妊活

    セックスが正直しんどい。性交痛がある…【不妊治療経験アリの現役産婦人科医がお答え】

    公開日:2019.12.16 / 最終更新日:2020.10.19

    セックスが正直しんどい。性交痛がある…【不妊治療経験アリの現役産婦人科医がお答え】

    スポンサーリンク

    お答えいただくのは、“えんみちゃん”こと、遠見才希子先生

     Profile
    神奈川県生まれ。2011年、聖マリアンナ医科大学卒。産婦人科医。「えんみちゃん」のニックネームで中高校生向けの講演活動を行ない、これまでに全国700校以上を訪問。著書に『ひとりじゃない』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。自らも不妊治療経験者で、夫の精索静脈瘤などのトラブルを乗り越え、人工授精、体外受精も経験している。@emmi__chan

     “えんみちゃん”の妊活ヒストリー

     31才 自然妊娠を試みて1年授からず、勤務先でもあった不妊生殖科を受診。夫婦で検査を受け、男性不妊(精索静脈瘤)が判明

    32才 1回目の人工授精で妊娠するも初期流産。夫の精索静脈瘤の手術。

    33才 人工授精8回を経て、体外受精へステップアップ。1回の採卵、3回目の移植で妊娠。

    35才 転居のため別の不妊治療専門クリニックで人工授精にトライ。2回目の人工授精で妊娠。第二子出産 セックスについての疑問を解決!

    セックスがしんどくなってきました…

    セックスがしんどくなってきました

    20184月に結婚し、夏ごろからゆるやかに妊活スタート。9月に自然妊娠したものの、11月に流産してしまいました。三度目の生理を見送り、最近妊活をスタートしましたが、以前、子宮系の手術をしていることと、今回の流産で夫が「かわいそう」「無理しないで」と変に気をつかうようになってしまい、うまくタイミングがとれなくなりつつあります。

    月一回のチャンスと年齢のせいもあり、がんばりたいけどがんばりすぎないという微妙な気持ちに。お互いにストレスをかけず、妊活のモチベーションを落とさず、一定に保てる方法を模索中です。正直、セックスがしんどくなってきました。36才(べビ待ち歴4カ月)

     Answer しんどくなったらステップアップの検討を

     36才で自然妊娠されているので、この先も妊娠する可能性は大いにあります。が、年齢は上がっていきますし、なによりセックスが負担に感じてしまうことはストレスでしょう。このようなときはシリンジ法を試したり、人工授精や体外受精にステップアップする選択肢があることも考えてみてください。自然妊娠歴があるのはひとつの強みです。ステップアップしてみて、合わないな、重荷だなと思ったら、ステップダウンでタイミング法に戻ってもかまいません。

    ただ、35才以上は年齢因子があるので、3~4周期おきにステップアップを考えていきましょう。流産後、タイミング療法で3~4周期たっているのであれば、ステップアップするのもOKです。やさしいパートナーとお見受けしますから、ふたりでよく相談して、無理のない妊活をしてください。

    シリンジ法とは?

    男性がマスターベーションで滅菌カップに採った精液を、シリンジ(注射筒)やスポイトで吸い上げ、それを女性の膣内に挿入して注入する方法です。家庭用のシリンジ法キットとしてネット通販されているものもあります。夫婦のタイミングが合わないときや、思うように性行為ができないときなどに適用できます。クリニックでの不妊治療と併用で行なうことも可能です。

    あわせて読みたい

    スポンサーリンク

    最近、話題のシリンジ法とは?不妊治療専門医がレクチャー

      性交痛があり、夫婦生活がうまくいきません。

     私は性交痛がひどく、夫婦生活がなかなかうまくいかないため、病院ですすめられたシリンジ法で妊活をがんばっています。夫の理解もあり、感謝している反面、申し訳ない気持ちもあります。いつかはふつうに夫婦生活が送れるようになりたいと思っていますが、親の「子供はまだ?」にはとても傷つきます。結婚して2年。若いからすぐにできると思われがちですが、一人一人違うことを理解してもらいたいです。25才(べビ待ち歴2年1カ月)

     Answer 挿入だけがセックスではないことを知って

     「子供はまだ?」「結婚何年目?」など、あいさつくらいの気持ちで言っているのかもしれないけど、傷つきますよね。いくら年齢が若くても不妊治療が必要になることがあります。もし、シリンジ法をすでに6周期以上行なっているのならば、ステップアップを考えてもいいと思います。

    性交痛の原因は精神的なもの、炎症委縮、処女膜強靭症、不十分な前戯など多岐に渡ります。コミュニケーションとしての夫婦生活を送りたいというその気持ちを大事にしてください。セックスは挿入だけではありません。お互いの体に触れ合う時間も同じようにたいせつです。スキンシップをなくさないように心がけているだけでもきっと違いますよ。

     赤ちゃんが欲しい(あかほし)編集部から

     自らも不妊治療経験者である遠見先生の質問コーナー、いかがでしたか? タイミング療法、8回の人工授精、流産、体外受精とフルコースで経験した遠見先生だからこそ、妊活中のみなさんの気持ちに寄り添う説得力のあるお話だったと思います。セックスのことは親や兄弟、友達にも話しづらいので、悩んでいる人が多いと思います。妊活中は特に焦りとプレッシャーから、義務セックスになり、全く楽しめないようになることも・・・。そうなってしまったら、まずはスキンシップだけでもいいので、夫婦が仲良くすること。年齢的に差し迫っていないなら、1カ月だけなど期間を決めて排卵日のことは忘れてみるのもいいかもしれません。遠回りのようで、後で考えてみれば近道だったということがあります。

    この質問コーナーは今後も続きます! 次回は「妊娠初期のサイン」についてです。

    文/小山まゆみ 構成/狩野啓子

    赤ちゃんが欲しい(あかほし)妊活webマガジン
    https://akahoshi.net/contents/story/8075
    赤ちゃんが欲しい公式サイト
    スポンサーリンク

    あかほしLINE