妊活

    【妊活中のセックスレス問題】誘っても断られる。女性としての自信を失っています…

    公開日:2020.11.08 / 最終更新日:2021.03.10

    【妊活中のセックスレス問題】誘っても断られる。女性としての自信を失っています…

    スポンサーリンク

    妊娠するための基本、それはやはり男女セックス(性行為)です。
    「できれば自然に妊娠したい」と思う人は多いのに、「セックスレスです」という妊活中の方はけっして少数ではありません。

    【質問】セックスの頻度はどのくらい?

    Q セックスの頻度はどのくらい?/あかほし調べ

    あかほしWEB読者にセックスについてアンケートを実施しました。(2020年4月実施)

    セックスの頻度が月に2〜3回以上というカップルが4割近くいる一方、1回未満という、ほとんどレスのカップルが3割近くという結果に。

    赤ちゃんが欲しい。妊娠したい。でも夫婦生活はちょっとツライ…。あかほし読者の体験、先生のアドバイスを通していっしょに考えていきましょう。

    【SEXレス】夫に誘ってもらえない、私から誘っても断られる…

    ながまのさん(34歳) ▶クリニックに通い始めて3カ月の場合

    【SEXレス】夫に誘ってもらえない、私から誘っても断られる…

    結婚2年目ごろから私の仕事が忙しくなって、夜疲れているときに夫の誘いを何度か断っていました。その後、徐々に夫も誘ってくれなくなりました。

    以来、私から誘うことはあっても、夫から誘ってはくれず…。

    私との子どもなどいらないのでは?

    私に女性としての魅力や色気を感じてくれていないのだと思い、とてもショックでした。夫からの誘いがいっさいないので、女性としての自信をなくし、みじめな気持ちになります。

    タイミングをとってほしい日に断られたこともあり、チャンスを失ってしまう悲しさと「私の子どもなんていらないのでは」という気持ちで泣いてしまうこともあります。

    【妊娠したいけどセックスレス】ドクターからのアドバイス

    まず、気持ちを整理してみてください。

    スポンサーリンク

    「夫が欲しい」のか「子どもが欲しい」のか。文面からは、パートナーを愛していることが伝わります。

    でしたらタイミングにこだわるのはいったんあきらめて、「子づくりに関係なく、あなたと愛し合いたい」とパートナーに伝えてみましょう。

    きっと、子どもについてもわかり合えるときがきます。

    監修・アドバイス

    恵比寿つじクリニック 
    院長 辻 祐治先生
    男性不妊を専門とする医師。2003年、天神つじクリニック(福岡市) を開設。2008年、恵比寿つじクリニック(東京)を開設し院長に。日本でも数少ない、男性医師による男性不妊治療を行っている。

    辻先生からメッセージ
    「現在の不妊治療は、「一刻も早く子どもをつくる医療」になりがちです。だから、本来は自然な妊娠法であるタイミング指導が不自然なプレッシャーを夫婦に与え、結果的にセックスレスをふやしているのです。

    人工授精や体外受精という方法を選べば、セックスレスで子どもを授かることもできるでしょう。

    でも、やはり妊娠の基本は夫婦のセックスです。そしてセックスはいったん失われてしまうと、なかなかとり戻せない繊細なものなのです。」

     


    志馬クリニック四条烏丸
    院長 志馬千佳先生
    産婦人科医・漢方医。
    滋賀医科大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院産婦人科、越田クリニック(大阪市)産婦人科医長などをへて、2012年5月より現職。

    志馬先生からメッセージ
    「「セックス=妊娠」がプレッシャーになってギクシャクするのであれば、妊娠は人工授精や体外受精にまかせて、夫婦生活としてセックスを楽しんでもいいと思います。

    お子さんを授かる授からないにかかわらず、夫婦は今後も生活をともにする共同体です。それを支えるのは、コミュニケーションと相手を思いやる心ではないでしょうか。

    セックスとは、夫婦のたいせつなコミュニケーションのひとつ。これをどう考えるのか、相手はしたいのか、したくないのか、ほかのコミュニケーションで代用できるのか…それをていねいに話し合うことで、夫婦の未来が変わっていくのだと私は思います。」

    赤ちゃんが欲しい20夏』より

    合わせて読みたい記事はこちら

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE