妊活

    【妊活レシピ】卵の育ちをよくして妊娠しやすい体へ!カレー風味のホットサラダ

    公開日:2019.10.23 / 最終更新日:2020.09.02

    【妊活レシピ】卵の育ちをよくして妊娠しやすい体へ!カレー風味のホットサラダ

    スポンサーリンク

    特別な材料は必要なし! 手軽にできる薬膳で、授かりやすい体を目指しましょう。
    今回は血のめぐりをよくして、卵の育ちをよくするメニューをご紹介します。

    大豆イソフラボンをたっぷりとれるホットサラダは、血流をよくするカレーパウダーを使って味付け。3種の豆はそれぞれ違う歯ごたえも楽しめます。

    材料(2人分)

    【記号の意味はこちら】

    作り方

    ① 豆類は茹でておく。たまねぎは小さく切る。ブロッコリーは食べやすく切ったら塩茹でする。

    ② ボウルにオリーブオイル、醤油、カレーパウダー、こしょう、はちみつ、レモン汁を混ぜ合わせる。

    ③ ①と②をしっかりあわせる

    血のめぐりを改善して、卵の育ちをよくしましょう

    不妊治療では、定期的に病院へ行き卵胞チェックをしてもらう方が多いと思います。卵胞チェックでは卵の大きさを測り、卵が育っているかどうか確認しますが、ここでドクターから「卵の育ちが悪い…」という言葉をかけられた経験はありませんか?

    卵がなかなか育たない原因はさまざまあります。たとえば卵の成長を促すホルモンは血液にのって流れていきますが、特に卵巣は血管が細いので、血流が悪くなるとホルモンが行き届かなくなります。すると栄養が卵に届かなくなるので、卵の育ちが悪くなってしまうのです。血のめぐりをよくする食材を上手に摂って、卵の育ちをよくしましょう。(瀧本先生)

    カレー風味のホットサラダ一緒に摂りたい おすすめの献立はこちら

    ● 鶏肉のお粥
    ● 油揚げのピザ

    スポンサーリンク

     

    教えていただいたのは

    瀧本靖子先生

    中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

    薬膳料理教室 心味
    http://www.yakuzen-cocomi.com/

    調理アシスタント:日本薬膳師
    http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

     

    薬膳で、妊娠する人が増えています!

    瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE