妊活

    【子宝風水/妊娠ジンクス】「知らなかった!」は、脳を刺激しカラダを変化させる?

    公開日:2020.11.07 / 最終更新日:2020.11.09

    【子宝風水/妊娠ジンクス】「知らなかった!」は、脳を刺激しカラダを変化させる?

    スポンサーリンク

    風水のほか紫微斗数・四柱推命・断易・六壬神課など、さまざまな占いに精通する中島多加仁先生による、人気の子宝風水コラム

    今回のテーマは「妊娠にまつわるジンクスとプラシーボ効果」

    以前、自己暗示をかけるためにも「よさそうなジンクスは、素直に信じましょう!」とお伝えしました。

    「あぁ、はいはい。知ってるよそれ!」といった感覚は、効果が減ってしまうそうですが、逆に、「えぇっ、そうなの?知らなかった!」と感じると、脳が刺激され、体に変化をもたらすそうです。

    効果的に風水やジンクスを取り入れて、ポジティブなエネルギーを招き入れましょう!

    子宝運アップを期待!『妊娠にまつわるジンクス』

    妊娠にまつわるジンクスとして、いくつかありますので紹介しますね。

    妊娠ジンクス『子宝草を育てる』

    ひとつの親株からたくさんの子株ができる子宝草は、まさに子孫繁栄の象徴。妊娠希望の女性が育てると、それだけで縁起が良いわけです。子宝草は繁殖力が強いベンケイソウの一種で、大きな葉から小さな葉がたくさん生えます。

    多肉植物ですが、外見は一般的な植物の葉です。きれいな緑色で、葉の表面がデコボコした形状。このデコボコの部分に子株ができるのです。葉っぱからそのまま新しい命が根付く、たくましく神秘的な子宝草は、きれいなピンク色の花を咲かせます。
    さらに、セイロンベンケイソウという植物もあります。マザーリーフとも呼ばれ、水に浮かべるだけで子株ができます。
    上手に育てるコツは、水をやりすぎないこと。大切にしすぎると枯らしてしまうため、ゆったりと自然な流れにまかせて成長を見守る心がたいせつです。
    子宝草を育てることで実際に妊娠した、という体験談もたくさんあります。
    意識が変わるキッカケとなり、また子育ての練習になるのかもしれませんね。

    妊娠ジンクス『桃を食べると妊娠しやすい』

    中国では昔から、桃は「聖なる果物」とされてきました。日本でも、桃太郎のお話が有名です。じつは桃太郎は、桃から生まれたのではなく、おじいさんとおばあさんが桃を食べて若返ったので子宝に恵まれた….という話なのです。ここから「夫婦そろって桃を食べると妊娠しやすくなる」というジンクスが生まれたのです。

    桃は果物の中でカロリーが低く、しかも糖尿病に効果があります。妊娠中は糖尿病になりやすく、果物などの果糖もその原因につながりますが、なんと桃は逆に効果があるのです。水溶性の食物繊維であるペクチンが含まれており、含有量がバナナよりも高いそうです。

    スポンサーリンク

    ペクチンは便を柔らかくしますから、便通がスムーズになります。腸内の善玉菌のエサとなるため、善玉菌が増えて腸内環境を整えるわけです。
    また、アントシアニン系色素のクリサンテミンが含まれっており、内臓や肌の老化を予防する働きがあります。昔から『不老長寿の果物』と呼ばれるのも、このクリサンテミンによるものです。
    カリウムも豊富ですから、血行や水分の巡りをよくする働きがあります。そのため女性特有の「むくみ」が解消するわけです。
    代謝がよくなる朝に食べたほうが、便秘にも肌にも効果が高いそうです。
    とはいえど、糖分が高いので基本は1日1個。3個食べるとカロリーオーバーなので気をつけてくださいね。

    妊娠ジンクス『墓参りをすると妊娠しやすくなる』

    哲学者である梅原猛氏によると「あの世で御先祖さまが集まって、自分たちの誰がこの世で子孫の子どもとして生まれるかを決めている」とのことです。先祖が自分たちを見守ってくれていると思うと、不思議と心が安らぎますよね。さらにいうと、子孫が途絶えたら墓を守る人がいなくなるから、ご先祖さまたちが困るわけです。
    夫側の先祖はもちろんのこと、妻側のお墓参りも効果があります。近況を報告しつつ清潔な布でやさしく墓石を拭くとよいです。お墓が遠いひとは、自宅で手を合わせてみてもいいでしょう。

    妊娠ジンクス『誕生日の前後は運気が変わりやすい』

    せっかく縁あって夫婦になったのだから、お互いの誕生日は特別にお祝いしましょう。とくに誕生日の前後は、受胎能力がアップすると考えられています。妊娠だけでなく、「誕生日に下着を取り替えると出会いがある」といったジンクスもあります。夫婦にとって新しい出会いとは、まさに赤ちゃんのこと。なので奥さんだけでなく、旦那さんの誕生日の前にも、なにかしらの願掛けをすることをおススメします。

    妊娠ジンクス『誕生日の前後は運気が変わりやすい』

    と、このように、効果の高いジンクスはたくさんあるのです。

    ジンクスは常用すると効き目が薄くなる?

    しかしですね、これらも「有名になりすぎる」と効果が薄くなるのです。

    それはまるで頭痛薬とか胃薬のようなもの。薬は日頃から常用すると、効き目が薄くなってしまうでしょう?

    薬はそもそも体にとっては異物ですので、肝臓で分解されます。すると肝臓が慣れてきて、分解がはやくなってくる。お酒に強くなるのと似ています。
    ちなみに細菌は、抗生剤に対して生き残ったものが増えますから、同じ抗生剤はしだいに効かなくなってきますよね。
    ですから、少しくらいの痛みでは薬に頼らず、身体を休めて、自然に治るのを待つといいわけです。そう心がけるだけで、いざという時に薬が効くわけです。

    風水による開運法も、日頃から常用してしまうと、いざという時に効果が薄くなるのです。
    「あぁ、はいはい。知ってるよそれ!」といった感覚が芽生えてしまうと、残念ですが効果が激減してしまうのです。

    逆に、「えぇっ、そうなの?知らなかった!」と感じた方法や話は、とても斬新ですから、脳が刺激され、それがカラダを一瞬で激変させるのです。
    まぁ『プラシーボ効果』と言えばそれまでですが、脳がポジティブに刺激されると、身体へも有効な変化がもたらされるわけです。

    妊活にも有効な『プラシーボ効果』

    そういう意味で、風水とか開運法は、できるだけ流行っていないものであることが重要なポイントです。

    しかも、そこには理論や裏付けが欠かせません。ということで、ぼくたち占い師は、つねに研究を怠らないわけです。
    今までにない、これからの時代のジンクスを、あたらしく生み出していく必要があるのです。

    テレビによってもたらされるのは・・・

    『風水は流行ったものは効果が薄くなる』というお話でしたね。さらに踏み込んで、「テレビで紹介されると、もっと効果がなくなるよ」という、ちょっと衝撃的な話です。

    みなさん、風水をどこでお知りになられたでしょうか?
    多くの人がテレビか雑誌ではないかと思います。
    もちろん最近はインターネットが普及していますから、情報は氾濫していますよね。
    じつはぼくも、何度かテレビの話をいただきましたが、いままでは残念ながらお断りしました。というのも、テレビというのはスポンサーありきですから、「これは言ってはいけない」「これは必ず言うように」といった制約があるのです。

    マジメにやっている風水師や占い師は、自分の意見をしっかり持っていて、しかも「本当に効果がある」方法を伝えようとします。が、テレビの都合によって編集されてしまうわけです。

    ということで、テレビで放映されているのは、残念ながら「ありきたり」なものばかり。とはいえど、テレビを批判しているわけではないんです。すべてのものには『功罪』があります。功と罪、つまりテレビが世の中に与える良い影響と悪い影響という意味です。

    報道番組などで、世の中で起こっている事件を知ることができますが、行き過ぎれば被害者のプライバシーを必要以上に公開して、風評被害を招いたりします。

    娯楽として面白いですが、テレビに夢中になると大事な時間が損なわれたり、夜更かしによって翌日の仕事に影響がでたり、家族の団欒の時間が減ったりする。

    精査された動画の情報で、説明に都合がよく、教育番組は本やラジオより効果は高い。しかしその反面、受け手側の想像が働きにくいので、想像力が育ちにくく、また情報を鵜呑みにしやすい性質を助長させてしまいます。
    情報も操作されやすいので、一部の思いによって国民が誘導される恐れもありますよね。

    風水の目的である『精神性の向上』を意識して

    風水の目的のひとつに『精神性の向上』というのがあります。
    そういう意味で、テレビ発祥の健康ブームやダイエットブームが抱える問題を考えてみましょう。それは、あまりにも単純化して考えてしまう癖がつくことです。健康と言うのはさまざまな要因がすべて折り重なって生まれます。
    日本のテレビでは毎日のように健康情報番組が放送されますが、それは視聴率が高いからだそうです。

    健康番組と言えば、「××に良い」とか「△△に効く」とか、そういった単純な要素を検証するケースがほとんど。ダイエットブーム、健康ブームは作為的に作られるわけです。しかし健康は一時のブームに踊らされてはいけません。昔から未来まで変わらない理論が必要なはずです。

    お金儲けの道具にされないために

    ひとつの事象で左右される軸のない健康情報は危険です。ある食品の同じ栄養素をとっても、それを食べる人の年齢や体格、これまでの食歴や消化能力、食べ合わせや遺伝的要素、ストレス度、精神状態などの条件で、その食品の効能を生かせる人も生かせない人もいるからです。

    効果を出すための摂取量だって、個人で違うので、時に、逆作用が出ることだってあるのです。
    身体を守るのは他の誰でもなくあなた自身なのです。
    「○○が健康に良い!」とテレビで取り上げられ、一斉に買いに走った人のいったい何割が実際に健康になれたでしょうか?
    実際に体内に入り、作用するかどうかは人それぞれ。情報に振り回されていては、真の健康は得られません。

    ぼくが、ここで言いたいのは、ズバリ「お金儲けの道具にされない」こと
    健康業界やダイエット業界には、お金儲けのために嘘をでっち上げる人が一定数存在するのです。
    本当の栄養学は奥が深いのです。健康・ダイエットブームに踊らされず、しっかりと知恵を身につけてください。
    つまり風水の目的である『精神性の向上』を意識して欲しいのです。

    ポジティブなエネルギーを招き寄せる風水

    風水は、あなたの空間において適切なエネルギーの流れをつくるためのアドバイスを与えてくれます。
    使うのは「色」「形」「花」そして「家具」の場所です。

    ネガティブなエネルギーは取り除き、吉兆のエネルギーを促します。
    風水は誰でも実践できます。特別な道具を使ったり、年月をかけて勉強しなくても手軽にできます。
    現代の風水は柔軟で私的なのです。かりに特定の宗教を信仰していても、その宗教のならわしに当てはめればいいのです。

    家が散らかっているのは、良くないエネルギーの中に暮らしているということ。風水は家を通じてポジティブなエネルギーを招き寄せ、目指していくものです。

    子宝だって、初めの一歩は、あなたの『意志』です

    また、伝統的な風水のアイテムを置かなければいけない…ということはありません。ただ「なぜ、それらが推奨されるのか」を考えればいいのです。

    風水とは《積極的なイマジネーション》《マンネリ化の打破》です。

    理由を知ることで、替わりにできるものを見つけましょう。

    自分の好みと部屋の装飾に合うものをセンスよくセレクトしてください。 さらに、すごく部屋が狭かったら、限られた空間でどう風水を実践すればいいでしょうか。小さいエリアに物があると、風水の実践はたしかに難しいでしょう。

    なので、集約する工夫をするのです。頭をひねって、センスを磨くのです。
    風水の基本は、あなたの『意志』です。幸せで健康な生活を送りたい、という意志を宣言すれば、あなたは初めの一歩を踏み出したのです。
    ダイエットも健康も、風水と同じ。子宝だって夫婦の愛情や恋愛だって、違いはありません。詳細なアドバイスはいくらでもあります。
    求められるのは、実際にやっていく信念と気持ちだけです。

    「子宝に恵まれたい!」最後にとっておき『術』を伝授!

    そして、今回は最後に、とっておきの効果がある『術』を授けます。
    それが『霊符(れいふ)』です。

    とっておきの効果がある『術』を授けます
    『霊符(れいふ)』

    この霊符は、ぼくが「力の作用が強く働く日」を選んで、朝5時に起きて禊(みそぎ)をし、祝詞(のりと)を高らかに奏上して、厳かな作法に基づいて書き上げたものです。
    いいですか。これは魔法の文字ではありますが、持っているだけでは効果がありません。
    あなたが、ほんとうに『子宝に恵まれたい』と願うのであれば、これを毎日眺めながら、呪文を唱えてください。

    その呪文とは「愛してます。あなたがこの世でいちばん大切です」という言葉です。
    それをご主人の名前を呼んで、口に出して3回言ってください

    恥ずかしかったら、本人に言う必要はありません。
    旦那さんが会社に出かけるとき、玄関で見送ったあと、この霊符を眺めながら、「あなた愛してます。今日もお仕事がんばって」と3回言うのです。1回では効き目がありません。2回でも良いですが、もう少し欲張って、ぜひ3回唱えてください。

    そのうち自然な感情が沸き起こって、本人の目の前でも、その魔法の言葉を言えるようになります。
    そうすることで、あなたの願いは叶います。

    中島多加仁 先生

    1970年3月26日生まれ。B型。有限会社マリアハウス代表取締役。18歳のときに霊学・神秘学・古神道に目覚め、カバラや占星術を学ぶ。22歳のとき易学と風水を習得し、日本古来の幻の古神道占術「天津金木」の研究を開始。紫微斗数・四柱推命・断易・六壬神課などは東海林秀樹先生に師事。

    著書に『紫微斗数占い入門』(幻冬舎)、『ちょい足し風水』(扶桑社)、『天津金木占術奥義』(東洋書院)などがあるほか、iPhoneアプリ『天津金木占い』、携帯&スマホアプリ『幻の星読み神霊術』を監修。毎朝8時に届く日刊メルマガを無料で配信中。公式Twitter

    合わせて読みたい「子宝風水」の記事はコチラ

    スポンサーリンク

    あかほしLINE