health体づくり

    低体温はNG!妊活に悪影響しかない【ガンコな冷え性】はこう治す

    低体温はNG!妊活に悪影響しかない【ガンコな冷え性】はこう治す

    冷えが妊娠によくないと聞くけれど、それはなぜ? 寒がりな子宮のをポカポカにするための生活習慣をお教えします。

    冷えたままだと卵巣や子宮は本来の機能を発揮できません

    冷えは「血流が悪くなっている」というサイン。体の臓器の機能は血流が悪くなると衰え、血流がよくなると高まります。妊娠に関わる重要な臓器である卵巣や子宮へ栄養を届けるためにも、血流アップは大事なこと。

    たとえば赤ちゃんを迎えるために、子宮内膜はフカフカのベッドのように厚くなるのが理想ですが、子宮に十分に栄養が届かないと、子宮内膜が厚くなりません。冷えたままだと卵巣や子宮は本来の機能を発揮できないのです。

    目標体温は36.5度以上

    体温が低いと新陳代謝や免疫力が低下しやすく、特に低体温と言われる35度代になると、女性ホルモンが分泌されにくくなる傾向が。排卵障害や月経不順になりやすく、妊娠の妨げになる可能性があります。36.5度以上が理想ですが、35度代の人は、まずは36度をめざしましょう。

    体が温まっていると治療効果も出やすくなります

    検査で不妊原因を調べることも大事ですが、同時に冷え対策をすることも大切。治療にトライするときも、体を十分に温めて血流をよくしておけば、薬の効きがよくなったり、治療の効果が上がったりすることも。なかなか妊娠しなかった人が冷え対策を本格的に始めてから妊娠することも珍しくありません。

    4つの大きな筋肉を温めると効率よくポカポカに

    体が冷えると心臓などの大切な臓器を守ろうとして、血液が体の体幹部に集まります。このとき、心臓から遠い手足の血流は後回しに。手足・足先などの末端が冷えてしまうのはこのためです。

    冷え性を解消するにはおなか、太もも前面、二の腕の後ろ、おしりの4つの大きな筋肉を温めると効果的。血管が開いて血流がアップし、全身に熱を運んでくれます。

    関連リンク:効果があるのはこの筋トレだけ!森拓郎さんが教える【発熱ボディエクササイズ】

    熱を送るパワーが強い「湯たんぽ温め法」がおすすめ

    電気毛布の熱量が約4万7000kcal/時間に対し、湯たんぽは約13万kcal/時間。湯たんぽは効率的に体を温められる便利アイテムなのです。また温めることで、幸せホルモンであるエンドルフィンの分泌が増え、リラックス効果も期待できます。

    湯たんぽ温め法

    Point
    ・4ヶ所をまんべんなく温める
    ・1ヶ所につき3~10分が目安。気持ちいい感覚を目安に
    ・汗をかきそうになったら次の場所に移動

    1.おなか

    湯たんぽはおなか全体に当てる。両手で湯たんぽを抱えれば、手も温められる。

    2.太もも前面

    湯たんぽを前後左右にずらしながら、太もも前面をまんべんなく温める。

    3.おしり

    イスの背に湯たんぽを立てかけ、腰からおしり全体を温める。

    4.二の腕の後ろ

    テーブルに湯たんぽを置き、その上にひじを立てて二の腕の後ろ側を温める。

    関連リンク:セルフで簡単!『経絡リンパマッサージ』でダラダラ不調を改善!

    特に冷えがひどい人におすすめ「入浴前の湯たんぽ活用法」

    冷え体質を改善するには、毎晩湯船につかることが大事。ただしここで注意したいのが入浴法。体が冷えたままだと熱が伝わるのに時間がかかり、体の芯まであたたまる前にのぼせてしまいます。体の体温と、湯船の温度差を少なくして入浴しましょう。体の芯まで温まれば入浴後も温かさが持続。

    入浴前に湯たんぽで体を温めておく

    おなか、太もも、おしり、二の腕の後ろが冷えていないかチェックし、湯たんぽで温めを。足先や首筋など冷えているところを温めても。時間がないとき、旅行先などでは、ドライヤーで代用。※体から10cm離して温めましょう。

    湯たんぽを布団の中にセット

    入浴中に布団を温めておく裏技。眠るころにはちょうどいいぬくもりに。

    半身浴よりしっかり全身浴!

    冷え解消のためには短時間でも肩までお湯につかり、全身をしっかり温めるほうが効果的。半身浴では上半身が冷えてしまうので、冷え性の人にはおすすめできません。

    湯船の外では足湯をする

    体や髪を洗っている間にも足元は冷えてしまいます。洗面器にお湯を張り、足湯をしながら洗うのがおすすめ。足に伝わる熱量が多くなり、さらに保温効果が高まります。

    より温まるなら「塩」がおすすめ

    ミネラルを豊富に含む自然塩は温まり度抜群。美肌効果も期待できます。

    歯磨き、噛む回数、食べ物で温める意外な方法も!

    朝食は歯磨きをしてから食べる

    起床後の口内はバイキンだらけ。バイキンがいるときは交感神経が優位な状態ですが、歯磨きでバイキンが減ると、副交感神経が優位になって血流がアップするんです。

    食べ物は目標30回以上かんで食べる

    食べることは血流をよくする副交感神経を刺激します。また玄米や野菜、食物繊維の多い食品は消化に時間がかかり、副交換申請を優位に。よくかんで時間をかけて食べることが冷え改善につながります。まずは一口30回以上かむことにトライしてみて。

    関連リンク:体の中からあたためる妊活中の食事【授かりcafeごはん】

    体を温めるのは葛湯+しょうが

    熱湯でないととけない葛湯は体を温めるのにうってつけ。しょうがを加えるとさらに温め効果がアップします。そのほか、酢、にんにく、玉ねぎ、はちみつ、梅干しなども有効。積極的に食べて。

    漢方やサプリを飲むときも体を温めてから

    体を温める効果のある漢方やサプリも、冷えた体のままでは効果が半減。飲む前に体を温めておきましょう。また体のエネルギーを作るにはミネラルの中でもマグネシウムが必要。食事でビタミンやミネラルを積極的にとり、足りない場合はサプリで補って。

    ———-

    いよいよ冬本番。芯から冷え切ってしまう前に、日々の習慣でしっかり体温を上げておけるといいですよね。今回ご紹介の方法、ぜひ冬の妊活にぜひお役立てください!(あかほし編集部)

    Advice

    青山・まだらめクリニック
    斑目健夫先生

    東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック講師などを務め、2011年開業。西洋医学と東洋医学をとり入れた統合医療を実践し、体をあ温める指導でさまざまな病気の人を回復に導いている。

    青山・まだらめクリニック
    https://www.dr-madarame.com/

    著書『免疫力アップ!「湯たんぽ」で「冷え症」が治る』(大和書房)

    あかほしLINE