二人目不妊のかたにも配慮した
クリニック

早めの相談が、成功のヒケツ!?

二人目不妊の原因と
病院選びのコツ

木場公園クリニック・理事長 吉田 淳先生

監修

木場公園クリニック
木場公園クリニック分院
理事長

つくば木場公園クリニック

最高顧問吉田 淳先生

秋山レディースクリニック・院長 秋山 芳晃先生

監修

秋山レディースクリニック

院長秋山 芳晃先生

時間が過ぎるほど妊娠しづらくなります

「一人目はすんなりと妊娠できたのに、二人目がなかなかできない」という二人目不妊。一人目不妊で悩んでいる人からすると、「すでに一人はいるんだからいいだろう」と思いますが、本人の悩みは深く、誰にも相談できずに時間だけが過ぎていく……というケースも少なくありません。

本人にとっては、一人目は自然に妊娠できただけに、なぜ二人目は妊娠できないのか見当もつかないでしょうし、「そのうち妊娠できるだろう」と楽観視し、特に対処することもないかもしれません。また、一人目不妊だった場合は、過去の経験を生かして「いつまでに妊娠できなかったら病院へいこう」とすぐに決断できますが、二人目不妊の場合は、どのタイミングで病院へ行けばいいのかわからない場合も多いでしょう。病院へ行ってみようと思っても、子連れでの不妊相談は躊躇してしまうもの。通院のために子どもの預け先を探さなければならないなど、事前の準備も必要になってしまいます。

しかし、時間が過ぎれば過ぎるほど、卵子は老化し、妊娠しにくくなるのは事実。できるだけ早めに相談するようにしましょう。

二人目不妊の検査とは?

二人目不妊だからといって、特別な検査はありません。治療や検査の流れは一人目の不妊治療と同じです。注意したいのは、一人目のときに問題がなかったとしても、出産や加齢によって、体の状態も変化しているということ。たとえば、時間がたって卵管が詰まっているかもしれませんし、出産後の癒着によって妊娠しづらくなっているかもしれません。一人産んでいるから大丈夫、ではなく、ホルモン検査や超音波検査、子宮卵管造影検査などひと通りの検査は受けておくようにしましょう。

二人目不妊の原因とは?

一人目を自然妊娠していても、実はたまたま妊娠できたということも考えられます。もともと夫婦のどちらかに不妊の傾向があったけれど、その時点では検査をしていないためわからなかっただけだったのかも。年齢を重ねて、その不妊原因が顕著になって妊娠しにくくなっているかもしれません。

  • 加齢による卵子の老化

    一人目を妊娠したときよりは、確実に年をとっていますから、それだけ卵子も老化しているということ。女性は年齢を重ねるほど妊娠しづらくなり、逆に流産率はあがっていきます。現代の医学では卵子を若返らせることはできませんから、できるだけ早めに治療にとりかかるようにしましょう。

  • 性交渉の回数の減少

    子どもが一人いると、家事や仕事に加え、育児という大変な仕事があることで、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。子どもを寝かしつけながら、一緒に眠ってしまったり、「家族の一員」という目でしか見られなくなり、性交渉が自然と減ってしまうことも。

  • 子宮内膜症など子宮の病気の悪化

    一人目を妊娠したときには、さほど問題ではなかった子宮内膜症や子宮筋腫などが、時間の経過とともに悪化してしまうことも考えられます。いずれも妊娠しづらくなる要因の一つですから、早めの治療がおすすめです。

  • 男性の不妊

    男性の精子は女性ほど老化の影響を受けにくいですが、それでも精子の質が悪くなったり、数が減ったりすることはあります。男性の場合、「一度は妊娠しているのだから」と検査を受けることを嫌がる場合もあるかもしれませんが、男性に原因があっては女性の治療がすべてムダになります。精液検査も必ず受けるようにしましょう。

  • 授乳の影響

    赤ちゃんを育てるための母乳ですが、この母乳を作るプロラクチンというホルモンは排卵を抑制するはたらきがあります。そのため授乳中は妊娠しづらい状態に。断乳したり、赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなると、生理が再開しプロラクチンの値が下がり、妊娠できる状態になりますが、時々プロラクチンが高いままの人がいます。この場合は治療が必要です。

  • キッズルームのある施設がおすすめ

    二人目不妊の病院選び

    二人目不妊のかたの場合、「病院へ行きたくても子連れでは行きにくい」「誰にも預けられないから病院へは行けない」といった声をよく聞きます。そんなかたには、キッズルームのある施設がおすすめ。待合室とは別に、キッズルームが設けられ、一人目不妊のかたの目を気にすることなく、子どもといっしょに順番を待つことができます。
    予約が必要だったり、キッズルームの利用には別途料金が必要だったりと、施設によって使用方法は異なりますから、病院選びの際に、キッズルームの有無とともに、その使いかたも調べてみるとよいでしょう。

二人目不妊のかたにも配慮したクリニック

木場公園クリニック
木場公園クリニック分院

将来妊娠できる体をつくることが大切。“カップルで通いやすい”がモットー

将来妊娠できる体をつくることが大切。“カップルで通いやすい”がモットー

詳細はこちら

住所 東京都江東区木場2-17-13
亀井ビル3階・5階・6階・7階
電話番号 03-5245-4122
時間 月曜~金曜8:30~12:00、13:30~16:30
土曜9:00~14:00、14:30~16:00
祝日9:00~14:00
※6階のみ火曜・木曜13:30~18:30
休診日 日曜
アクセス 東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩1分、JR各線・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」八重洲口よりタクシーで約10分
備考 予約制です。HPのインターネット予約より予約をおとりください
URL http://kiba-park.jp/

詳細はこちら

つくば木場公園クリニック

駐車場から一人目の不妊治療のかたとニ人目の不妊治療のかたで分けています

駐車場から一人目の不妊治療のかたとニ人目の不妊治療のかたで分けています

詳細はこちら

住所 茨城県つくば市松野木101-6
電話番号 029-836-4123
時間 月曜・水曜・金曜9:00~12:00、14:30~18:00
火曜・木曜・土曜9:00~12:00、14:00~16:00
祝日9:00~14:00
休診日 日曜
アクセス 車で圏央道「つくば中央I C」より約3分、常磐道「谷田部I C」より約10分
URL https://www.tsukuba-kibapark.jp/

詳細はこちら

秋山レディースクリニック

二人目不妊のかたにも安心して通えるように配慮しています

二人目不妊のかたにも安心して通えるように配慮しています

詳細はこちら

住所 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-542
電話番号 048-663-0005
時間 月曜~金曜8:30~12:00、14:20~18:30
土曜8:30~13:30
休診日 水曜・日曜・祝日
アクセス JR「大宮駅」西口よりタクシーで5~10分、JR「大宮駅」西口よりバス8番乗場から平方・リハビリセンター行き「大成3丁目」下車徒歩0分、JR「大宮駅」よりニューシャトルにて「鉄道博物館駅」下車、徒歩5分
備考 駐車場あり
URL https://akiyamac.com/

詳細はこちら