妊活

    背中のストレッチ「48手ヨガ」で血行がアップ。ボディの引き締め効果も!

    公開日:2020.02.09 / 最終更新日:2020.02.07

    背中のストレッチ「48手ヨガ」で血行がアップ。ボディの引き締め効果も!

    スポンサーリンク

    アマゾンランキングで大人気の書籍『48手ヨガ』。心地よく筋力がつき、夫との絆も深まると妊活女子の間でも話題です。
    「48手は江戸時代に大流行したセックスの体位。そのポーズは単にセクシーなだけでなく、先人の知恵が集約されています。アクロバティックな体位や下半身の筋肉を使う体位はリラックスしながら全身を回す、ねじる、伸ばしきる。そして男女で行なえばゆったりふれ合うアタッチメント効果もあるんです」と考案者の鈴木さん。ひとりで&夫といっしょに気持ちよく体を動かして、女性ホルモンも基礎代謝もあげましょう!

    朝におすすめ!背中を引き締めポーズ

    ボディバランスがととのって血行がアップ:後ろ櫓(うしろやぐら)

    背中を引き締め体幹を使い、全身のボディバランスをととのえます。
    肩甲骨を寄せて背中や肩こりをほぐす効果も。

    ポーズのとりかた

    ★朝に背伸びしながら1セット

    ① 立ったまま、つま先を正面に向けて足をそろえ、軽く足を広げる。
    ② 両手を後ろに組んだら、肩甲骨をしっかりと寄せていき、組んだ両手を上げられるところまで上げる。


    ③ イスに腰かけるときのように、ひざを曲げ、お尻を上げて腰をそらす。
    ④ ③のポーズのまま、組んだ両手に後頭部を近づけていくように頭を上げ、目線を天井に向けていく。
    ⑤ ④の状態をキープしながら、1分間に複式呼吸を6回行なう。

    For Sex ▶ 後ろ櫓とは

    相撲の決まりての「櫓投げ」と、船をこぐのに使う棒、櫓を男性器にかけた言葉と思われます。イザナミとイザナギの国産みのポーズで、立ったまま背面から密着する体位です。

    監修

    鈴木まりさん


    日本女性ヘルスケア協会長。株式会社ロサ代表取締役。JOHORETCH(ジョホレッチ)®開発者。
    インストラクターとしてクライアントはNY、ドバイなど国内外で5000人超(リピート率80%以上)、日本アーユルヴェーダ学会員。アーユルヴェーダマイスター。国際薬膳師/カウンセラー。

    公開レッスンやイベントは、鈴木まりさん主宰の「JOHORETCHSTUDIO 六本木」「アーユルヴェーダサロンROSA」などで不定期に開催されています。くわしくはホームページをチェック!

    スポンサーリンク

     

    『48手ヨガ』

    1350円+税/駒草出版
    48手ヨガのやり方や効果をわかりやすく紹介。

     

    『赤ちゃんが欲しい2019夏号』掲載

    スポンサーリンク

    大鵬薬品健康通販

    あかほしLINE