体験談

    【不妊治療の費用】43歳治療歴約4年、体外受精にトライ中。妊活に使ったお金は◯◯◯万円!金額公開☆体験談

    公開日:2020.11.15 / 最終更新日:2020.11.16

    【不妊治療の費用】43歳治療歴約4年、体外受精にトライ中。妊活に使ったお金は◯◯◯万円!金額公開☆体験談

    スポンサーリンク

    赤ちゃんが欲しいと妊活・不妊治療を始めるとき、すすめるときに気になるのは費用のこと。不妊治療はお金がかかるイメージがありますが、実際のところは? 現在も治療継続中の読者のリアルな金額を大公開! 43歳、妊活歴3年8ヶ月のUさんに聞きました。

    40代前半、妊活歴3年8ヶ月のUさんDATA

    Uさん(43歳/妊活歴3年8ヶ月)

    不妊治療を始めてまる3年が経過。その期間の中で2回転院し、現在体外受精にトライ中。

    妊活History

    不妊治療専門クリニック①
    検査
     ↓
    タイミング指導
     ↓
    人工授精
     ↓
    不妊治療専門クリニック②に転院
     ↓
    体外受精
    注射や投薬による治療のため毎日通院
     ↓
    不妊治療専門施設③に転院
     ↓
    体外受精
    漢方薬、サプリメント、レーザー治療など

    退職金も不妊治療の費用に。金銭的にもそろそろ限界かな…?

    2回の転院を経て、施設によって費用がずいぶん違うことを体感

    治療を始めてまる3年になりますが、2回転院しています。治療施設によって、治療費もかかる金額もずいぶん異なりますね。

    最初のクリニックは1年8ヶ月通院して、検査、タイミング法、人工授精で約240万円かかりました。

    >>【不妊治療クリニック選び】人気インスタグラマーが病院を決めた6つのポイントって?

    薬や移植後の注射などで毎日クリニックへ通う日々。経済的にも体にも負担に

    その後転院したクリニックでは、10ヶ月通院して体外受精を受け約230万円。
    移植後も黄体ホルモン注射のため毎日通院し、また卵巣刺激法でも薬を多用していたので、経済的にだけでなく体にも負担が大きかったです。

    生理周期なども乱れてきたため、再度転院することにしました。

    >>無排卵月経、生理周期…。妊活中の「生理」気がかりQ&A【医師監修】

    薬を多用しない方針の不妊治療施設へ。ハリは不妊専門ではないところへ変えて節約

    現在通っている施設は、薬は多用しない方針で、移植後の注射もなし。通院歴1年2ヶ月になりますが、費用は170万円ぐらいです。

    通院費だけでなく、漢方薬やサプリメント、レーザー治療、ハリ治療、体をあたためるというマットのレンタル代など、あれこれ出費がかさんでいます。

    スポンサーリンク

    ハリは最初、妊活専門のところへ行ったのですが、1時間で1万5,000円! 今は自宅近くの1時間半で5,000円ぐらいの鍼灸院に通っています。

    >>今年中に絶対妊娠!妊活卒業生48人に聞いた「私はこれで妊娠しました」体験談

    不妊治療の通院と仕事の両立はむずかしい…

    体外受精にステップアップするときに、通院と仕事の両立はむずかしいと思って仕事をやめました。そのときの退職金も使い切ってしまったので、そろそろ限界かな……と感じ始めています。

    >>【妊活と仕事】約6割が不妊治療を職場にカミングアウト!悩み1位は通院スケジュール

    Uさん43歳がこれまでにかかったおもな費用

    排卵日検査薬など…… 3,000円
    検査、治療、薬代(人工授精まで)…… 240万円
    検査、治療、薬代(体外受精)…… 400万円
    通院交通費…… 8万2,000円
    ハリ治療…… 35万円
    漢方薬…… 11万円
    サプリメント代…… 6万円


    計700万5,000円

    ★あわせて読みたい!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE