health体づくり

    【高温期のツボ】黄体ホルモンの機能を高め、着床しやすい子宮環境に仕上げ!

    【高温期のツボ】黄体ホルモンの機能を高め、着床しやすい子宮環境に仕上げ!

    生理周期に合わせたツボ&お灸プログラムで、妊活や治療を効率よくサポートできます。【低温期プログラム】と合わせてトライしてみてください。

    ツボシールとお灸で高温期をキープし子宮をケア。黄体期に2回行います

    【黄体期】
    黄体ホルモンの機能を高める期間。タイミング法、人工授精、体外受精をしたその日に1回、その1〜2日後にもう1回、下記のプログラムを行いましょう。

    2STEPを1セットにして、さっそくやってみよう!

    STEP1 太谿と気海にツボシール

     

    内くるぶしとアキレス腱の間に位置する太谿にツボシールを貼ります。シールは1日経ったらとり外しましょう。

    続いて、おへそから指2本分の気海にツボシールを貼りましょう。シールを貼るのは1日だけ。高温期をキープする効果があります。
    point
    高温期にはツボ押しはしません。ツボによっては子宮を収縮させ、着床の妨げになったり、流産を起こしたりする可能性もあるからです。

    STEP2 三陰交と関元にお灸

    ステップ1のツボシールをとった当日か翌日に、三陰交にお灸をしましょう。冷えを改善し、血流をよくします。

    同じく、ツボシールをとった当日か翌日に、関元にもお灸をしましょう。子宮にたっぷり血液を送れるようにサポートします。

    1〜2日ほどおいてもう一度

    1〜2日おいてツボを休ませ、もう一度上記の手順を行って。高温期が続けば妊娠の可能性が。妊娠初期は何もせず、自然の流れにまかせます。

    こんなツボもおすすめ!

    排卵期に【公孫】

    足の親指の出っ張りから指2〜3本の位置。胃腸の調子をととのえて消化吸収をよくし、ストレスを発散させる効果があります。

    高温期に【足三里】

    膝のお皿から指4本分下のくぼんだ部分。胃腸のトラブルや冷え、むくみ、肩こりなど、全身の不快な症状をやわらげます。

    高温期に【失眠】

    かかとの真ん中にあるツボ。質のよい眠りへ導くツボで、心を穏やかにしてくれる効果も。ストレスを感じたときにおすすめです。

    妊娠準備スタートの【低温期のツボ】はコチラをClick

    Advice

    大村賢秀さん

    元烏丸御池鍼灸院院長。現在同院アドバイザー。気候鍼灸家、柔道整復師。IVF難波大阪クリニックにて、不妊治療専門の鍼灸治療を開始。その後、上海中医薬大学への留学、米国留学を経て、2010年より烏丸御池鍼灸院を開院。

    『やっと、妊娠できました。〜とある不妊治療専門鍼灸院の心が前向きになるお話〜』(主婦の友社)も好評発売中です。