妊活

    「プチ不調」の見直しで妊娠に近づく!平日はササッとシャワーで済ませてOK?

    公開日:2021.01.17 / 最終更新日:2021.01.26

    「プチ不調」の見直しで妊娠に近づく!平日はササッとシャワーで済ませてOK?

    スポンサーリンク

    今日からできる!妊娠のための小さな「ナイス習慣」

    すでに妊活を始めている人、これから妊活しようと思っている人の中には、病院へ行くほどではないけれど、何らかの“プチ不調”を抱えている人も少なくありません。

    大したことはないだろうと放っておくと、妊娠をはばむトラブルにつながる可能性も。

    そこでまず実践してほしいのが、知らないうちに身についてしまった悪習慣を見直し、「ナイス習慣」へと変えること。ちょっとした変化が、妊娠につながるきっかけになることもあります。

    たとえば、日々のルーティンのひとつである入浴。どんな仕方が、妊活には適しているのでしょう。

    【妊活にいいこと】湯ぶねにつかってリラックス

    ★こんないいことが!

    体の芯からあたたまるからポカポカがつづく

    疲れがとれやすく、妊活をはばむストレスの緩和にも!

    帰宅する時間がおそかったり、疲れていたりすると手早くシャワーですませる人もいるでしょう。

    シャワーは汗や汚れを洗い流せて、気分も爽快。そのため温シャワーだけでも十分な気がしますが、実は肌表面があたたかくなっているだけで、体の奥はあたたまらず冷えたまま。

    体の中の卵巣や子宮などたいせつなところも動きが鈍くなり、老化が進んでしまうこともあるので、季節を問わず湯ぶねにつかる習慣をつけましょう

    特に夏は、自分でも気づかないうちにエアコンなどで手足やおなかが冷たくなっていることがあります。湯ぶねにつかると、子宮や卵巣などをきちんとあたためることができ、ポカポカ感が長つづきします。また、1日の疲れがとれやすくなり、妊娠を遠ざけるストレスも解消しやすくなるでしょう。

    スポンサーリンク

    夜、寝る前に入るなら、副交感神経が優位になり、リラックス効果が高まる38〜40度くらいのぬるめのお湯がおすすめ。うっすらと汗をかくぐらいまでじっくりつかるのがポイントです。

    教えてくれたのは、石原新菜先生(内科医)

    イシハラクリニック副院長。漢方医療、自然療法などにより、治療にあたる。
    わかりやすい医学解説に定評があり、テレビ、ラジオ、執筆活動など幅広く活躍中。東洋医学にもくわしく、冷えに関する著書多数。2児の母。

    \『妊活にいいこと大全』発売中/

    『妊活にいいこと大全』1,300円+税

    不妊治療に長年携わる生殖医療専門医、内科医、栄養の専門家など、各分野のエキスパートが教える“妊娠力が高まる習慣”をご紹介しています。生活リズム、食事、睡眠、ヨガなどさまざまな切り口で、忙しくても「無理せず続けられるもの」をピックアップしています。

    スポンサーリンク

    あかほしLINE