妊活

    妊活中に食べて妊娠しやすい体へ!栄養満点スープレシピまとめ

    公開日:2020.01.04 / 最終更新日:2020.10.19

    妊活中に食べて妊娠しやすい体へ!栄養満点スープレシピまとめ

    スポンサーリンク

    豚こまと小松菜の梅だし汁

    豚こま&梅のだし汁がやみつき!葉酸たっぷりの小松菜がとれるスープです。梅の酸味と青じその香りがさわやかで、食欲もアップ。
    豚肉のビタミンB1とねぎのアリシンは、疲れをとる最強コンビ。梅干しにも疲労回復や殺菌作用があります。酸味をきかせた汁物は、食欲のないときにぴったり。

    レシピはコチラ!

    鮭とほうれんそうのクリームスープパスタ

    コクうまミルク味。 身近な材料だけで彩りも花マルなレシピです。
    鮭の赤い色素のアスタキサンチンには抗酸化作用があり、アンチエイジングの味方! 
    ほうれんそうは旬の寒い季節に、ビタミン・ミネラルが数倍に高まりますよ。
    15分でパパッと、ひと鍋に栄養を盛り込みましょう!

    レシピはコチラ!

    あさりと豚肉のキムチチゲ

    マイルドなピリ辛味。主食をもちにして1皿で完結!

    あさりの鉄とビタミンB12(造血成分)が貧血予防に役立ちます。豚肉のビタミンB1やキムチの辛味成分は疲労回復に効くので、元気が欲しいときの一杯に。

    レシピはコチラ!

    監修&栄養アドバイス

    HORACグランフロント大阪クリニック

    スポンサーリンク

    院長
    森本義晴先生

    IVF JAPAN CEO。日本受精着床学会常常任理事。日本IVF 学会前理事長。アジア生殖医学会理事。関西医科大学卒業、同大学院修了。韓国CHA University客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、岡山大学客員教授。世界最大の不妊・不育治療専門機関「IVF なんばクリニック」「IVF 大阪クリニック」「HORACグランフロント大阪クリニック」を開設。気功や漢方など東洋的手法にも造詣が深い。

    管理栄養士
    室谷有紀先生

    管理栄養士。管理栄養士免許取得後、病院勤務をへHORACグランフロント大阪クリニックへ。妊娠に向けた身体づくりをサポートする統合医療部門の中で、患者様を食事面からサポートする。

    出典

    赤ちゃんが欲しい2020冬号 別冊付録 妊活ごはん レシピBOOKより

    スポンサーリンク

    あかほしLINE