妊活

    葉酸サプリはオーガニックや無添加がよい?人気やおすすめも紹介【管理栄養士監修】

    公開日:2020.08.20 / 最終更新日:2020.10.22

    葉酸サプリはオーガニックや無添加がよい?人気やおすすめも紹介【管理栄養士監修】

    スポンサーリンク

    妊活を機に、葉酸のサプリが気になっている人も多いのではないでしょうか。さまざまな種類がありますが、安心して飲めるサプリを納得して選びたいですよね。

    そこで今回は数ある葉酸サプリの中でも、「オーガニック」や「無添加」のサプリに注目。オーガニックや無添加って結局なに?という疑問から、体のことを考えるとやっぱりオーガニックや無添加がいいの?という問いについてもお答えしていきます。

    自分にあった葉酸サプリを見つけるために、ぜひ最後までチェックしてください。

    妊活や妊娠中、なぜ葉酸は必要なの?

    妊活や妊娠中、なぜ葉酸は必要なの?

    「妊活中や妊娠初期から葉酸を積極的に摂取したほうがよい」と聞いたことがある人も多いと思います。厚生労働省でも2000年から葉酸の摂取を推奨し、今では妊娠をサポートする栄養素として定着しつつあります。

    ではなぜ葉酸は必要なのでしょう。その理由をわかりやすくご説明します。

    妊娠しやすい体づくりをサポート

    葉酸はビタミンB群に含まれるビタミンの一種。ほうれん草や小松菜など、身近な食材から摂取できる栄養素です。

    赤血球や新しい細胞を作るなど、葉酸は体の中でさまざまな役割を担います。動脈硬化を予防する働きもあり、元気で健康に過ごすために葉酸は必要不可欠な存在です。

    妊娠や出産において、ママ自身の健康はとても大切。葉酸をしっかり摂って、赤ちゃんを迎えやすい環境に整えてあげましょう。

    赤ちゃんが病気になるリスクを下げる

    葉酸には、お腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖(しんけいかんへいさ)障害になる可能性を下げる効果があります。

    神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄のもととなる神経管に異常が起こる先天性の障害です。神経管の異常が出る部分によって症状が異なり、神経管の下部だと「二分脊椎症」、上部だと「無脳症」になります。

    重度な二分脊椎の場合、生まれてすぐに大きな手術が必要になるケースもあります。無脳症の場合、妊娠中の流産や死産になる可能性が高いといわれています。

    スポンサーリンク

    葉酸を摂っていれば必ず神経管閉鎖障害を防げるわけではありません。しかし海外の研究などから、必要量を摂取することでリスクを下げられることはわかっています。

    神経管閉鎖障害は妊娠に気づきにくい妊娠4週から6週に発症する場合が多いため、厚生労働省では「「リスクを下げるためには、妊娠する1カ月以上前から妊娠3カ月まで※1」の間、葉酸を食事からだけでなくサプリメントなど栄養補助食品からも摂取するよう推奨しています。

    ママと赤ちゃんの健康を守るため、妊活中から上手に葉酸を摂りたいですね。

    妊活や妊娠初期に葉酸サプリをおすすめしたい理由

    葉酸はほうれん草などの葉物類や、いちごなどに含まれています。

    厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020年度版」によると、妊活中や妊娠初期の女性に推奨している葉酸の量は1日あたり640㎍。生のほうれん草(130g)なら約10株、茹でたほうれん草なら約20株も必要です。

    普段の食生活の中で上手に葉酸を摂れればよいのですが、日々この量を食べ続けるのはハードルが高いといえます。他の食べ物でも同様で、葉酸を食事だけで摂取するのは現実的ではありません。

    そのため推奨されているのが葉酸サプリです。

    手軽に短時間で効率よく葉酸を補うことができるのが大きなメリットといえます。

    オーガニックや無添加の葉酸サプリとは?

    葉酸サプリにはさまざまな種類があります。

    例えば「オーガニック」や「無添加」と記載されているサプリを見たことがある人もいますよね。

    何となく体によいイメージがありますが、オーガニックや無添加とは、そもそもどういう意味なのでしょう。改めて知っておきたい違いをご紹介します。

    オーガニックの意味

    オーガニックとは、「有機の」「有機栽培の」という意味です。一般的に化学物質を使わずに製造された商品、という意味で使われます。

    例えばオーガニック食材=有機栽培で作られた食材ということ。

    葉酸サプリに当てはめると、天然素材で作られた葉酸という意味になります。

    無添加の意味

    無添加は言葉の通り、「添加物を含まない」という意味です。添加物にもさまざまな種類がりますが、一般的には、保存料や着色料、防腐剤など体に不必要とされるものが含まれていない場合に表記されることが多いようです。

    オーガニック葉酸サプリと非オーガニック葉酸サプリの特徴

    スポンサーリンク

    あかほしLINE