story妊活体験談

    不妊治療=原因は女性と思われていてビックリ「メンズの気持ち」

    不妊治療=原因は女性と思われていてビックリ「メンズの気持ち」

    【妊活マンガ】

    O田さん(33才)

    会社員。妊活歴1年8カ月。妻は33才。妻に子宮筋腫。夫の精液検査の数値も低め。人工授精に2回挑戦した。

    高橋さん(39才)

    公務員。妊活歴4年。妻は38才。原因不明と言われるも年齢的にリミットも近づいているので体外受精を検討中。

    あめんださん(37才)

    自営業。妊活歴2年。妻は35才。妻が多嚢胞性卵巣症候群。排卵誘発剤を注射しながらタイミング法に挑戦中。

    親世代には、なかなかわかってもらえないですね

    あめんださん(以下A) この前わが家が不妊治療をしていることを知らない知人たちと話していたとき、不妊は女性側だけに原因があると思われていてビックリしました。男性不妊については、まだほとんど知られていなようです。

    O田さん(以下O) 治療を始める前はボクも似たようなものでした。結婚すれば自然に赤ちゃんはできるもの、そう思っている男性は、いまだに多く存在してるんです。しかも、苦労せずに子どもを授かっている年配者ほど、そう思っている。親世代とかにはなかなかわかってもらいないですね。

    高橋さん(以下T) 親だからこそ気をつかってほしいのに、先日、自宅のリフォームの相談をしていたとき、

    O 二世帯住宅で暮らしながら不妊治療をしている友人夫婦は、奥さんがプレッシャーを感じることが不妊治療に悪影響になりそうだからと、思い切って夫婦ふたりだけで暮らすことにしたそうです。経済的には厳しいけれど、奥さんとても喜んでいて、決断してよかったと言ってました。

    A 不妊治療を始めて、同じようなかたがこんなに多くいることに驚きました。クリニックで男性を見かけると、同志のような心強さを感じます。きょうもこんなふうに本音で話せたし、本音が聞けたしで、とても貴重な経験でした。

    T 女性と違って、男性はこういうコミュニティをつくることもほぼないですからね。

     

    あかほしLINE