妊活

    妊娠に必要な栄養素はやっぱり葉酸?サプリのメリットある?【専門家解説】

    公開日:2020.10.05 / 最終更新日:2020.10.11

    妊娠に必要な栄養素はやっぱり葉酸?サプリのメリットある?【専門家解説】

    スポンサーリンク

    妊娠したいと考えてから毎日の食事に気を遣うようになった人も多いと思います。葉酸をはじめ、いろいろな栄養をまんべんなくとることが大切なのはわかってはいるものの、「妊娠待ち」の身としては、1日でも早く授かるために、どの栄養を優先的にとり入れた方がいいのか知りたいところですよね。

    そこで、妊娠するために特に必要な栄養について調べてみました。今は、葉酸や鉄分など不足しがちの栄養をおぎなうためにサプリを活用する人が多いといわれていますが、そもそも妊活中にサプリを活用していいのか、さらには、サプリを選ぶ際のポイント、妊娠をのぞんでいる人に支持されているおすすめのサプリをご紹介します。

    妊娠前や妊娠中に必要な栄養素は?

    赤ちゃんを授かるために「これさえ摂っていればOK!」というような魔法の栄養はありません。いろいろな栄養をまんべんなく摂ることが基本です。

    たまに「体重をコントロールをしたいから」「太ると妊娠しづらいといわれているから」という理由で、ほとんど野菜のみ、豆腐のみなど、決まった食材しか食べない人も見受けられます。それだと偏った栄養しかとれないので、よくありません。

    さまざまな栄養をとるためには、野菜や肉、魚、炭水化物、豆類、乳製品など1日の食事の中で、さまざまな食材を使ったメニューを食べるよう心がけましょう。

    「まんべんなくとる」という考え方は変わりませんが、そのなかでも妊娠を望む場合、より味方になってくれる栄養素について解説します。

    特に妊娠前(妊活中)から必要な栄養素は葉酸

    特に妊娠前(妊活中)から必要な栄養素は葉酸

    妊娠したいと考えている人や妊娠中~授乳中にかけて特にすすんでとってほしい栄養の1つに葉酸があります。では、いったい葉酸はどんな働きをするものなのでしょうか。

    葉酸を積極的にとった方がいい理由

    妊活をするにあたり、まずは妊娠したときのためにおなかのなかで赤ちゃんを育てるお母さんの体が健康な状態にあることが大切です。

    ビタミンB群の一種である葉酸は、体のさまざまな内臓や器官に酸素を運ぶ赤血球を作り出す役割があり、体のすみずみに酸素がいきわたることではつらつとした毎日を送ることができます。

    さらには、核酸(DNA、RNA)の合成をサポートし、新しい細胞を作る役割も。そのほか、動脈硬化予防の働きもあります。

    また、葉酸が充足できていると、おなかの赤ちゃんの神経管閉鎖障害を発症するリスクが低減できることがわかっています。

    スポンサーリンク

    神経管閉鎖障害とは、脳から脊髄にかけて通っている神経管に生まれつき起こるトラブルです。神経管のどの部分に異常があらわれるかによっても症状が大きく異なり、ひどい場合は死産や流産になる可能性もあります。妊娠超初期の4~6週頃にトラブルが発症するのもポイントです。

    そのため、いつ妊娠しても「赤ちゃんを迎える準備はOK」といえるよう、妊活中からすすんで葉酸をとりましょう。

    葉酸以外に妊娠を考え始めたらとりたい栄養素

    葉酸以外に妊娠を考え始めたらとりたい栄養素

    妊娠をサポートする栄養素は葉酸だけではありません。以下の栄養素にも陰ながら妊娠成立を支えてくれる働きがあるといわれています。

    【ビタミンD】

    卵子を包む袋(卵胞)の発育を促す働きがあり、受精卵を子宮に着床させるサポートも。青魚やきのこ類に豊富に含まれています。

    【ビタミンA・C・E】

    ビタミンAには、赤ちゃんが成長できるよう子宮の状態をととのえる役割があります。

    ビタミンEは、体内の老化を早める活性酸素を取り除き、受精卵をスムーズに着床するよう導いてくれます。さらにそのビタミンEのパワーを存分に発揮させるために、ビタミンCが必要といわれています。

    これら3つのビタミンは別名、「抗酸化ビタミン」ともよばれ、かぼちゃやパプリカなどを食べることでおぎなえます。

    【鉄】

    卵子と精子が出会って受精卵になると、活発に細胞分裂が起こります。それには大量のエネルギーが必要となり、鉄が必要になるため、妊活中は積極的にとるように心がけましょう。そのほか、子宮内部を良好な状態にしたり、全身の血のめぐりをよくして子宮や卵巣など、妊娠にかかわる臓器や器官に酸素を運ぶ仕事をしてくれます。

    レバーや納豆などからとりいれることが可能。

    【亜鉛】

    卵巣での卵子の発育をサポートしたり、受精卵が大きくなるために必要な栄養素といわれています。食材からとるなら牡蠣や牛肉がおすすめです。

    【オメガ3脂肪酸】

    体の炎症をおさえる働きがあり、血糖値を保つ役割があります。

    血糖値が高すぎると肥満になりやすく、肥満は不妊の原因の1つともいわれているので、妊娠を考えるなら毎日の食事からすすんでとるようにしてください。

    おもに青魚、アマニ油、えごま油、くるみなどに含まれています。

    同じ「脂肪酸」がつくものでも、マーガリンなどの「トランス脂肪酸」は、とりすぎると排卵障害や卵巣機能の悪化を引き起こし、不妊につながる可能性もあるので、要注意です。

    妊娠を意識し始めてから妊娠後期までにとりたい葉酸の量

    それでは妊娠したいと思ったら、どのくらいの葉酸量をとればいいのかをまとめてみました。

    妊活時期は基本の240㎍に加えて400㎍を摂るのが望ましい

    厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020年度版」を見てみると、基本的には18歳以上の男女が1日にとりたい葉酸の量は240㎍です。この240㎍は、食事からとるよう推奨しています。

    妊娠を考え始めた時期(妊活中)は、その240㎍にプラスしてサプリメント等で400㎍、トータルで640㎍をとることが理想とされています。

    さらに妊娠初期も食事から240㎍とり、サプリメント等で追加で400㎍とることが推奨されています。

    これを読んだ人の中には「妊活中に摂りたい640㎍って何をどのくらい食べたらとれるのかな」と思った人もいるでしょう。

    葉酸は、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜にふんだんに含まれていますが、仮に640㎍をすべて食材からまかなうとなると、生のほうれん草を毎日約10株ほど食べないといけない計算になります。これが茹でたほうれん草になると、葉酸がゆで汁に溶け出てしまうため、生のほうれん草の倍の量を食べないと、必要量に届かないでしょう。

    「私、ほうれん草が大好き」という人でも毎日約10株のほうれん草を食べ続けるのは、至難の業ですよね。

    基本量は食事から、それで補えない量はサプリから

    1日に必要な葉酸をしっかり定期的にとるために、ぜひ取り入れたいのがサプリメントです。

    ただ厚生労働省は、妊娠を考えている女性や妊娠している可能性のある女性(妊娠初期の女性)は、基本量は食事からとり、追加量にあたる400㎍はサプリなどの栄養補助食品から摂取するのが望ましいとしています。(同省 eヘルスネット 葉酸とサプリメントより)

    なぜ、サプリからとるよう推奨しているのでしょうか。

    葉酸には食事から摂取できる「天然葉酸(プテロイルポリグルタミン酸)」と、サプリメントのもととなっている「合成葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)」があります。合成葉酸の方が、体への取り込みと吸収がいいというメリットが。さらに、錠剤やカプセルなど手軽に短時間でおぎなえる工夫がされているものが多いので、続けてとりやすいのもポイントです。

    このような理由から厚生労働省は葉酸を基本は食事から、補えない量をサプリからもとることを通知しています。

    成人女性による妊娠前から授乳期までの1日に摂取したい葉酸の量
    成人女性による妊娠前から授乳期までの1日に摂取したい葉酸の量

    現役妊活中の人もサプリからも摂ることの大切さを実感

    実際、妊活中から食事とサプリの両方から葉酸をとった方の中には、

    2年前から飲んでいますが、最初は飲んでいても意味があるのかなと思っていました。(中略)今までに体外受精で2回採卵し、両方とも4個以上質のいい卵を採卵できています!葉酸サプリを飲み続けていることと直接関係があるかわかりませんが、自分としては「葉酸のおかげもある!」と感じています」(沙織さん 30代)

    「コロナ禍で今まで飲んでいた葉酸サプリが手に入らなくなり、別の会社の葉酸サプリに。(中略)葉酸サプリを変えた頃に4回目の採卵周期に突入。いつもなら連日の注射で気分が落ち込むのに、新しい葉酸サプリのおかげかそれが少なくなった気がしました。

    また、新しい葉酸サプリを飲み始めて1週間頃に採卵。「新しい葉酸サプリにしたんだから大丈夫!」と自信が芽生え、新たな気持ちで採卵できたように思います。1カ月後ぐらいには、ささくれが目立っていた手荒れが少しずつ良くなりはじめ、肌にしっとり感が!」(おしゃかなさん 30代)

    あくまでも感じ方には個人差がありますが、葉酸サプリを取り入れることで体の良い変化を感じている人もいるようです。

    葉酸をはじめ、妊娠に必要な栄養は食事からとるのが大前提ですが、すべて食事からまかなうのが難しい栄養素もあります。

    葉酸のように食事からすべてとるのが難しい栄養の場合は、上手にサプリを活用するようにすると、ストレスなく栄養バランスを保つことができます。

    サプリメントの選び方

    妊娠したいなと思っている人の中には、「さっそくサプリメントを活用しよう!」と考えた人も多いのではないでしょうか。

    そこで、自分に合ったサプリに出会うための選び方のポイントを紹介します。

    どんな原材料を使っているか

    購入前にどのような原材料を使って作られているのか、商品のサイトや店頭のパッケージの裏面をみて確認してみましょう。香料や着色料など、体にとって不要な添加物が含まれていないかもチェックを。

    飲みやすさ

    1日に数回に分けて飲むタイプなのか、それとも11回をまとめて飲めばいいタイプなのかも、重要なポイント。自分の生活で無理なくできそうかチェックしてみてください。

    また、多くのサプリは飲みやすさを考えて、錠剤やカプセルなどの形状になっていますが、1粒が自分にとって飲みやすい大きさかも可能であれば知っておくといいでしょう。

    購入のしやすさ

    買いやすいかどうかもチェック項目の1つです。家にいながら注文できる、自分がよく利用するドラッグストアで売っているなど、気づいたらすぐに購入できるかどうかも事前に調べておいてください。

    また、価格も大切。続けていくのに負担にならない金額か、値段と使われている材料が見合っているかなども自分の目で確認し、納得してから購入を。

    サプリによる栄養素のとりすぎには要注意

    サプリによる栄養素のとりすぎには要注意

    栄養の中にはとりすぎるとトラブルにつながるものもあります。

    その1つが葉酸。サプリからの葉酸を過剰に摂取すると妊婦さん自体に呼吸障害や肌のかゆみなどのトラブルが生じることがあります。さらに生まれてくる赤ちゃんが喘息になる可能性も

    「たくさんとれば体に良さそうだから」と考えても思わぬトラブルにつながることがあるので、サプリからの葉酸は11000㎍以内にしましょう。

    また、子宮の状態をととのえる役割を果たすビタミンAも過剰に摂取に要注意!妊娠前でもとりすぎると、赤ちゃんの発育に不具合が生じるケースも。

    サプリを併用する場合は、うっかり過剰摂取にならないように注意してください。

    監修

    妊活専門管理栄養士 長 有里子さん

    妊活専門管理栄養士 長 有里子さん

    体外受精で40才にして第一子を出産。「授かるごはん」講座を主宰。あかほし妊活カレッジの講師や母子栄養協会の妊産婦食アドバイザー講師も務める。栄養監修に「授かるための2人の生活術(講談社)」など。https://sazukaru.tokyo/

    編集部発!妊活中・妊娠中に特に必要な栄養素“葉酸”のおすすめサプリ

    編集部発!妊活中、妊娠中に特に必要な栄養素“葉酸”のおすすめサプリ

    たくさん販売されている葉酸サプリの中から、とりわけ妊娠を考えている人を中心に支持されている葉酸サプリをピックアップ。「これからサプリデビューを考えている」「サプリメントを変えようと思っていた」という人は、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

    1.BELTA 葉酸サプリ

    1.BELTA 葉酸サプリ
    左が葉酸サプリ。インスタグラムの妊活仲間と一緒に飲んでいて、無理なく続けられました。Cさん

    酵母葉酸100%配合。体への葉酸の吸収率が抜群にいい!

    BELTA葉酸サプリに100%配合されている酵母葉酸は、通常の合成葉酸に酵母をプラスしたもの。通常の合成葉酸に比べてより体内に蓄積されている時間が長いために、葉酸の栄養をちゃんと体内へ送り込むことができます。14粒で厚生労働省がすすめる葉酸をまかなえるのもポイント。さらに、カルシウムやミネラル、鉄分など妊娠しやすい体へととのえてくれる成分もしっかり配合さているのも魅力です。

    ・容量:1袋120粒入り(14粒)

    ・金額:税込5980

    ・一粒換算の金額:49.8

    ・定期分の有無:定期コース有。初回は66OFF2回目以降は毎回2000OFFで購入可能。ずっと送料無料などの各種特典有

    ・解約方法:次回お届け日の10日前までに専用ダイヤルに電話

    ・葉酸の量:400㎍(1日分4粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、ミネラル、鉄分、カルシウム、DHAEPA、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、ビオチン など

    アマゾンで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    2.ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム

    2.ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム
    コンビニやドラッグストアで購入できて、コスパもいいので気に入っています!Kさん

    すべて国内工場で生産。安心感と信頼感が人気の理由

    すべて国内工場で生産し、材料の仕入れから、工場から商品を出荷するまで厳しい品質テストを行っているので安心して飲むことができます。妊活中から授乳期にかけて足りなくなることの多い鉄、カルシウム、ビタミンCなどの栄養も一緒にまかなうことができます。

    ・容量:1袋40粒入り(1日2粒)※120粒もあり

    ・金額:税込495

    ・一粒換算の金額:12.3

    ・定期分の有無:無(楽天、amazonLOHACOより購入可能。サイトによってはまとめ買い割引などのサービス有)

    ・解約方法:各通販サイトのお買い物ガイドを参照

    ・葉酸の量:480㎍(1日分2粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:デキストリン/Ca、ビタミンC、ピロリン酸鉄、セルロース、ケイ酸Ca、ステアリン酸Ca、糊料(プルラン)、ビタミンB6、セラック、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12

    Amazonで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    3.ママニック 葉酸サプリ

    3.ママニック 葉酸サプリ
    葉酸のほかにビタミンや亜鉛、乳酸菌など、体によいものばかりで重宝!Aさん

    40種類以上もの豊富な栄養で妊活中の体をバックアップ

    1日分(4粒)には合成葉酸400㎍だけでなく、今の日本人女性が不足しがちなカルシウム250mgと、鉄分15mgとが含まれています。また、体内の老化を遅らせてキレイを保ち続けるのに大切なビタミン、ミネラルなど23種類もの栄養のほか、国内でとれた野菜8種類の野菜の栄養をとることができます。着色料や人工甘味料を使っていないのも、体の中に入れるものにこだわる妊活女子の間で人気の理由となっています。

    ・容量:1袋124粒入り(14粒)

    ・金額:税込5500

    ・一粒換算の金額:44.4

    ・定期分の有無:定期コース有。初回購入価格は1650円(税込)、2回目以降は3850円(税込)の割引、送料無料の特典有(ただし6回以上のお申し込みの場場合にのみ適用)

    ・解約方法:次回お届け日10日前までに専用ダイヤルへ連絡

    ・葉酸の量:400㎍(1日分4粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:葉酸、タンパク質、脂質、炭水化物、ビオチン、カルシウム、鉄、マグネシウムなど

    Amazonで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    4.ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1

    4.ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒
    妊活中、妊娠中してからも飲んでいます!@baby_22tさん

    噛んでもOKだから、水なしでも摂取可能!

    葉酸400㎍+鉄13mg1粒食べることで手軽におぎなえます。レモン味だから、だれでもおいしく摂取できるのもポイント。噛んでもなめてもOKなので、朝、忙しくて飲み忘れても通勤途中などで食べることも可能です。6種類のビタミンB群を配合し、妊活中から妊娠初期の大切な体を栄養面でサポートしてくれます。

    ・容量:1袋60粒入り(1日1粒)

    ・金額:税込1375

    ・一粒換算の金額:22.9

    ・定期分の有無:定期コース有。税込1283円で購入可能

    ・解約方法:次回お届け日15日前までに電話にてonlineセンターへ連絡

    ・葉酸の量:400㎍(1日分1粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:ぶどう糖、麦芽糖、レモン粉末果汁、コーンスターチ、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸カルシウム、酸味料(クエン酸)、香料、クチナシ色素、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、 ビタミンB6、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2、甘味料(スクラロース)、ビタミンB12

    Amazonで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    5.mitas(ミタス) – 和漢素材配合の葉酸サプリ

    5.mitas(ミタス) - 和漢素材配合の葉酸サプリ
    義理姉からのアドバイスもあり、夫と飲んでいます。@osugi_babyさん

    不妊専門医が監修。「和漢」の力を凝縮したサプリ

    不妊症専門医が監修。1日に必要な葉酸400㎍だけでなく、「妊娠の大敵」といわれている「冷え」をブロックするために高麗人参や生姜などの和漢成分を配合。体を内側からポカポカにして、赤ちゃんが着床しやすい体にととのえてくれます。普段から漢方に親しみのある女性にはおすすめです。

    ・容量:1袋120粒入り(14粒)

    ・金額:税込8778

    ・一粒換算の金額:73.1

    ・定期分の有無:定期コース有。初回は税込4378円で購入可能で2回目以降も38OFFで購入できます。送料無料。

    ・解約方法:次回発送の10日前までホームページより解約可能。

    ・葉酸の量:400㎍(1日分4粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:葉酸、ヘム鉄、ビタミンC、結晶セルロース、ビタミンE、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、パントテン酸カルシウム、ビタミン B1、ビタミンAなど

    公式HPで詳しく見る

    6.ベルタ 葉酸マカプラス

    6.ベルタ 葉酸マカプラス
    少量の水でも飲めるくらい、飲みやすい! 同級生の友人が「飲んでいたら妊娠!飲んだほうがいいよ」とすすめてくれて飲みはじめました。yuさん

    妊活に取り組むカップル”2人を一緒にサポート

    不妊に詳しい管理栄養士が中心となって開発。1日に必要な葉酸量(400㎍)をベースに、若さを保つのに欠かせないコエンザイムQ10、ホルモンバランスを正常にするマカなどを配合。妊活に取り組む女性だけでなく男性にも役立つ栄養が豊富。カップルで一緒に飲むことができるので、パートナーの栄養管理がしやすくなるのも魅力の1つです。

    ・容量:1袋90粒入り(13粒)

    ・金額:税込6980

    ・一粒換算の金額:77.5

    ・定期分の有無:定期コース有。初回は72OFFの税込1980円で、2回目以降は35OFFの税込4480円で購入可能。ずっと送料無料などの各種特典有。

    ・解約方法:次回お届け日の10日前までに専用ダイヤルに電話

    ・葉酸の量:400㎍(1日分4粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:モノグルタミン酸型葉酸と希少な日本産マカに、還元型CoQ10、亜鉛、DHAEPA、亜麻仁油、ピニトール、スピルリナ、野菜など

    公式HPで詳しく見る

    7.ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス

    7.ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス
    鉄とカルシウムがとれてお気に入り。妊娠後も飲みたいので定期便で買っています。@rr_08_nyaoonさん

    葉酸はもちろん、足りなくなりがちなカルシウム、鉄も手軽に補給!

    妊活期~妊娠期にかけて積極的に摂りたい葉酸400㎍はもちろんのこと、妊活中~妊娠の全期間を通して不可欠となるカルシウム160mg、鉄10mg、ビタミンB群をしっかりとまかなえます。12粒でOKなので飲みやすく、無味なのでいやな後味がありません。老舗育児メーカーがてがけているので信頼感があるという点もおすすめ理由の1つです。

    ・容量:1びん60粒入り(1日2粒)

    ・金額:税込1598

    ・一粒換算の金額:26.6

    ・定期分の有無:無し

    ・解約方法:無し

    ・葉酸の量:400㎍(1日分2粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、葉酸、鉄、

    カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、

    パントテン酸、ビタミンDなど

    Amazonで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    8.エレビット~elevit

    8.エレビット~elevit~
    葉酸だけでなく12種類のビタミンと6種類のミネラルが入っているのでこれだけで安心!@babystagram_128さん

    製薬会社が開発した初心者が飲みやすいサプリ

    製薬会社が研究開発したサプリなので安心して飲めるのが魅力です。葉酸をはじめ、マグネシウムなど全12種類のビタミンと6種類のミネラルなど妊活女子が必要としている栄養が含まれているので、妊娠したいと考えてから始めてサプリメントを飲む人や、どんな栄養が必要なのかよくわからないという妊活女子におすすめです。

    ・容量:1パック90粒入り(13粒)

    ・金額:税込4500

    ・一粒換算の金額:50

    ・定期分の有無:有(定期にすると割引特典あり)

    ・解約方法:出荷前であればエレビットお問合せ窓口へ電話、またはサイトのマイページから返品可能。

    ・葉酸の量:800㎍(1日分3粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:たんぱく質、脂質、炭水化物、葉酸、鉄、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン12mg、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、ビオチン、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガン、β-カロテン

    Amazonで詳しく見る

    楽天で詳しく見る

    9.時期別葉酸サプリ~プレミン 妊活~15W

    9.時期別葉酸サプリ~プレミン 妊活~15W~
    時期別になっていていいなと思って飲み始めました。@muchi_wdさん

    妊活中から妊娠15週にかけて特に必要な栄養を厳選

    「必要な栄養は妊娠時期によっても異なる」というコンセプトから作られたサプリ。妊活中から妊娠15週までの女性にとって特に必要な葉酸をはじめ、カルシウムやヘム鉄など、全14種類のビタミンやミネラルをしっかりとることができます。また、特に品質の安全性にこだわり、各種アレルギー検査や残留放射能検査を実施し、そのデータを開示ししているので、1日でも早く妊娠をのぞむデリケートな時期でも安心して飲むことができます。

    ・容量:1パック124粒入り(14粒)

    ・金額:税込4946

    ・一粒換算の金額:28.8

    ・定期分の有無:有(定期やまとめ買いの割引特典あり)

    ・解約方法:初回注文の場合は、届いた日から25日以内であれば開封済みであっても製品代金全額返金可能。ただし一世帯1回限り、開封済みの場合は1粒以上残っていることを条件とさせていただきます。2回目以降は届いたから7日以内、かつ未開封の製品に限り返品が可能。定期コース、まとめ買いは別途確認が必要

    ・葉酸の量:400㎍(1日分4粒摂取した場合)

    ・栄養素の種類:たんぱく質 、脂質 炭水化物、 、ビタミンB1 、ビタミンB2、ビタミンB6 、ビタミンB12 、ビタミンC 、ビタミンD 、ナイアシン 、パントテン酸 、ビオチン 、葉酸 400、カルシウム 、マグネシウム 、鉄 、亜鉛 など

    Amazonで詳しく見る

    編集部より

    葉酸は食事からとるのが基本ですが、妊活中や妊娠初期など足りない量を補うには上手にサプリを利用しましょう。毎日のむものだから、安心できるもの、自分に合うものを選びましょう。

    文/久保田知寿

    スポンサーリンク

    あかほしLINE