妊活

    卵子の質がグッと上がる!スープジャーで妊活弁当レシピ【妊活女子のお弁当Vol.1】

    公開日:2018.10.26 / 最終更新日:2019.10.24

    卵子の質がグッと上がる!スープジャーで妊活弁当レシピ【妊活女子のお弁当Vol.1】

    スポンサーリンク

    働く女子のお昼はつい外食やコンビニ弁当になりがちですが、妊活中は毎食、食べるものに気をつけたいですよね。手軽にあったかいお弁当が作れるスープジャーで、妊活中の体にぐいぐい栄養を届けるレシピを考えました。

    \免疫力UPで子宮イキイキ/たらとぎんなんのあんかけ焼きそば

    ぎんなんは免疫細胞の増殖を促し、たらは粘膜を保護する働きがあります。免疫力を高めて自律神経をととのえることで、子宮が元気に。

    ▼材料

    中華めん・・・1袋
    たら・・・1切れ
    白菜・・・80g
    ぎんなん(水煮)・・・5粒
    干ししいたけ(薄切り)・・・6g 
    しょうが(チューブ)・・・小さじ1
    A 酒・・・大さじ1/2
    A 塩、粗びきこしょう・・・各少々
    B 水溶き片栗粉(水と片栗粉1:1で溶いたもの)・・・大さじ1
    B ごま油・・・大さじ1/2
    B 鶏がらスープの素(顆粒)・・・小さじ1
    B オイスターソース・・・小さじ1/2
    花椒(粗挽き)・・・適量

    ▼作り方

    1耐熱皿に中華めんをのせ、ラップをかけて電子レンジで1分30秒ほど加熱し、ほぐして保存容器に入れる。
    2たらは一口大に切ってAをまぶす。白菜は縦に半分に切ってさらに幅1cmに切る。
    3耐熱ボウルに2、干ししいたけ、しょうが、水150mlを入れ、ラップをかけて電子レンジで3分ほど加熱する。
    43に、ぎんなんとBを入れてまぜ、さらにラップをかけて電子レンジで1分30秒ほど加熱し、ジャーに入れて花椒をちらす。
    ※食べるときは電子レンジで焼きそばをあたためるとよりおいしく! ごはんもおすすめです。

    \卵子の質アップ!/大豆と雑穀のグリーンカレーリゾット

    じゃがいもは、体内の塩分バランスをととのえ余分な水分を排出するカリウムが豊富。ミトコンドリアを活性化し、卵子の質を高める効果も。

    ▼材料

    大豆(水煮)・・・50g
    雑穀米(18穀米使用)・・・30g
    じゃがいも・・・80g
    A ココナッツミルク・・・200cc
    A グリーンカレーペースト・・・大さじ1
    A 鶏がらスープの素(顆粒)・・・小さじ1
    A ナンプラー・・・小さじ1/2

    ▼作り方

    1じゃがいもは幅5mmのいちょう切りにする。大豆は水けをきる。
    2耐熱ボウルに1とAを入れ、ラップをかけて電子レンジで2分ほど加熱する。
    32に、雑穀米を入れ、ラップをかけてさらに3分ほど加熱し、ジャーに入れる。

    関連リンク:つるりん美腸がカギ!卵子の質を上げるおすすめ妊活レシピ

    スポンサーリンク

    \子宮&卵巣を元気に/納豆としめじのぶっかけそば

    デトックス食材で腸内環境をととのえるのがポイント。そばとしめじは食物繊維が豊富。納豆は脂質の代謝を助け、便秘の解消に役立ちます。

    ▼材料

    日本そば(ゆで)・・・1/2袋
    納豆・・・1パック
    しめじ・・・30g
    ほうれん草・・・130g
    長ねぎ・・・40g
    ロースト松の実(もしくは白いりごま)・・・大さじ2
    酒・・・大さじ1
    ごま油・・・小さじ2
    Aしょうゆ・・・大さじ1
    A和風だしの素(顆粒)・・・小さじ1

    ▼作り方

    1納豆は洗って水けをきる。しめじは石づきを切ってほぐす。ほうれんそうは幅2cmに切る。長ねぎは斜め薄切りにする。
    2耐熱ボウルに、A以外の材料入れてさっと混ぜ、ラップをかけて電子レンジで4分ほど加熱する。
    32に、Aを入れてまぜ、ラップをかけてさらに1分ほど加熱し、ジャーに入れる。

    関連リンク:子宮内膜をフカフカに!粘膜を丈夫にする子宮環境改善レシピ

    \卵子の老化防止/鮭とブロッコリーのホワイトシチュー

    抗酸化作用のあるにんじん+クコの実で若々しい卵子をキープ。鮭には妊娠ビタミンと言われるビタミンDがたっぷり。

    ▼材料

    鮭フレーク・・・15g
    ブロッコリー・・・50g
    にんじん・・・30g
    じゃがいも・・・40g
    クコの実・・・大さじ1
    A 牛乳・・・200cc
    A 水溶き片栗粉(水と片栗粉1:1で溶いたもの)・・・小さじ2
    A 鶏がらスープの素(顆粒)・・・小さじ1
    A 粗挽きこしょう・・・ひとつまみ
    サラダ油・・・小さじ1

    ▼作り方

    1ブロッコリーは一口大に切る。にんじんは幅3mmのいちょう切りにする。じゃがいもは1cm角に切る。
    2耐熱ボウルに1とサラダ油を入れて混ぜ、ラップをかけて電子レンジで2分ほど加熱する。
    3鮭フレーク、クコの実、Aを混ぜ合わせたものを2に入れ、ラップかけてさらに3分ほど加熱し、ジャーに入れる。

    関連リンク:卵子が老化する原因は?防ぐ方法はあるの?に専門家がお答え

    レシピ&監修

    Mizukaさん

    ナチュラルフード・コーディネーター、薬膳コーディネーター、食育指導士として多方面で活躍。「Miz’s Kitchen」を主宰。身近な食材とシンプルな工程で作る家庭料理にはファンが多い。
    http://foodpia.geocities.jp/mizcooking/

    スポンサーリンク

    あかほしLINE