体験談

    ”くみっきー”ベビ待ちライフ始めます!【舟山久美子さん妊活専門誌インタビュー】

    公開日:2020.05.15 / 最終更新日:2020.10.20

    ”くみっきー”ベビ待ちライフ始めます!【舟山久美子さん妊活専門誌インタビュー】

    スポンサーリンク

    妊活ミューズがあらたに誕生!『赤ちゃんが欲しい2020春』号の表紙に登場してくれた舟山久美子さんは新婚ホヤホヤ。なれそめから、結婚生活の様子、これから“ベビ待ちライフ”へと進もうとしている心境をじっくりお伺いしました。

    Kumiko’s History

    17歳 雑誌モデルデビュー

    22歳ごろ 仕事が多忙で卵巣トラブル判明。撮影スケジュールをペースダウン

    23歳 雑誌『Popteen』卒業。活躍の幅を広げる

    24歳〜 子宮頸けいがん検診応援ガールとして活動

    28歳 結婚。妊活スタート

    “妊活”は知りたいことがいっぱい

    舟山久美子さんベビ待ちインタビュー

    昨年、結婚を発表した舟山さん。出会ってから結婚まで、1年足らずでトントンと進んでめでたくゴールイン。おふたりの生活は日々アップされるSNSやブログからも、とっても楽しそう。

    “マシュくん”と呼ばれているパートナーとの出会いや、どんな結婚生活を送っているのか、伺いました。

    赤ちゃんはいつでもWelcome♡

    「共通の知り合いから、考え方が合う気がするからって紹介してもらったのが“マシュくん”でした。会ってみたらすぐ意気投合して。でも、ちゃんとつき合うまではきっちり3カ月、お互いを理解し合う時間をとろうってことで、朝カフェして育んでおりました(笑)。

    雑誌モデル時代の癖なのか、朝起きるのがすごく早いので、お仕事が始まる10時まで朝カフェするのが、ふたりのライフスタイルに合ってたみたいです。それからトントンと話が進んで、昨年結婚しました」 

    SNSでも度々登場する“マシュくん”。そのニックネームの由来は?

    スポンサーリンク

    「マシュマロみたいにやさしいってSNSに書いたら、ファンのかたから“マシュくん”って呼んでくれて、それいいかもって。

    事務所でも“マシュくん元気?”って言われますし、浸透しています。彼も、好きなようにしなーって感じなので、何も言わないです(笑)」

    パートナーの健康も気づかうように

    【くみっきーベビ待ちインタビュー】パートナーの健康も気づかうように

    ギャルのカリスマだった舟山さんももう28歳。プライベートでは料理を習ったり、美容の知識を深めようと資格をとるなど、努力家の一面も。ふたり暮らしとなって、パートナーの健康も気づかうようになったといいます。

    「23歳のときに、ダイエット健康協会のインストラクターの資格と、日本化粧品検定のコスメコンシェルジュの資格をとりました。自分のコンディションがいいと幸福度も高くなるなってすごく思って。発信する立場だからこそ、ちゃんとした知識を身につけたいなと。

    だんなさんとの生活にも役立ってますね。彼が寝つきが悪いので、夕食を食べる時間を早めにするとか、寝る前にお風呂につかってリラックスできる状態を心がけたりとか。

    食生活も、野菜を食べない人なので食べられる味つけを探って、外食時においしいってよく食べているメニューの味つけを自宅で再現したり。彼のために食べたいものを聞いて、レシピを考えて、作るのは楽しいですね。

    おかげでレバニラ炒めとか、彼の好物のもつの塩焼きなど作るようになりました。絶対女性は作らない、男飯ですよね(笑)」

    クリニック選び、迷っています

    スポンサーリンク

    あかほしLINE