体験談

    【付録ガチレビュー】妊娠への近道をチャートで診断、実際にやってみた!

    公開日:2020.09.14 / 最終更新日:2020.09.18

    【付録ガチレビュー】妊娠への近道をチャートで診断、実際にやってみた!

    スポンサーリンク

    くみっきーのカップル表紙が目印で、大好評!発売中の『赤ちゃんが欲しい2020秋』号。

    創刊20周年をむかえる『赤ちゃんが欲しい』秋号は、“いま知りたい”妊活情報がたっぷりつまっています。

    そんな『赤ちゃんが欲しい』秋号をご購入いただいた読者さまから、とくに好評なのが別冊付録「妊娠への近道をチャートで診断BOOK」。不妊原因別に妊娠への最短ルートを自分なりにチェックすることができます。

    とにかく、わかりやすい!という声をいただいている「チャートBOOK」のおすすめポイントを、実際の読者さんの声とあわせてご紹介していきます

    【不妊原因】まずはセルフチェックしてみましょう!

    監修は山王病院院長の堤 治先生。チャート式で妊娠を妨げる原因をさぐっていきます。女性側、男性側、それぞれの状態を「YES」「NO」などでチェックしていきましょう。

    まずはセルフチェックSTART!

    赤ちゃんができにくい不妊原因はおもに8つ。
    ①卵子の成熟や排卵トラブル
    ②卵管トラブル
    ③子宮トラブル
    ④精子トラブル
    ⑤着床トラブル
    ⑥免疫系トラブル
    ⑦加齢
    ⑧原因不明

    不妊原因はひとつだけとは限りません。約半数は男性側にあることも

    月経不順だったり、婦人科系の病気がある場合は、「もしかしたら」と思い当たる節があるかもしれません。でも、赤ちゃんができにくい原因は、自分ではわからないことのほうが多いもの。

    男性側ではセックスがうまくできないことをのぞけば、自覚症状はないのがふつう。しかし、検査をすると、約半数の男性に、赤ちゃんができにくい原因があります。

    「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、妊娠の仕組みのどこかにトラブルはないのか、原因を知るための検査、その後の妊活の進め方を、「チャートで診断BOOK」でしっかり確認していきましょう。

    【ガチレビュー】実際に「チャート式BOOK」を読んでみてどうでしたか?

    実際に秋号を購入いただいた、あかほし読者さんにアンケート!別冊付録の感想を聞きました。

    秋号の別冊付録「チャートで診断BOOK」であなたの原因に当てはまったのは?

    スポンサーリンク

    不妊8大原因のうち、「卵子の成熟や排卵にトラブルがある」に当てはまった方が多いようです。

    「チャートになっていることでわかりやすくいいと思います」
    「卵子の質を上げたくて、サプリを始めました!」
    「クリニックに通っていますが、きちんともう一度検査をしてもらいます。」

    と、チャートBOOKをきっかけに行動を起こしたと回答してくださった方も。

    別冊付録レビュー/検査をしっかりしてもらおうと思いました!

    別冊付録レビュー/検査をしっかりしてもらおうと思いました!

    「卵管にトラブルがある」に当てはまった、ちーろさん(29歳/宮城県)にいただいた感想をご紹介します!

    ●チャートBOOKで当てはまった「卵管トラブル」について

    通っているクリニックでは、卵管造影検査は受けていました。両方の卵管が狭く、ところどころ癒着が見られることを担当医に指摘されています。
    卵管造影検査の時は激痛で、先生にも「なかなか通らないね…痛いでしょ?」と言われるほどでした。
    チャートBOOKを読んで、きちんともう一度ほかの検査をしてもらおうと感じました。

    ●チャートBOOKを読んで、具体的に受けてみようと気になった検査は?

    内視鏡検査です。
    卵管の狭くなってる箇所や、癒着の状態などをしっかりと知りたいと思ったからです。
    実施している病院はなかなか少ないようなので、探してみようと決めました。

    ●「チャートBOOK」読んでみて

    不妊検査の種類から、さまざまなトラブルに対しての治療法などがチャート式になっていてとてもわかりやすかったです。
    詳しい説明もていねいで読みやすく、スムーズに理解することができました。
    夫にも読んでもらい、二人でしっかりと読み込んでいきたいと思っています。

    監修

    山王病院 院長
    リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター長
    国際医療福祉大学大学院教授
    堤 治先生

    東京大学医学部産婦人科教授を経て、2008年4月から現職。不妊治療・生殖医療全般を広く行う。そのなかでも、子宮内膜症や子宮筋腫に対する診察と内視鏡手術に多くの症例を持つ。また分娩にも立ち会い、妊娠・出産の喜びを共有している。東宮職御用掛を拝命し、雅子皇后のご出産を担当した。日本を代表する産婦人科医の1人。『マンガでわかる!はじめての不妊治療』(主婦の友社)ほか監修本・著書多数。

    別冊付録「チャートで診断BOOK」がついた『赤ちゃんが欲しい』秋号は好評発売中

    赤ちゃんができにくい原因を、チャート診断でさぐり、妊娠への近道を見つけましょう!

    Amazonで購入する!

    楽天で購入する!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE