妊活

    セルフで簡単!『経絡リンパマッサージ』でダラダラ不調を改善!

    公開日:2019.03.05 / 最終更新日:2021.04.08

    セルフで簡単!『経絡リンパマッサージ』でダラダラ不調を改善!

    スポンサーリンク

    冷え、むくみ、こりなどの不調がある人は、体のめぐりが滞って妊娠しづらくなっている可能性大。全身のめぐりが悪いと免疫力が低下して、体が生殖モードになりにくくもなります。東洋医学+西洋医学の「経絡リンパマッサージ」で、全身のめぐりをアップ&妊娠力を高めていきましょう。

    経絡リンパマッサージとは

    「経絡」とは東洋医学で「生命を維持する通り道」のこと。経絡リンパマッサージはこの「経絡」の流れと、西洋医学における「リンパ」の流れに着目したマッサージ法です。

    どんな効果がある?

    経絡リンパマッサージを行うと経絡やリンパの詰まりがなくなり、体に溜まった余分な「水」や老廃物が排泄されます。「血」のめぐりもよくなり、免疫機能も改善します。

    さらにいい「気」を取り込めるので気分もリフレッシュ。心身ともにエネルギーに満ちて物事をポジティブに考えられるようになります。継続すると気持ちのコントロールができるようになり、妊娠しやすい状態に導けます。

    いつ、どれぐらい行うのが効果的?

    1日3回が目安ですが、1日1回でもいいので毎日続けることが大事。ただし、体調が悪いときや皮膚にトラブルがある場合は避けましょう。

    体があたたまっているときにするとより効果が高まるので、入浴中やお風呂上がりに行うのがおすすめです。

    オイルを使っても

    マッサージは手のすべりがいい状態で行うのが理想なので、オイルを使ってもOKです。気持ちよく感じられるなら、香り成分が入っているものでも問題ありません。

    経絡リンパマッサージをするときの注意点は

    経絡リンパマッサージを始める前に以下の点を確認しておきましょう。

    食後2時間以内は避ける
    飲酒後は避ける
    皮膚にトラブルがあるときは避ける
    ケガや過度な疲れがあるときは避ける
    妊娠の可能性があるときに行なっても大丈夫ですが、心配な場合は医師に相談を

    1日10分!基本の「経絡リンパマッサージ」

    体質を問わず、まんべんなく体調を整えることができる基本のマッサージです。

    ①親指で足裏を押し、さする【各1分間】

    あぐらをかくように座る。両手の親指を足の裏に当て、指のつけ根→かかとへ向かって押し、続いてさする。

    スポンサーリンク

    ②足全体、そけい部までさする【各1分間】

    片ひざを立て、足首の横に両手を当てる。手のひらを密着させて左右の手を交互に動かしながら、足のつけ根まで足全体をさすり上げる。反対側も同様に行う。

    ③おなかをゆっくりさする【3回】

    あおむけにあり、おへその上下に左右の手のひらを当てる。時計回りにゆっくり1周さする。手のひらが上にきたら、みぞおちから下腹部までさすりおろす。

    ④デコルテをさする【1分間】

    座る。右手は左肩→右のわきの下に向かって、左手は右肩→左のわきの下に向かって、手を左右に動かしながら、鎖骨の周囲とデコルテをさする。

    ⑤首の両面を鎖骨に向かってさする【1分間】

    首を両手のひらで軽くつかみ、あごを少し上へ上げる。手を左右交互に動かしながら、首の両面を鎖骨に向かって下へとさする。

    ⑥おなかを上から下へさする【3回】

    立っておへその上下に左右の手のひらを当てる。手のひらを左右にずらしながら、下腹部に向かってまんべんなくさすりおろす。左右交互に行う。

    ⑦背中からおしりに向かってさする【3回】

    両手のひらを背中のできるだけ高い位置に当てる。そこから背骨に沿って、おしりの下までさすりおろす。

    ⑧バストを包むようにさする【各3回】

    バストの上下に手のひらを当て、包み込むようにやさしくさする。左右交互に行う。

    ⑨握りこぶしで頭を前後にさする【1分間】

    両手の握りこぶしを頭に当てて、前後にさする。矢印のように頭全体を行う。

    ⑩手のひらで全身をたたく【1分間】

    手のひらの中央をくぼませて、パカパカと音がするくらいの強さで体全体を軽快にタッピングする。

    体質別「経絡リンパマッサージ」

    東洋医学の考えでは体に「気・血・水(=津液)」が流れていて、人それぞれで滞りやすいものが違います。下の【体質判定チェック】でチェックの多かったものがあなたのタイプ。自分の体質をチェックして、それを解消する経絡リンパマッサージを行いましょう。

    【体質判定チェック】

    スポンサーリンク

    あかほしLINE