体験談

    5人の妊活転院から妊娠ドキュメント!きっかけは?やっぱり不妊治療専門クリニックがいいの?

    公開日:2020.11.22

    5人の妊活転院から妊娠ドキュメント!きっかけは?やっぱり不妊治療専門クリニックがいいの?

    スポンサーリンク

    雑誌『赤ちゃんが欲しい』の妊活中・妊活卒業生のみなさんへのアンケートによると、約6割が転院を経験しているとの結果が! 転院の理由は、ステップアップのためやドクターとの相性、通院の距離の問題、引っ越しなどさまざまでした。そこで、妊活卒業生はどんなきっかけで転院して妊娠にいたったのか、その経緯を詳しく聞きました。

    無排卵&男性不妊から妊娠!費用の高い有名クリニックから近所へ転院

    31歳・4ヶ月ベビーのママ/Mさんの病院変遷ドキュメント

    最初は近所の産婦人科へ行き、そこで私の無排卵、夫の男性不妊が判明しました。

    専門クリニックをすすめられて、都内の某有名クリニックへ行きましたが、顕微授精の費用が高すぎて断念。

    自宅近くで費用が安く顕微授精ができるところをさがして転院し、無事妊娠できました。

    >>【医師監修】無排卵月経、生理周期…。妊活中の「生理」気がかりQ&A

    Mさんの変遷ストーリー

    近所の婦人科で不妊原因が判明
     ▼
    有名クリニックに行くも費用が高くて断念
     ▼
    近所の専門クリニックで顕微授精2回目で妊娠
     ▼
    31歳で出産

    いろいろな方針の病院を試してみるのも一つの方法

    選ぶ,転院,不妊治療,妊活

    6歳と4歳の子のママ/Tさんの病院変遷ドキュメント

    とにかく仕事が忙しく、34歳になってようやく不妊治療を開始しました。

    不妊治療専門クリニックに通院をしていましたが、2年たっても結果が出ず……。仕事をセーブしながら治療に通うのはとても大変でした。

    そうこうしているうちに夫の転勤が決まり、転院することに。

    転院先は治療方針がこれまでとはまったく異なる病院でした。すると、そこで治療を開始してすぐに妊娠! こんなこともあるんですね。

    >>不妊治療、どうやって病院を決めたらいいですか?【妊活アドバイス】

    スポンサーリンク

    Tさんの変遷ストーリー

    最初は近所の専門クリニックへ
     ▼
    夫の転勤により、別の専門クリニックへ
     ▼
    転院後すぐに妊娠
     ▼
    38歳で出産

    2人目不妊。夫のやる気を感じて専門クリニックへの転院を決意

    32歳・妊娠8ヶ月/Hさんの病院変遷ドキュメント

    9年前に授かり婚で長男を出産。次もすぐにと思っていましたが、なかなか授からず不妊治療をすることになりました。

    長男が4歳になったとき、ついに近所の産婦人科へ。でも、原因は不明でした。

    その後はなんとなくタイミング法を続けていたところ、夫がみずから不妊治療専門クリニックで精液検査をしてきました。そこから私も本気モードに(笑)。

    顕微授精1回目で妊娠することができました。

    Hさんの変遷ストーリー

    近所の産婦人科でタイミング法を10回
     ▼
    近所の専門クリニックで人工授精を4回
     ▼
    有名専門クリニックで体外受精→顕微授精で1回目で妊娠!

    ベビ待ち歴12年。多嚢胞性卵巣症候群で専門クリニックへ転院して妊娠!

    妊活,不妊治療,転院

    37歳・妊娠8ヶ月/Kさんの病院変遷ドキュメント

    多嚢胞性卵巣症候群のため、不妊治療を開始することに。仕事をしながらの通院だったので、いかに通いやすいかを基準に病院を選びました。

    最初は近所の産婦人科でタイミングをとっていましたが、ドクターに「不妊治療専門のクリニックへ行ったほうがいい」と言われ、近所に新しくできた専門クリニックを紹介してもらって転院。

    ベビ待ち歴は12年。最後は専門クリニックに転院して1年後に、顕微授精でやっと妊娠することができました!

    Kさんの変遷ストーリー

    結婚が決まった32歳のころ、近所の産婦人科に通院開始
     ▼
    タイミング法で授からず、高度な治療ができる専門クリニックへ
     ▼
    顕微授精1回目で妊娠

    >>【不妊治療専門医に聞いてみた】多嚢胞性卵巣の体外受精、どうすればいいの?選択肢は?

    死産をへて治療開始。転院を検討しているうちになんと妊娠が判明!

    37歳・妊娠10ヶ月/Eさんの病院変遷ドキュメント

    悲しい死産をへて、不妊治療を始めました。

    ホルモンの乱れなどが原因で、体外受精の採卵のための刺激法での治療を3ヶ月間も開始できず、自然周期法を行っているクリニックへの転院を検討。

    ところが、転院を考えている最中に1度目の顕微授精ができることになり、その1回で妊娠できました!

    死産からの心や体の立て直しが大変でしたが、粘って本当によかったと心から思っています。

    Eさんの変遷ヒストリー

    近所の産婦人科でタイミング法を1回
     ▼
    専門クリニックに転院するも治療が開始できず
     ▼
    やっと1回目の顕微授精が実現し、妊娠が判明

    >>体外受精&顕微授精の成功のカギは【卵巣刺激法】

    ★あわせて読みたい!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE