がほとんどないため、本人も気づかないうちに炎症を起こしており、自然には治りません。

    • 着床できるタイミングのズレ

      着床できるタイミングには個人差があり、そのズレによって着床しづらくなるケースがあることが近年わかっています。

着床率アップをめざす検査

  • 着床のズレを調べる

    ERA検査

    ここ数年で広まった検査「着床の窓」を調べる

    2014年、良質な胚を移植してもなかなか着床しない場合、子宮内膜の「着床の窓」が開いていない場合が多いという報告がスペインの施設で発表されました。「着床の窓」つまり子宮内膜に胚が着床できる時期や時間は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるというものです。
    このタイミングを遺伝子レベルで調べる検査がERA検査で、ここ数年で多くのクリニックでこの検査を受けることができるようになりました。ERA検査を受けられたかたの30%近くが「着床の窓」の時期がずれていたという結果がわかってきています。

    検査の方法

    子宮内膜の組織を採取し検査します。
    子宮内膜はいつでも着床の準備ができているわけではなく、子宮内膜に胚が着床できる状態になる(着床の窓が開く)のは、排卵後5日目です。しかし、着床の窓が開くのが早かったり、遅かったりする場合があり、それを調べます。
    ホルモン補充周期の場合は、黄体ホルモン投与開始日から5日目に子宮内膜を採取し、この検査周期では移植は行いません。子宮内膜を採取するため若干の出血、痛みなどをともなう場合があります。

    結果が出たら……

    「着床可能」という結果がでると、翌周期に一般的なスケジュールで胚を戻します。「着床不適」という結果が出た場合は、再検査を行う場合と、研究所の指示に従って移植の時間を変更する場合があります。この検査結果には「12時間のズレがある」「24時間のズレがある」というように、次回検査時の子宮内膜採取のタイミングが記載されています。ただし、クリニックによって検査結果の解釈に違いがあります。

  • 子宮内膜の細菌を調べる

    EMMA検査・ALICE検査

    悪影響をもたらす細菌の有無がわかる

    EMMA検査は子宮内マイクロバイオーム検査、ALICE検査は感染性慢性子宮内膜炎検査とも呼ばれます。EMMA検査でわかるのは、子宮内膜の細菌の種類と量。子宮内の乳酸菌の割合をあげると着床率があがるとされています。ALICE検査でわかるのは、慢性子宮内膜炎の原因菌。不妊症患者の3割に慢性子宮内膜炎がみられ、習慣性流産や着床障害患者では約66%にみられます。

    検査の方法

    ERA検査と同様に、子宮内膜の組織を採取します。ERA検査を行う場合は、ERA検査といっしょに検査できます。

    結果が出たら……

    EMMA検査によって、子宮内に乳酸菌が少ないことがわかると、乳酸菌をふやすような薬を使って、子宮内環境を改善させてから移植を行います。
    ALICE検査によって、炎症を起こす菌がわかったら、抗生物質を服用します。

  • 子宮のようすを直接観察する

    子宮鏡検査

    小さなポリープなどを発見できる

    胃カメラのように、子宮のなかにカメラをいれて子宮の内側を観察できるのが子宮鏡検査。子宮鏡検査では、ふだんの経膣超音波検査や子宮卵管造影検査ではわからないような、小さなポリープなど、子宮の内側の異常を発見することができます。子宮鏡によって子宮内膜炎が見つかることもあります。

  • 着床障害は超初期の不育症と考える

    不育症検査

    着床障害と不育症は共通点が多い

    不育症とは、妊娠するものの流産や死産を繰り返すこと。着床障害は、胚が子宮に届き発育が止まってしまうことから、初期の不育症ともいえ、着床障害であり不育症であるという場合も少なくありません。不育症検査では、血液検査などが行われます。

着床率アップに力を入れているクリニック

神戸ARTレディスクリニック

神戸ARTレディスクリニック

シンプルで過ごしやすい雰囲気の待合室。大きな窓からは三宮をはじめ、神戸市街が一望できます

詳細はこちら

住所 兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸15階
電話番号 078-261-3500
時間 月曜~金曜9:00~13:00、17:00~19:00
土曜・日曜9:00~13:00
休診日 土曜・日曜の午後、
祝日
アクセス 各線「三宮駅」よりすぐ
URL https://www.ivf.co.jp/

詳細はこちら