体験談

    子宮卵管造影検査のリアルを知りたい!痛みは?いつやるの?【人気インスタ体験談】

    公開日:2020.10.16 / 最終更新日:2020.10.19

    子宮卵管造影検査のリアルを知りたい!痛みは?いつやるの?【人気インスタ体験談】

    スポンサーリンク

    不妊治療の基本検査の一つが子宮卵管造影検査。
    基本的な検査なので、受けたことのある人が多い検査の印象もありますが、「痛そう」「こわい」というイメージも。

    今回は人気イラストInstagramより、アン子(@anko_ganbarude)さんの「子宮卵管造影検査」体験談をご紹介!

    「不妊治療は驚きの連続…!」と話すアン子さんが、卵管造影検査でびっくりしたことは?痛かった?検査のあとはどうだった?など、参考にしてくださいね。

    子宮卵管造影検査がスタート!

    以前に通っていた婦人科では「通水検査」を受けたアン子さん。そのときは痛みMAXの状態がずっと続いていたので、卵管造影検査はどれだけ痛いんだ…と構えていましたが、いったい!?

    子宮卵管造影検査がスタート!

    子宮卵管造影検査がスタート!同意書にビビる

    そもそも子宮卵管造影検査って何を調べる検査?

    精子と卵子が出会う場所である卵管に、トラブルがないかどうかを調べるのが卵管造影検査です。子宮の大きさや形状、卵管周囲の癒着の有無、卵管が通っているかどうかなどを調べます。

    カテーテルと呼ばれる細い管を使って、子宮の中に造影剤を入れます。卵管が通っていれば、造影剤は腹腔内に広がります。造影剤が子宮→卵管→腹腔内へと流れていく様子をX線で透視し、観察し、造影剤の広がりぐあいによって、卵管が細くなったり、詰まったりしている部分がないか、癒着がないか、などを調べます。

    造影剤を注入するときに重い生理痛のような痛みを感じることがあるため、検査前に痛み止めを使うことも。

    「子宮卵管造影検査」について詳しくはコチラ⬇️

    造影剤を注入!痛い?痛くない?

    造影剤を注入!痛い?痛くない?

    造影剤を注入!あんまり痛くない?

    スポンサーリンク

    造影剤を注入!終了!

    「わたしが造影検査を受けたクリニックでは、痛みがMAXになる前にストップ→レントゲン撮影で小休憩。(確か少し時間を置いて2回繰り返したかな)
    看護師さん曰く「皆さん意外に痛くなかったって言われますよー」だそうで、私もまさにそんな感じでした」(アン子さん)

    卵管造影検査の結果、レントゲンに驚き!!

    「造影検査は即日結果がわかるのですがレントゲンを見て驚愕!」(アン子さん)

    卵管造影検査の結果、レントゲンに驚き!!

    卵管造影検査の結果、レントゲンに驚き!!え!?

    卵管造影検査の結果、レントゲンに驚き!!子宮ってこんなに小さいの…!

    卵管造影検査の結果、レントゲンに驚き!!不妊治療は驚きの連続

    検査の結果は??↓↓

    【ギモン】子宮卵管造影検査っていつやるの?

    通常、子宮卵管造影検査は生理後に行われます

    この検査は月経が終わったタイミングで受けるのが基本で、排卵の直前や妊娠の可能性がある高温期には行ないません。注入された造影剤は、検査後すぐに自然に吸収されるので、心配ありません。
    検査後、多少出血することもありますが、日常生活はふだんどおりでOK。ただし感染予防のため、処方された抗生剤はきちんと飲むようにしましょう。

    【ギモン】卵管造影検査と通水検査の違いって?

    通水検査はX線を使わない分、卵管造影検査より情報量が少なくなります

    卵管の中に生理食塩水を入れ、超音波画像でその流れる様子を見ることで、卵管の通りぐあいをチェックする通水検査。X線を使わないので、体への負担は少ないのですが、卵管造影検査ほど正確な診断はできません。水を通すので、検査後は卵管が通りやすくなります。

    編集部より

    不妊治療の第一歩は検査からはじまります。造影剤を卵管に流すことで、軽い癒着がはがれるなどして通りがよくなるため、卵管造影検査のあとは妊娠しやすくなると言われることも。

    アン子さんの体験レポをご紹介しました。思ったよりも痛みを感じずに検査を終えましたが、検査の結果は?次回ご紹介します。

    @anko_ganbarude(アン子)さん

    結婚2年、31歳。夫婦ともに検査をするも原因不明。就活も婚活も時間がかかったので、妊活は早めに行動を開始!いきなり不妊治療専門クリニックに通うのは勇気がなく、一般産婦人科へ。その後、不妊専門クリニックへ転院。

    現在は体外受精にトライしながら、ドクターと相談しながら、不育症検査になどの検査をスタート。原因不明の不妊治療について、ご自身の経験をイラストでわかりやすく紹介しています。本音たっぷり! 前向きな投稿が参考になります。

    ▼合わせて読みたい記事はこちら▼

    スポンサーリンク

    あかほしLINE