妊活

    【withコロナ妊活】外出の不安を払拭!一陽館薬局のONLINE相談を活用した漢方処方

    公開日:2021.01.14

    【withコロナ妊活】外出の不安を払拭!一陽館薬局のONLINE相談を活用した漢方処方

    新型コロナウイルスの収束の兆しがなかなか見えないなか、不妊治療をつづけたり病院・漢方相談のために薬局へ行ったりすることに不安に感じていませんか。そこで積極的に活用したいのが、オンラインでの診療や相談です。今回は、ZoomやLINEなどを活用して漢方相談を行っている、一陽館薬局・かしたに陽子先生にお話を伺いました。

    今こそ“生活習慣を見直すチャンス”ととらえてみて

    おおらかな気持ちで今できることを

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、「妊活中なのに、治療が思うように進まない」「治療をいったんストップさせた」という話を耳にします。一陽館薬局に相談に来るかたも、特に体外受精中であったり、年齢が高めのかたはこの状況に混乱されているように感じます。

    新型コロナウイルスのニュースにふれるだけでネガティブになったり、あせって不安になったりすることもあるでしょう。しかし、この事態は自分一人ですぐに解決できるものではありません。おおらかな気持ちで「しかたない」ととらえるほかはないと思います。「しかたない」なりに何かに転換して考えるしかないのです。

    体質改善の一助に漢方を取り入れてみても

    治療が思うように進まない人も、外出が不安で通院しづらくなっている人も、きっとできることはあるはず。たとえば、今の時期はじっくりと生活習慣を見直して体質改善にとり組むチャンスだともいえるでしょう。そんな体質改善の一助として、漢方のチカラをとり入れてみてもよいのではないかと思います。

    自宅からできる「Zoom相談」の意外なメリットとは?

    一陽館薬局では、直接店頭へ足を運ぶのが難しいかたに、Zoom(オンライン会議システム)を利用したカウンセリングやLINE(コミュニケーションアプリ)を活用した電話相談などを行っています。

    特に、Zoomを利用したカウンセリングは、2020年4月から実施しており、非常に多くのかたに利用していただいています。現在、一陽館薬局に相談されるかたの4割はZoom相談、来店される方は2割程度になっています。これまでZoomを利用したことがないかたでも、パソコンやタブレットなどを利用して、みなさんスムーズにZoomを導入し、利用されています。

    オンライン相談のメリット① 表情を見ながら会話ができる

    漢方カウンセリングではお客さんの表情や顔色、話し方なども漢方を処方するうえで重要な要素になりますが、オンライン相談ならそういったことも画面を通して知ることができます。

    また相談する側にとっても、どんな人がどんな表情で話を聞いてくれているのかわかりますから、安心して利用していただけます。

    オンライン相談のメリット② パートナーも参加しやすい

    妊活は夫婦二人で行うものですから、漢方相談も夫婦二人でお越しいただくのが理想的です。しかし、実際は夫婦一緒に来店するのはなかなか難しいでしょう。

    Zoom相談ならご自宅で受けられますから、相談をしている隣でパートナーにも話だけ聞いていただくこともできます。妊活にあまり積極的でなかった夫がなんとなく話を聞いていたことで、妻がどんなことをしているのか、不妊治療がどんなものなのかを理解するようになった、という声も耳にします。

    オンライン相談のメリット③ 時間を有効に使え、交通費もかからない

    来店の必要がないため、移動時間も交通費もかかりません。空いた時間や費用を有効活用していただくことができます。

    LINEを活用して、気軽に電話相談も

    LINEはカウンセリングではなく、来店予約や変更、問い合わせで利用しています。みなさんが日頃から使い慣れている連絡ツールなので、気軽に利用していただけるのが利点ですね。思い立ったときにすぐに連絡できますし、気軽に質問などもしていただけると思います。

    また電話相談では、LINEで基礎体温表や病院での検査結果などの画像を送っていただき、それをもとにお話をすると非常にスムーズ。電話相談は長年の実績がありますから、丁寧にお話を伺い、しっかりとしたアドバイスを行っています。

    一陽館薬局は女性スタッフばかり。気兼ねなく相談を!

    漢方相談ではとにかくじっくりとお話をお聞きします。それは対面の相談でも、Zoom相談でも電話相談でも変わりません。

    悩んでいる症状や、不安に思っていること、不妊治療に関すること、ふだんの生活や食事など体のことだけでなく、心のことも相談できます。

    とくに今はコロナ禍で、さまざまな不安やストレスを抱えているかたも多いでしょう。妊活中のお悩みは、誰かに気軽に相談することが難しい内容ですから、体のことや気持ちのもやもやなど幅広く相談できるのは、漢方薬局の得意とするところといえるでしょう。

    一陽館薬局はスタッフが女性ばかりなので、生理のことや夫婦関係のこと、働く女性の気持ちなど、同性として理解・共感しやすい面も多いと思います。

    オリジナル処方で飲みやすいサプリ「桃福宝」も

    一陽館薬局では妊娠に特化したオリジナルサプリ「桃福宝」も開発しています。

    これは当薬局での1000例を超える妊娠実績を漢方的に解析して生まれた製品。「桃福宝」の通販を始めて約10年になりますが、これまで多くのかたから喜びの声をいただいています。

    スタッフとじっくりと相談しながら服用できますし、通販で購入いただいた場合のフォロー体制も万全です。

    育む力を養う「赤珠」、授かる力を作り出す「黒珠」、授かるための基礎体力を届ける「碧珠」の3種がありますので、気軽にご相談ください。

    漢方薬局を妊活のパートナーに

    一陽館

    丁寧なヒアリングで「自分に合う」ものが見つかる

    最近は妊活にまつわるさまざまな情報を簡単に入手できるため、どれが自分に合っているのか分からない……というかたも多いです。

    たとえば妊娠に大敵の「冷え」。くつしたを重ね履きしたり、温かい食べ物・飲み物をとるなどして対処するかたは多いと思いますが、その冷えの根本的な原因がどこにあるかまで考えるかたは少ないのではないでしょうか。

    漢方相談では、そのかたの体質や生活習慣、仕事をしているか、どんな仕事なのかなど細かくお話をお聞きします。それらをもとに、そのかたの体質を判断し「なぜ冷えるのか」を考え、その原因に応じて、内臓の働きや体の疲れの回復、ストレスケアなどを目的とした漢方を服用することで、体そのものの調子を整え、授かりやすい体づくりを助けます。

    赤ちゃんが欲しいすべてのかたのパートナーに

    さらに妊娠するために、今どんなことをすべきなのか、何に気を付けて生活すべきなのかといった日常生活のアドバイスも行っています。

    今から妊活を始めようとしている人から、現在不妊治療で病院に通っている人まで、赤ちゃんが欲しいと思うすべてのかたに、漢方薬局を心強いパートナーにしていただきたいですね。

    監修

    一陽館薬局
    薬剤師・不妊カウンセラー かしたに 陽子さん

    女性の体に特化した専門性の高い漢方と、豊富な経験による適切なカウンセリングで支持を得ている。1999年正倉館薬局、2004年に一陽館薬局八木本店を開局。17年に一陽館薬局学園前店を開業。著書に『30才からの子宝健康法』がある。

    https://www.ichiyokan.jp/

    文/加藤夕子(リワークス)

    あかほしLINE