妊活

    【子宝風水】「妊娠した人に近付くと妊娠しやすくなる」って本当なの??

    公開日:2020.08.20 / 最終更新日:2020.10.22

    【子宝風水】「妊娠した人に近付くと妊娠しやすくなる」って本当なの??

    スポンサーリンク

    不妊治療からの妊娠体験談

    そういう意味で、『妊娠した人に近づくと、自分も妊娠しやすくなる』という法則は自然の摂理だと思いませんか?
    よく、妊娠した人のそばにいると「妊娠菌が移る」といいますよね。
    実際に妊娠している人のそばにいると妊娠しやすくなる、という科学的な実証はありません。ただ、幸せオーラ全開の妊婦のそばにいることで、幸せな気持ちになれますし、妊娠しやすい気分や環境が伝染することはあります。

    もちろん妊娠菌という『菌』なんて、あるはずありません。ただ、このジンクスは、妊婦さんから妊娠希望の女性へと受け渡される、いわばバトンタッチの要素でもあります。
    それはまるで結婚式のウエディングブーケのようなもの、と考えて、積極的に妊婦さんに近づくようにしてみましょう。

    あえて言うのなら、「子供ができたら幸せになる」わけではなく、「幸せを感じているから子供も授かる」わけです。もし不幸な人が子供を産んだら、さらに不幸になってしまいます。ですから、いま幸せであることが大事なのです。

    つまり、幸せを感じている人になるためには、リアルに幸せな人と一緒に過ごすこと。

    このように、風水には『環境風水』だけでなく『人間風水』もあるのです。
    風水は『風』と『水』と書きます。風は五行(ごぎょう)でいうと『木性』となり、「人付き合い」の作用があります。そして水は『水性』で、感情を司ります。環境をみた風水というのは、風通しと水回り。人間関係をみた風水というのは、人付き合いと感情を利用するのです。

    方角のおすすめは「北」と「東南」

    妊婦さんからポジティブなエネルギーを取り込む場合、方角としては北と東南が望ましいでしょう。

    北は『坎宮(かんきゅう)』とも『一白水星』とも言われ、妊娠を示す方位です。
    東南は『巽宮(そんきゅう)』とも『四緑木星』とも言われ、人付き合いを示す方位なのです。

    つまり住居からみて、北か東南の方角に住んでいる妊婦さんと会えばいいわけです。
    もしくは、住居からみて、北か東南の方角の場所に出向いて、会うのでも効果があります。
    ぜひ、試してみてくださいね!

    中島多加仁 先生

    1970年3月26日生まれ。B型。有限会社マリアハウス代表取締役。18歳のときに霊学・神秘学・古神道に目覚め、カバラや占星術を学ぶ。22歳のとき易学と風水を習得し、日本古来の幻の古神道占術「天津金木」の研究を開始。紫微斗数・四柱推命・断易・六壬神課などは東海林秀樹先生に師事。

    スポンサーリンク

    著書に『紫微斗数占い入門』(幻冬舎)、『ちょい足し風水』(扶桑社)、『天津金木占術奥義』(東洋書院)などがあるほか、iPhoneアプリ『天津金木占い』、携帯&スマホアプリ『幻の星読み神霊術』を監修。毎朝8時に届く日刊メルマガを無料で配信中。 中島先生公式サイト http://www.hoshiyomitaka.com/

    <関連リンク>

    スポンサーリンク

    あかほしLINE