妊活

    子宮内膜をフカフカに!粘膜を丈夫にする子宮環境改善レシピ

    公開日:2018.10.31 / 最終更新日:2019.10.31

    子宮内膜をフカフカに!粘膜を丈夫にする子宮環境改善レシピ

    スポンサーリンク

    粘膜を丈夫にする食材で子宮の環境をととのえましょう

    「粘膜を丈夫にする食材は子宮内膜の状態をよくしてくれます。かぜを予防したり、免疫力を上げるなど、うれしい作用も」(管理栄養士 高岡佳子さん)。「栄養を全身に送るためには代謝を上げることも大切。栄養バランスが崩れがちなときは野菜を味方につけて」(陣内彦良先生)。

    子宮環境改善point1
    ビタミンA食材で免疫力アップ!

    たらや卵、レバーなどに含まれるビタミンAは、皮膚や粘膜にうるおいを与え、丈夫にしてくれる働きがあります。粘膜がととのっていると、ウイルスが付着しづらくなるため、かぜ予防にも効果的!

    子宮環境改善point2
    亜鉛を積極的にとって代謝を上げる

    亜鉛は細胞の新陳代謝を促し、エネルギーを作り出してくれるミネラル。男性ホルモンを調整する働きもあり、夫婦で積極的にとりたい妊活必須の栄養素です。カキや牛赤身肉、かに、鶏ささ身肉などに多く含まれています。

    子宮環境改善poin3
    野菜でビタミンCをしっかり補給!

    ホルモンのバランスをととのえるためには、良質なタンパク質とともにビタミンCをとることが有効。体のサビを防ぐ抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きも。冬が旬の葉野菜や根菜類から、ビタミンCをチャージして。

    まだまだあります!粘膜強化食材で子宮環境改善レシピ

    かぶのみぞれスープ

    まずは胃腸の働きをよくして栄養を吸収できる体に。かぶや里いも、きのこなど整腸作用のある食材をとりましょう

    ▼材料(2人分)

    スポンサーリンク

    鶏ささ身肉…1本
    里いも…2個
    かぶ…1個
    しめじ…1/2株
    昆布…3cm角
    塩…小さじ1/2
    水どきかたくり粉…小さじ2
    しょうが汁…小さじ1

    ▼作り方

    1. 鶏肉は一口大のそぎ切りにする。里いもは皮をむき、4等分に切る。しめじは石づきを除き、小房に分ける。
    2. かぶは皮ごとすりおろし、軽く水けをしぼる。葉は小口切りにする。
    3. 鍋に水2カップ、昆布、1を入れて中火にかけ、沸騰してきたら昆布をとり出し、アクをとる。蓋をして中火で5分ほど、里いもがやわらかくなるまで煮る。
    4. 塩で味をととのえ、水どきかたくり粉でとろみをつけ、しょうが汁を加えてまぜる。器に盛り、2をのせる。

    ホットサラダ チアシードドレッシング

    にんじんのカロテンで粘膜を丈夫に。血液サラサラ効果や豊富な食物繊維などを含むチアシードをドレッシングに

    ▼材料(2人分)

    にんじん…1/2本
    さつまいも…1/2本
    チアシード…大さじ1
    A 水…大さじ2
    A しょうゆ、ごま油…各大さじ1
    酢…大さじ1/2

    ▼作り方

    1. チアシードは大さじ5の水につけておく。
    2. にんじん、さつまいもは2cmの角切りにし、さつまいもは水にさっとくぐらせる。
    3. 2を耐熱ボウルに入れて電子レンジで約3分加熱する。
    4. 1にAを入れてよくまぜ、2とあえる。

    キャベツとソーセージのクミン煮

    少ない水分で蒸すからキャベツのビタミンを逃がしません。クミンのスパイシーな香りが食欲もアップ

    ▼材料(2人分)

    キャベツ…1/4個
    ソーセージ…4本
    にんにく…1かけ
    クミンシード…小さじ1/2
    白ワイン…大さじ4
    酢…小さじ1
    塩…小さじ1/2
    オリーブ油…大さじ1
    イタリアンパセリ…適量

    ▼作り方

    1. キャベツは細切り、ソーセージは輪切り、にんにくは薄切りにする。
    2. 鍋にオリーブ油、にんにく、クミンシードを入れて熱し、香りが出たら、キャベツ、ソーセージ、白ワイン、酢を入れてフタをし、中火で10分蒸し煮にし、塩で味をととのえる。

    ぶりのカルパッチョ

    血液をサラサラにするぶりと玉ねぎの組み合わせ。ぶりには疲労回復に効果的なビタミンB群、鉄なども栄養がたっぷり

    ▼材料(2人分)

    ぶり(刺し身用)…1/2さく
    玉ねぎ…1/4個
    カシューナッツ…10g
    塩…小さじ1/2
    かぼす汁…大さじ1/2
    オリーブ油…大さじ2

    ▼作り方

    1. ぶりは薄くそぎ切りにし、切り口を上にして塩を振り、ラップをのせて薄くなるようにめん棒などで軽く叩き、皿に並べる。
    2. 玉ねぎは薄切り、カシューナッツはあらみじんに切る。
    3. 1に2をのせ、かぼす汁とオリーブ油を回しかける。

    Advice

    陣内ウィメンズクリニック院長
    陣内彦良先生
    千葉大学医学部卒業。笑顔のあふれる妊娠希望治療を」の信念から、患者さんのストレスをやわらげ、リラックスできる治療体制に心をくだく。

    管理栄養士・健康運動指導士
    高岡佳子さん
    スポーツクラブを中心に栄養指導、運動指導を行う。妊娠を望む人への指導経験も多く、食事と運動の両面から妊娠しやすい体づくりをサポート。

    スポンサーリンク

    あかほしLINE