health体づくり

    【低温期のツボ】血流を改善するツボで、子宮の妊娠準備をスタート!

    【低温期のツボ】血流を改善するツボで、子宮の妊娠準備をスタート!

    生理の周期に合わせ、分泌されるホルモンも子宮の状態も変わっていくのが女性の体。そのリズムに着目した簡単なツボ押しとお灸で、赤ちゃんを迎えようとする体の力を効率よく引き出します。

    生理~排卵までは血流を改善してめぐりをよくするツボを刺激

    低温期(生理~排卵まで)はふかふかの子宮を準備する期間。この時期にツボ押し&お灸でめぐりをよくすると、子宮にたっぷりと栄養が届いて子宮の状態がよくなります。
    ※この低温期プログラムのあと、続けて黄体ホルモンの機能を高めて高温期をキープする【高温期プログラム】に移行しましょう。

    「月経期に1セット」「卵胞期に1セット」それぞれ行います

    【月経期】に1セット/生理開始日がベスト
    子宮内の血液をきれいに排出する期間。生理が始まった日にケアするのがおすすめ。ただ、生理痛などで体調がすぐれないときは無理しないで。

    【卵胞期】に1セット/生理最終日がベスト
    女性ホルモンの分泌が促進される期間。生理が終わってから排卵までの間に1度、月経期のケアと同じ要領でケアを。おすすめは生理が終わった当日です。

    3STEPを1セットにして、さっそくやってみよう!

    STEP1 三陰交をツボ押し&ツボシール

    くるぶしから指4本分のツボ・三陰交を押します。10回を1セットとして、1〜2セット行って。イタ気持ちいい程度の強さが目安。

    ツボ押しのあとは、三陰交にツボシールを貼ります。
    point
    ツボを強く押しすぎるのは逆効果。反応が悪くなり、効果が低下してしまいます。筋肉や関節をいためる心配も。心地いい強さがベストです。ツボシールは1日経ったらとり外しましょう。シールの上からツボを押すのもNG。

    STEP2 関元をさすってあたため、ツボ押し&ツボシール

    両手をこすりあわせてあたためます。おへそから指4本下のツボ・関元を中心に時計回りに円を描くように、手のひらで軽く30回さすって。

    関元のツボを押します。息を吐きながらゆっくり10回押しましょう。関元のツボ押しは1セットのみでOK! 

    ツボ押しのあと、関元にツボシールを貼りましょう。シールは1日たったら外して。関元を刺激することで、腹腔内の血流が改善されます。

    STEP3 三陰交と関元にお灸

    三陰交のツボシールを外したら、その当日か翌日にお灸を。熱の感じ方が弱い場合はもう一度。一方だけが弱いときは、片側だけに再度お灸を。

    関元にも、ツボシールをはずした当日か翌日にお灸を。あまり熱さを感じない場合は、もう一度同じ場所にお灸をします。
    point
    2回お灸をしても十分に温かさを感じない場合は、さらにもう1回。ただし、3回までが限度です。反対に熱すぎると感じたらすぐにとって。

    続けて行う【高温期のツボ】はコチラをClick

    Advice

    大村賢秀さん

    元烏丸御池鍼灸院院長。現在同院アドバイザー。気候鍼灸家、柔道整復師。IVF難波大阪クリニックにて、不妊治療専門の鍼灸治療を開始。その後、上海中医薬大学への留学、米国留学を経て、2010年より烏丸御池鍼灸院を開院。

    『やっと、妊娠できました。〜とある不妊治療専門鍼灸院の心が前向きになるお話〜』(主婦の友社)も好評発売中です。