story妊活体験談

    妊活中のSEX赤裸々告白! 妊娠につながるHで絶対に大事な2つのこと

    妊活中のSEX赤裸々告白! 妊娠につながるHで絶対に大事な2つのこと

    もっとしたい! 実はつらい? 妊活中のHってみんなどんな感じなのでしょう。ベビ待ちカップルのリアルなSEX事情と、産婦人科医の喜田直江先生に妊娠につながるHで本当に大切なことを聞きました。

    回数は増えるけど満足度は低い【妊活カップルのSEX事情】

    Q妊活中のSEXに満足している?

    満足していない人が6割以上。YESの中でも「以前は不満った」という人が多数。妊活になるとSEXのムードがガラリと変わるようです。

    Q妊活中のSEXの不満理由は?

    不満1位:正直夫の義務的Hが不満です!   

    【夫の言い分】
    疲れて帰ってできなかったとき、泣かないで欲しい。(オガさん夫・Hは月5回)

    病院連れて行って、今日やれって…。俺は種馬じゃないッ!(ゆりさん夫・Hは月8回)

    【妻の言い分】
    一生懸命ムードを作っているのに、やる気だけでも見せてよ。(うさこさん・Hは月4回)

    二人の幸せのためなのに、私が無理強いしているみたい…。(こうちゃん・Hは月2回)

    「やらされている感」満載のSEXは、疲れもドッと出てしまいます。「義務的Hでストレスを感じたら、それが原因で回数が減ってしまいます」(喜田先生)

    不満2位:大切なその日にHができない

    【妻の言い分】
    排卵日が伝わっていると思って待っていたのに、酔っ払って帰ってきた。(カオさん・Hは月4回)

    私も無理やり仕事を切り上げたその日、夫は悪びれもなくドタキャン。(maiさん・Hは月5回)

    妊活中は万全の準備をして迎えるだけに、仲良しできなかったときはダメージが大きいもの。特に妊活を始めたばかりのカップルに多い理由でした。

    不満3位:私の気分が盛り上がりません~!

    【妻の言い分】
    ホルモン剤の影響なのか濡れなくなり、痛くてHを楽しめない…。(キュビさん・Hは月15回)

    子宮内膜症の治療を並行。めっきり性欲が減退した。(うさぎもふもふさん・Hは月1回)

    治療の疲れで性欲が減ったという人や、性交痛がある人も。「リュープリンのようなホルモン剤を使うと、更年期のような症状で膣が乾くこともあります」(喜田先生)

    Q妊活前に比べてHの回数は?

    回数が増えた人が半数以上。妊活前後で2桁をキープしている人もいましたが、「月2~3回→月4~5回」という微増が多かった。最多の人は月15回。

    Q排卵日どうやって伝えている?

    【みんなの排卵日の伝え方】
    はっきり伝えていたら、夫が「次はこのころでしょ?」と言ってくるように。(ささびさん)

    プラッシャーをかけたほうがやる気になるので、かなり前から伝えます。(めえさん)

    コウノトリアプリは「待ってる」をポチればいいので便利!(おさとさん)

    メールで伝える締切は当日朝まで。夫が仕事に都合をつけてくれます。(あけみんさん)

    義務と感じると夫ができなくなっていたので、自然に私から誘うようにしています。(こうさん)

    「はっきり伝えてやる気になる男性もいれば、伝えないほうがいい人もいます」と喜田先生。夫が盛り上がるか、なえるか。排卵日の伝え方はかなり重要です。

    H前後で工夫していることは?

    栄養たっぷり|少しでも力になればと、ついカキフライを出してしまいます。文句を言われるまでは続けます。(まみぃさん)

    脱マンネリ|連日する体力温存のため、夫に早くイッてもらいたく、Mだった私がSに。仲良しが新鮮になりました♡(ARさん)

    ケンカ厳禁|排卵日ウィークはとにかく事を荒立てない。この日というときは一緒にお風呂に入り、Hに突入!(あおさん)

    大人のおもちゃ|大人のおもちゃを使ったり、コスプレもします。H自体を楽しみ、気持ちが乗らないときはしません。(めえさん)

    女磨き|香水や、いい香りのボディクリームを全身に。かわいい下着をつけて女度を上げます」(チョコさん)

    夜の営みをのぞき見。実録! 妊活カップルの「仲良し日」カレンダー公開

    月に一度のラブホH決行。お知らせはLINEスタンプで

    〈DATA〉
    年齢:妻31才、夫41才
    ベビ待ち歴:2年、通院お休み中
    H:妊活前は月1回→今は月2回

    マンションなので下に響くのでは?と気になってなかなかSEXの機会が増えないので、月に1回ラブホテルに行って時間を作ってます。雰囲気がラブラブになり、ふたりとも毎月楽しみなりました。

    ▼わが家の仲良し日カレンダー

    16日「排卵日のお知らせはLINEのひよこスタンプで。平日は忙しいのでソフトに伝えます」/20日「排卵日はできなかったけれど、週末にラブホへ。映画も観に行きデートを満喫」。

    体外受精に進み、妊活ありきのHをやめてラブラブに

    〈DATA〉
    年齢:妻31才、夫32才
    ベビ待ち歴:1年2カ月、体外受精で通院中
    H:タイミング法のときは月2~3回→今は月5~6回

    タイイング法をしていたときは「今日は絶対!」と気負い、夫も途中でダメになってしまうこともありました。体外受精に進んでから妊活ありきのSEXをやめたら回数もアップ。体調も整ってきた気がします」。

    ▼わが家の仲良し日カレンダー

    3日「お互いに気持ちの余裕のある休前日に仲良し。SEXすることで、治療で疲れた心も満たされます」/12日「週末は自然とそういう雰囲気に♡ 夫も排卵日のプレッシャーから開放され、以前のようにHを楽しんでます」。

    ローションでセックスレスから月4回に回数アップ

    〈DATA〉
    年齢:妻25才、夫27才
    ベビ待ち歴:2年7カ月、病院指導のタイミング法
    H:妊活前は月0~1回→今は月4~5回

    もともと濡れにくい体質だったので、通院を機にクリニックですすめられたゼリーを薬局で購入。ストレスフリーになり仲良しができています。昨年秋に卵巣嚢腫を取り除く手術をし、自然に排卵が。近いうちにと期待!

    ▼わが家の仲良し日カレンダー

    5日「排卵日ウィークはがんばっても2日おきに。私が痛いと言わなくなり、夫も喜んでます」/23日「以前は月0~1回というレス夫婦でした。ゼリーのおかげで、今は排卵日以外の月末も自然と仲良しできています」。

    リセットしてもキュンとするマンガでテンション上げてます

    〈DATA〉
    年齢:妻27才、夫27才
    ベビ待ち歴:7カ月
    H:妊活前は月1~2回→今は月2~3回

    ねらっていた日にHできなかったり、できてもリセットするとガッカリ…。そんなときは大好きな少女マンガを読んでテンションアップ。トゲトゲした気持ちもやわらぎ、女子力もアップする気がします。

    ▼わが家の仲良し日カレンダー

    18日「養成になった排卵検査薬を写真で撮って夫にメール。週末に期待」/19日「夫が仕事で疲れてその気になれずHナシ。でも週明けのHを約束してくれました」。

    卒業生にも聞きました! 妊娠した日のH、どうだった?

    1位 リラックスしていた

    ちょうど仕事をやめてストレスがなくなった週のSEXで妊娠!力が抜けていた。(ごまちゃん)

    2位 いつもと変わらなかった

    いつもと同じ、義務感たっぷりのH(笑)。先生に言われた日でした。(yukiさん)

    3位 夫婦仲がよかった

    ケンカを乗りこえ、イチャイチャが増えてきたタイミングだった。(あこさん)

    喜田Dr.の結論。妊娠につながるHで絶対に大事な2つのこと

    1.ストレスをためない性生活をする

    どうして?|SEXと妊娠のメカニズムは未解明な部分も多いのですが、ストレスが影響を及ぼすことだけは言い切れます。二人にとってのストレスが何かを考えてみて。

    ポイントは|パートナーへの排卵日の伝え方を変えてみましょう。プレッシャーをかけるほうが頑張れる人、伝えないほうがスムーズな人など、様々です。

    2.回数を増やすために夫婦円満でいる

    どうして?|これだけ医学が発達しても排卵日の予測は難しいもの。予測の前後2日間がねらい目ですが、ズレることも考えて、SEXの回数を増やすことが成功への道です。

    ポイントは|夫婦仲がよくないとHは楽しくないし、楽しくないと回数は増えません。本当に気持ちのいいSEXで赤ちゃんを授かれたら、こんなに幸せなことはないですよね!

    __________

    妊活中のSEXの理想は義務感をなくすこと。夫婦お互いが「気持ちいい」と思えたら、自然と回数も増えるということですね。SEXしたら「たまたま排卵日だった」をめざし、妊活中の「仲良し日」を充実させましょう。

    Advice

    なおえビューティークリニック院長
    喜田直江先生

    産婦人科医、形成外科医。産婦人科医として分娩、手術経験を積んだのち、形成外科の道へ。これまでの美容婦人科手術は2000例以上。女性の性や体の悩みに親身にアドバイス。

    なおえビューティークリニック
    https://www.naoe-bc.com/