story妊活体験談

    ピックアップ障害?受精障害?体外受精に進みます【妊活カップルStory】

    ピックアップ障害?受精障害?体外受精に進みます【妊活カップルStory】

    赤ちゃんとわんちゃんと暮らす夢をかなえたい

    Rさんご夫婦
    妻28才(会社員)/夫30才(会社員)
    妊活歴2年半

    出会い→妊活ヒストリー
    2012年11月…知人の紹介で交際スタート
    2015年4月…結婚&入籍。婦人科を受診、妻のみ検査
    病院指導のタイミング法で妊活開始
    2016年3月…いったん妊活をお休み
    2017年1月…不妊治療専門クリニックに転院。夫婦で検査。妊活再スタート
    2017年8月…タイミング法3回をへて人工授精(1回目)
    2017年9月…人工授精(2回目)
    2017年10月…人工授精(3回目)


    ↑結婚式は二人だけで。新婚旅行も兼ねてハワイで行いました。教会をバックに思い出の一枚♡


    ↑わんこたちを連れて旅行を満喫しています。ココは国内最大級のドッグランがある「世界の名犬牧場」。大自然に囲まれてリフレッシュ。


    ↑子宝サプリ&ドリンク飲んでます。グミやチュアブルは食べやすくておすすめ。

    ピックアップ障害や受精障害を疑っています

    もともと生理不順ということもあり、結婚してすぐに婦人科を受診。病院指導のタイミング法で妊活をスタートしました。その後、休憩をはさんで、不妊治療専門クリニックに転院。夫婦で検査を受け、特に問題はありませんでした。

    それからタイミング法をへて、人工授精へとステップアップ。3回チャレンジしたもののダメで……。先生に「あと2回チャレンジしてみては」と言われたものの、ピックアップ障害や受精障害があるのでは?との思いがあり、検査の意味も含めて早く体外受精に進みたい気持ちが大きいです。

    でも、通院回数もかなり増えるし、仕事との両立ができないんじゃないかと悩んでいて。

    夫 もちろん、子どもができなくてもそれはそれで僕たちの人生だし、ふたりでも楽しく暮らしていけると思います。でも、夫婦でいろいろ話し合い、やっぱり子どもは欲しいよね、という気持ちに。

    ただ、妻だけには負担をかけたくないので、そのぶん僕は仕事をがんばります。

    今は夫、愛犬、家族…支えてくれるみんなに感謝

    リセットしたときは、本当につらくて、とてもとても落ち込みますが、純粋に私を必要としてくれる(飛びかかってくるくらい!)愛犬がいて、前向きにまたがんばろうと言ってくれる夫がいて、支えてくれる母親や妹がいるので、2~3日したら、また復活してがんばろうって思えるんです。

    仕事をやめることはとても勇気がいることだけど、支えてくれるみんながいれば、次のステップに進めそうな気がしています。