妊活

    妊活中に食べて妊娠しやすい体へ!栄養満点スープレシピまとめ

    公開日:2020.01.04 / 最終更新日:2020.10.19

    妊活中に食べて妊娠しやすい体へ!栄養満点スープレシピまとめ

    スポンサーリンク

    妊娠しやすい体づくりをめざすなら、毎日の「食」がやはり大切。

    「何品も作れない」「仕事や趣味で忙しくて時間がない!」そんな人に、ぜひともおすすめしたいのが、スープごはん。
    肉や魚などのたんぱく質&野菜がたっぷり入った、栄養満点の”おかずスープ”はいかがでしょうか?

    主食のごはんやパンを添えたら、手軽にすませたいひとりランチや、保温ジャーに入れてお弁当にも!作るのも簡単、片づけるも簡単なのが嬉しい♡ 体も心もポカポカになる妊活スープを毎日つづけたいですね。

    世界最大の不妊・不育治療専門機関「IVF なんばクリニック」「IVF 大阪クリニック」「HORACグランフロント大阪クリニック」の森本義晴院長が太鼓判! 管理栄養士・室谷有紀先生監修の妊活スープのレシピ6種類を紹介します。

    毎日の「食」を見直して授かり体質へ

    私たちの体は、毎日の食べ物からつくられています。赤ちゃんのもとになる精子や卵子も、原料は食べ物なのです。高いサプリメントや漢方薬も、効果があるかもしれませんが、妊娠体質づくりのためにもっと大切なことは、毎日の「食」を見直すこと。

    とはいえ、特別な材料でなくていいし、手間のかかる料理をつくる必要もありません。スーパーで手に入るごく身近な食材に、体の細胞を元気にし、生殖能力を高める力がそなわっているのです。
    だから、新鮮な食材で、栄養満点の料理を作りましょう!
    妊活だけでなく、仕事や趣味も楽しんでいる忙しいみなさんでも、スピーディー&簡単に作れるレシピです。「これおいしそう!」と思ったら、ぜひ気軽な気持ちで、試してみてくださいね。

    食べることは1日3回、365日つづきます。人間の細胞は2週間でほぼ入れかわるといわれますから、毎日の「食」の積み重ねで、少しずつ妊娠しやすい体へと変わっていくはずです。
    ふたりで「食」を楽しみながら、体に栄養を満たしましょう。そして元気な赤ちゃんが、ふたりのもとにやってきますように!(森本義晴先生)

    鶏肉のトマトスープペンネ

    スープにペンネをじか入れするので調理がラクちん!味もよくしみて一石二鳥。
    トマトの缶詰は、生よりもリコピンが多く含まれます。パプリカも抗酸化ビタミンが豊富! たんぱく質源の鶏肉は、“こま切れ”を選ぶと切る手間を省けて、より時短レシピになります。

    レシピはコチラ!

    鶏手羽のスープカレー

    鶏のコクと辛みがマッチ! スパイシーで食欲もUPする晩ごはんスープです。
    市販のカレールウは脂肪分が多く、脂肪の質もあまりよくないため、カレー粉を使うのが◎。カレー粉、しょうがの辛み成分が代謝を上げ、体をあたためます。

    スポンサーリンク

    レシピはコチラ!

    トマトの卵スープ

    さっぱり味が目覚めにぴったり! ツナでいい味が出るおかずスープです。
    卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素を含む、ほぼ完全栄養食品です。朝食が抜群の栄養バランスに!
    抗酸化作用の強いトマトは、色合いも味も、卵と好相性。

    レシピはコチラ!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE