story妊活体験談

    生理不順の原因は多嚢胞性卵巣症候群でした【妊活カップルStory】 

    生理不順の原因は多嚢胞性卵巣症候群でした【妊活カップルStory】 

    ネガティブな自分を変えてくれた、夫との赤ちゃんが欲しいんです!

    Mさんご夫婦
    妻28才(専業主婦)/夫32才(会社員)
    妊活歴1年5カ月

    出会い→妊活ヒストリー
    2014年5月:飲食店で知り合う
    2014年8月:つきあい始める
    2015年11月:入籍、不妊治療クリニックでタイミング法
    2016年5月:結婚式
    2016年6月:夫の精液検査、人工授精を2回
    2016年10月:風疹麻しんの予防接種
    2017年2月:妊活再開、3回目の人工授精   

    ▲つき合いはじめてすぐ、一緒に暮らすことに。母に許可をもらいに行ったときの写真です。結婚の挨拶もこのときに。

    ▲結婚式は 最高の思い出♪ ブライダルフェアを見て回り、二人が気に入った式場で挙式。楽しい結婚式でした!

    ▲今は新婚旅行より妊活を優先中。早く授かりたいので新婚旅行はまだ行ってません。いつか子どもと3人で行けたらいいな。

    生理不順の原因は多嚢胞性卵巣症候群でした

    高校生ときから生理不順があり、2~3カ月生理が来ないのは当たり前。就職してからは不規則な生活やストレスが重なり、半年間来ないこともありました。

    でも当時は、生理が来ないのはラク、ある意味ラッキー!と思ったりしていて。23才で多嚢胞性卵巣症候群と診断され、ピルで調整していましたが、先生には「自然妊娠はむずかしい」と言われていました。

    夫と出会ってからはクロミッドやルトラールを服用して排卵を促し、タイミングをとっていましたが、なかなか妊娠せず。やっぱりむずかしいなという思いとともに、もっと若いときに治療を開始していれば、今ごろは妊娠していたかもしれない……と、後悔することもあります。

    人工授精のとき、夫は診察台の横に

    きれいごとかもしれないけど、「赤ちゃんは自然に授かりたい」という気持ちが強いです。なので最初は人工授精にも抵抗がありました。

    でも夫は「形は違うけど、人工授精だって愛し合っての治療だからいいじゃないか!」と。ものすごく信頼している夫に言われたからこそ、人工授精に挑戦できたと思っています。

    はじめての人工授精のときには夫に診察台の横にいてもらい、「今、入ります!」と実況中継しました(笑)。

    はじめての人工授精の前に精液検査をしたのですが、大きな問題なく本当によかったなと。自分が原因で、妻に負担がかかるのがイヤですから。

    太りすぎだけ注意されましたけど、やせるのはなかなかむずかしいですね(笑)。

    卵管造影検査を受けてゴールデン期間中です

    妊活歴も長くなり、生理が来そうになるとそれだけで落ち込みます。そんなときも「まだわからないじゃん」「あきらめるな」と言ってくれる夫は本当にやさしくて大好き。

    2月に卵管造影検査を受け(ものすごく痛かった……!)、卵管につまりがあったのですが、今は妊娠のゴールデン期間。費用の面からもこれ以上のステップアップは考えていないので、今の治療を精一杯がんばりたいです。

    〈内容は2017年5月時点のもの〉Mさんは2017年8月、5回目の人工授精で妊娠されました。おめでとうございます!

    あかほしLINE