体験談

    【無精子症を乗り越えて妊娠】キンタロー。さんに聞きたい!不妊治療Q&A

    公開日:2020.06.20 / 最終更新日:2020.09.10

    【無精子症を乗り越えて妊娠】キンタロー。さんに聞きたい!不妊治療Q&A

    スポンサーリンク

    2019年7月に第一子の妊娠を発表し、2020年には夢だったママになった笑いタレントのキンタロー。さん。

    産後は夫が無精子症(男性不妊)だったことをテレビ番組「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系列)でカミングアウト。夫の無精子症(男性不妊)が原因で不妊治療をしていたことを公表しました。

    男性不妊を乗り越えて、ママになったキンタロー。さんに、気になる夫婦のコミュニケーションや不妊治療中のモチベーションの保ち方について教えてもらいました!

    ※相談内容は「あかほしweb」メルマガ会員さまから募集しました。会員登録はコチラから!

    キンタローさん。の妊活中の『赤ちゃんが欲しい』独占インタビューこちらから読めます⬇︎

    男性不妊を乗り越えて顕微授精でママに

    【男性不妊を乗り越えてママに】キンタロー。さんの妊活ヒストリー

    33歳 結婚
    その後、競技ダンスの世界選手権出場、舞台出演などで、妊活は先送りに

    36歳
    5月
    不妊検査を受ける。異常なし

    妊活スタート
    甲状腺ホルモンの数値が低いことが判明し、不育症治療のため、服薬にて治療する

    11月
    パートナーが初の検査。
    精液中に精子がいないことがわかる。その後、繰り返し検査をし20数匹の精子を採取・ 凍結

    37歳 顕微授精で妊娠

    38歳 出産

    スポンサーリンク

    キンタロー。さんに聞きたい!不妊治療中「こんなとき どうしてた?」

    テレビ番組で夫が無精子症だったことをカミングアウト、不妊治療の経験を語ったキンタロー。さん。2020年には、38歳で夢だったママになりました。

    そんなキンタローさん。に緊急取材。あかほし読者さんからの相談に答えていただきました!キンタロー。さんに聞きたい!不妊治療中「こんなとき どうしてた?」

    Q 不妊治療を始める前に予算期限などを決めましたか?(けんとママさん)

    A 事前にリミットは考えていなかったけど、支払い額には毎回びっくり

    赤ちゃんが欲しい一心だったので、予算や期間を考える前に治療をスタートした、というのが実際のところです。

    でも毎回、治療代にはびっくり。動悸・息切れが止まらなかったです

    受付のかたも、よくあの金額をあんな涼しい顔で提示してきたな、って今思い返してもびっくりする!幸い1回目の顕微授精で妊娠することができましたが、いつ妊娠できるかは本当に人それぞれですよね。

    私も治療が長引いていたら、リミットについて悩んだかもしれません。

    Q 不妊治療がつらいとすぐネガティブに。どんなふうに乗り越えた?(Sesameさん)

    A ネガティブになりまくったけど、映画、読書で気分転換!

    私もイライラしたり、卑屈になってしまうこと、いっぱいありました。

    特につらかったのは、毎日決められた時間に打つ自己注射

    男性不妊であっても、治療は女性への負担が大きい。そりゃ、心もねじ曲がりますよ。家にひとりでいるとよけいに悪化するから、散歩をしたり、軽い運動をしたり、友だちと会ったりして忙しくしているほうがよかったかな。

    気持ちが沈んでいるときは、ネットはあまり見ないほうがいいです(見ちゃうけど)。不安に拍車がかかる! 家では映画、読書など、ネット以外で気分転換をしていました。

    Q 不妊治療のつらさや悩みなどを、ご夫婦で話していましたか?(佳子さん)

    A 妊活の先輩に話を聞いてもらうことが多かったです

    うちのだんなさん、私の話を全然聞いてくれないうえに、言葉足らずで女子が求めている言葉を言ってくれるタイプではない(笑)。

    でも、妊活でイライラしたり、ヒートアップしているときには、逆にそれがよかったことも。「ダメだ、聞いてないや。言ってもムダだ」って思うと、イライラも沈静化していくんですよね。

    妊活の悩みは、東尾理子さんがよく聞いてくださって、心のよりどころでした。また、男性不妊については、ダイアモンド☆ユカイさんが公表されていて、ブログや書籍でも発信されていますよね。すごく参考になったし、勇気づけられました。

    Q 不妊治療のつらさや悩みなどを、ご夫婦で話していましたか?

    あかほし卒業生の私たちコレで妊娠しました

    卵巣嚢腫の手術、男性不妊を乗り越えて2人のママに

    結婚する1年前に卵巣嚢腫を手術。結婚後は、1年ほど自己流タイミングをしたのちに、通院を開始しました。

    ところが半年後にまさかの男性不妊が判明したのです!

    転院し、顕微授精で授かることができました。妊活中は、代謝アップのためにヨガや腹巻きをしたり、ザクロジュースを飲んだりして、体質改善も頑張りました!

    * chiemi*さん・35歳(妊活歴2年半で妊娠)

    時間とお金を有効に使うため、体外受精へ

    2つのクリニックに通い、はりや漢方も試しました。タイミング法を続けたのち、人工授精に2回トライしたところで、お金と時間の使い方を見直し。

    思い切って体外受精に踏み切りました。妊活中は、職場のかたが相次いで妊娠して産休へ。精神的にもつらかったけれど、長い妊活の末に授かれたときは喜びもひとしおでした。

    たままさん・35歳(妊活歴6年で妊娠)

    治療をお休みしようかと思った矢先に妊娠!

    タイミング法 10回、人工授精7回、体外受精1回、顕微授精4回を経験。

    最後の顕微授精は「これでダメだったらあきらめよう」と、いい意味で力が抜けていたように思います。漢方で体をととのえ、移植の日を迎えました。

    胚のグレードも大事だけれど、受け入れる体の状態も大事だな、と思います。

    T・Nさん・37歳(妊活歴5年6カ月で妊娠)

    キンタロー。さん Profile

    1981年生まれ。社交ダンスの講師、OLなどをへて、30歳にしてピン芸人としてデビューし、ものまねネタでブレイク。芸人としての活動のほか、ドラマ、声優など、幅広いジャンルで活躍。2015年12月に結婚。20年1月28日に女の子を出産。

    夏号 ご購入はこちらから

    Amazonで購入する!

    楽天で購入する!

    赤ちゃんが欲しい2020夏号表紙
    最新号、発売中!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE