妊活

    自宅ですぐできる「48手ヨガ」体温を上げて免疫力もアップ!生理痛の改善効果も

    公開日:2020.03.08 / 最終更新日:2020.09.10

    自宅ですぐできる「48手ヨガ」体温を上げて免疫力もアップ!生理痛の改善効果も

    スポンサーリンク

    アマゾンランキングで大人気の書籍『48手ヨガ』。その効果はホルモン分泌を活性化させるとされ、妊活女子の間でも話題に!

    「48手は江戸時代に大流行したセックスの体位。そのポーズは単にセクシーなだけでなく、先人の知恵が集約されています。アクロバティックな体位や下半身の筋肉を使う体位はリラックスしながら全身を回す、ねじる、伸ばしきる。そして男女で行なえばゆったりふれ合うアタッチメント効果もあるんです」と考案者の鈴木さん。
    48手と聞くとちょっとドキドキしてしまいますが、すべてひとりでもできるポージングです。体の緊張がほぐれ、下半身を鍛えることができて体温のアップも期待できます。「夫婦で楽しく試すのももちろん◎。心地いいと感じるポーズをやってみたりと、日常にとり入れて妊活に生かしてくださいね!」(鈴木さん)

    「48手ヨガ」生理痛がつらい人におすすめ!

    背中からヒップまでそらして魅力的に:鵯越え(ひよどりごえ)

    背中からヒップまでのラインをきれいに見せてくれるポーズです。子宮に通じるポーズとされ、生理痛が重い人にもおすすめ。

    ポーズのとりかた

    ★①~④を5回

    ① 両手、両ひざを床につける。
    ② 両ひざは腰の下、両手は肩の下にくるように位置をととのえる。
    ③ 息を吸いながら、おなかは床のほうへ、お尻の仙骨は天井のほうへ引っぱられるのをイメージしながら、上半身をそらしていく。


    ④ ③を行ないながら、目線はまっすぐに正面を見る。
    ⑤ 息を吐きながらリラックスして、①~④を5回繰り返す。

    Point☆

    ●入浴後など毎日している行動に組み込んでトライ!
    ● まずは10日間続けてみよう!
    ● 症状に合わせて、気持ちがいい感覚を脳に覚えさせよう!

    For Sex ▶ 鵯越えとは

    もともとは平安時代に源氏と平家が戦った一の谷の戦いの戦地となった、険しい山路のこと。スタンダードな背面の体位のため、背後から戦いを仕掛けたことになぞらえて名づけられました。

    監修

    鈴木まりさん


    日本女性ヘルスケア協会長。株式会社ロサ代表取締役。JOHORETCH(ジョホレッチ)®開発者。
    インストラクターとしてクライアントはNY、ドバイなど国内外で5000人超(リピート率80%以上)、日本アーユルヴェーダ学会員。アーユルヴェーダマイスター。国際薬膳師/カウンセラー。

    スポンサーリンク

    公開レッスンやイベントは、鈴木まりさん主宰の「JOHORETCHSTUDIO 六本木」「アーユルヴェーダサロンROSA」などで不定期に開催されています。くわしくはホームページをチェック!

    『48手ヨガ』

    1350円+税/駒草出版
    48手ヨガのやり方や効果をわかりやすく紹介。

    『赤ちゃんが欲しい2019夏号』掲載

    Kindle版購入はこちら→ Amazon

    スポンサーリンク

    あかほしLINE