妊活

    妊娠検査薬が使えるのはいつから?陽性反応が間違いのこともある?【不妊治療専門医監修】

    公開日:2019.07.29 / 最終更新日:2020.10.19

    妊娠検査薬が使えるのはいつから?陽性反応が間違いのこともある?【不妊治療専門医監修】

    スポンサーリンク

    生理予定日に生理が来ないと、「妊娠したかも?」と期待がふくらみ、一刻も早く妊娠検査薬でチェックしてみたくなりますね。でも、使う時期を間違えると正しく検査できませんし、陽性反応が出ても正常な妊娠とは限らないこともあります。検査をする前に、正しい使い方や注意点を知っておきましょう。

    今回は早期妊娠検査薬ではなく、一般の妊娠検査薬について解説します。

    妊娠検査薬は何で判定している?仕組みは?

    精子と卵子が出会って受精卵となり、無事に子宮に着床すると、赤ちゃんがママから栄養や酸素をもらえるよう、胎盤が作られ始めます。この胎盤からは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」というホルモンが分泌され、生理予定日を過ぎたころから急激に分泌量が多くなります。

    妊娠検査薬は、尿中に排出されるhCGを検出して、妊娠しているかどうかを判定するものです。

    妊娠検査薬はいつから検査できるの?

    検査はいつからできる?

    hCGは生理予定日を過ぎたころから分泌量が多くなりますが、国内製の妊娠検査薬の多くは、尿中のhCGが50mIU/mL以上で「妊娠反応あり(陽性)」と判定します。

    hCGの値が判定できるほど高くなるのは、生理予定日1週間後からなので、それまで待ってから使いましょう。

    使う時期やタイミングはいつ?

    排卵を促す黄体化ホルモン(LH)の分泌量が急激に増加する「LHサージ」は、短時間で終わってしまいます。そのため、排卵検査薬は毎日同じ時間に検査をする必要があります。

    でも、hCGの場合、分泌量が短時間で減少することはないため、生理予定日1週間後からなら、朝、昼、晩、1日のうちどの時間に検査をしてもOKです。食事やアルコールの摂取、かぜ薬やピルなどの服用も影響はありません。自分の都合に合わせて検査しましょう。

    生理周期がバラバラな場合、いつから検査できる?

    前回は25日、その前は30日などと生理周期が不規則で、次の生理予定日がわからないという場合は、まず、最近の2~3周期の中で一番短かった周期を思い出してください。

    前回の生理開始日にその日数を足した日にちを次の生理予定日と設定し、その1週間後から検査をするといいでしょう。もしくは、タイミングをとった日から数えて3週間後からを目安としてもかまいません。

    もし、「陰性」の判定が出た場合で、次の生理が始まらないときは、1週間後にもう一度検査してみましょう。

    正しい妊娠検査薬の使い方と注意事項

    妊娠検査薬の正しい使い方

    排卵検査薬と同じように、国内製の妊娠検査薬もスティック状のものが多く、先端部に尿をかける「採尿部」があります。正しく使わないと、正しい検査結果が得られないこともあるので、注意しましょう。

    スポンサーリンク

    手順1 指示どおりの秒数、採尿部に尿をかける
    検査薬の本体を袋から取り出したら、キャップをはずして採尿部を出し、数秒間尿を直接かけます。使用する検査薬によっては、清潔な紙コップなどに採尿して、数秒間採尿部を浸すことでも検査できるものもあります。

    一般的な尿検査のように、起きた直後の濃縮された尿や、細菌などがまじらないように排尿途中の尿を採尿する必要はありません。

    手順2 尿をかけたら、水平な場所に置く
    採尿部に尿をかけたり、浸したら、その部分を下にしたままキャップをします。その後、水平な場所に置いて、指示された時間待ちます。

    手順3 判定を確認する
    「終了窓」にラインが出ているかどうかを確認し、出ていれば判定がきちんと行われています。次に「判定窓」を確認して、ラインが表示されていれば「陽性」、なければ「陰性」です。

    妊娠検査薬を使う際の注意事項

    スポンサーリンク

    あかほしLINE