妊活

    【妊活男子ごはん】メンズの「お疲れ」「ストレス」を撃退する薬膳パスタ!

    公開日:2019.12.17 / 最終更新日:2020.09.08

    【妊活男子ごはん】メンズの「お疲れ」「ストレス」を撃退する薬膳パスタ!

    スポンサーリンク

    妊活は女性だけが頑張るものではありません!男性にも食の力で積極的に体づくりをしてほしいところ。
    今回は、妊活している男性に多く見られる「疲れ」対策にぴったりのパスタのご紹介です。さつまいもにかぼちゃの甘みが豚ひき肉やにんにくとよく合い、男子が喜ぶボリューム感です。

    材料(2人分)

    【記号の意味はこちら】

    ※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。妊活では「腎」を補うことも重要です。

    ※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

    作り方

    ① パスタは硬めにゆでておく。にんにくとたまねぎは薄くスライス、さつまいもとかぼちゃは1センチ弱のサイコロ状に切る。キャベツは1センチ四方に切る。

    ② フライパンにオリーブオイルをひいて、にんにくとたまねぎを炒め、軽く塩・こしょうをする。ここに豚ひき肉を加えてさらに炒める。

    ③ ②にさつまいもとかぼちゃを加えて火を通したら、キャベツも加えて炒める。   

    ④ ③に白ワインを振りいれてアルコールを飛ばしてから、パスタを加えてよく混ぜる。

    「気」を補って、「疲労感」や「ストレス」を上手にリリース

    男性に限らずですが、仕事など、世の中には疲れやストレスのもとがいっぱい。疲れをそのまま持ち越していると、男性の精子の質が下がり、妊活にも影響が。中医学では、毎日の食事で、エネルギーである「気」をたっぷり補うと効果的と考えます。
    今回のパスタに取り入れた、かぼちゃ、さつまいも、キャベツ、豚ひき肉、にんにくはすべて「補気」の食材。かぼちゃとニンニクにはあたため効果もあり、豚ひき肉で栄養である「血」、生殖機能を司る「腎」も補え、ひと皿でもバランスよく食事ができ、おすすめです。

    具だくさん・補気パスタと一緒に摂りたい おすすめの献立はこちら

    スポンサーリンク

    ●きゅうりとキムチとショウガのスープ

    ●ツナと大根とピーナツの和え物

    教えていただいたのは

    瀧本靖子先生

    中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

    薬膳料理教室 心味
    http://www.yakuzen-cocomi.com/

    調理アシスタント:日本薬膳師
    http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

    薬膳で、妊娠する人が増えています!

    瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE