妊活

    【妊活&妊娠クイズ】排卵した卵子は、まずどこへ?

    公開日:2021.01.23 / 最終更新日:2021.01.26

    【妊活&妊娠クイズ】排卵した卵子は、まずどこへ?

    スポンサーリンク

    妊娠までの大きな流れは、「排卵」「射精」「受精」「着床」の4ステップ。全てがうまくいって初めて、赤ちゃんを授かることができます。

    私はなぜ妊娠しないの?

    知っているようで知らない妊娠のプロセスを知ることで、授かりづらい原因が見つかるかもしれません。

    妊活や妊娠にまつわるアレコレ、あなたはどれくらい知っていますか?

    卵子について

    卵巣の中には、胎児のときにつくられた卵子のもと(原子卵胞)が貯蔵されています。複数の卵子が少しずつ育ち、その中の1つが排卵にむけて大きく育っていきます。

    【妊活クイズ】排卵した卵子は、まずどこへ行く?

    「卵子」と「精子」が出会って受精、着床、妊娠成立します。

    さて、「卵子」は排卵すると卵巣を飛び出し、まずどこへ??

    ———————–

    【A】排卵すると、先っぽにとり込まれると聞いたことがある!「卵管」

    【B】赤ちゃんが育つ場所だからやっぱり!「子宮」

    【C】精子がたくさんいるといえばここでしょ!「腟」

    ———————–

    スポンサーリンク

     

    正解は…

    A「卵管」です。

    卵巣から排卵した卵子は卵管にとり込まれて、同じく卵管に到達した精子と受精します。ここで受精卵になってはじめて、子宮へ移動して着床。

    卵巣と卵管は左右に1つずつあり、排卵は左右交互に起こりますが、そうでない場合もあります。

    【キホンをおさらい】妊娠の仕組みって?

    妊娠の仕組み【女性】

    ★排卵

    1個の「主席卵胞」が成熟すると、脳からホルモン(LH)が分泌され、卵子が卵胞をつき破って卵巣の外に飛び出します。

    その卵子が卵管の先にある卵管采にとり込まれて、卵管膨大部に運ばれます。

    妊娠の仕組み【男性】

    ★精子

    精子のもとになる精祖(せいそ)細胞は、細胞分裂を繰り返し、約80日で精子に成長します。全長0.06mmほどで、オタマジャクシのような形をしています。

    1日につくられる精子は数千万から1億個。

    精巣上体に貯蔵され、射精のときを待ちます。

    ★射精

    腟内に射精された精子は、子宮頸管(けいかん)から子宮の中を通り抜け、15〜60分で卵管膨大部に到着します。1回の射精で数千万から数億個の精子が放出されますが、卵管膨大部までたどりつけるのはわずか数百から数千個といわれています。

    妊娠の仕組み【受精】

    卵子と出会った精子たちは、頭部から酵素を出して、卵子の周りにある透明帯を溶かします。卵子をとり囲んだ精子の中の1個がすっと卵子の中に入ると、ほかの精子はもう中に入れなくなります。卵子と精子の核が融合して受精が完了します。

    妊娠の仕組み【着床】

    受精卵は卵管から子宮へと移動しながら2細胞、4細胞、8細胞と細胞分裂を繰り返し、受精から5~7日で「胚盤胞(はいばんほう)」と呼ばれる状態に成長。この段階で厚くなった子宮内膜にもぐり込みます。これが着床です。

    妊娠成立

    着床した胚盤胞は絨毛(じゅうもう)という組織をつくって子宮に根づき、妊娠を維持するhCGというホルモンを分泌します。尿中にこのホルモンが検出されれば、妊娠成立と判定されます。

    ※出典:「妊活 治療と生活アドバイス」(主婦の友社)

    >>排卵についてもっと知りたい方はこちら

    スポンサーリンク

    あかほしLINE