体験談

    多嚢胞性卵巣症候群の手術をへて人工授精2回目で妊娠出産!【妊活振り返り体験談】

    公開日:2020.12.11 / 最終更新日:2020.12.17

    多嚢胞性卵巣症候群の手術をへて人工授精2回目で妊娠出産!【妊活振り返り体験談】

    スポンサーリンク

    染色体の問題、転院、多嚢胞性卵巣症候群の手術を乗り越え、2回目の人工授精で妊娠出産した妊活卒業生のリアル体験談をご紹介します。

    人工授精2回目で妊娠出産したFさんの妊活History

    Fさん(37歳・不妊治療期間10ヶ月/Rちゃん2歳8カ月のママ)

    結婚翌年に妊活をスタート。染色体の問題で、男の子だとなんらかの異常が出る可能性があったことから、男女産み分けの専門医にてタイミング法にトライ。

    >>産み分けってできるの?希望の性を授かるためのポイントをドクターが解説【男女産み分け】

    しかし病院が遠く通うのが大変になってしまい、産み分けはあきらめ子どもが授かれば男女どちらでも受け入れようと決意して転院しました。

    その後、多嚢胞性卵巣症候群であることが判明し手術。薬剤によるタイミング法にトライするも妊娠しなかったことからステップアップを決めました。人工授精2回目にして妊娠し、無事に出産。

    >>多嚢胞性卵巣症候群です。自然妊娠はむずかしい…?【不妊治療専門医アドバイス】

    ひとりで抱え込まないことが大切!転院後の人工授精で授かった妊活体験談

    Q.これが妊娠につながったかも?と思うものは?

    A.夫が飲んでいたマカ!

    精子の数をふやすのには「マカ」がいいと聞いたので、夫に飲んでもらっていました。

    人工授精1回目と、マカを飲むようになったあとの2回目では、精子の数が違いました。本当にふえたんですよ!

    >>妊娠にコレが効いた!コレをやめた&始めたら授かりました♡【妊活卒業生体験談】

    Q.妊活中につらかったことと、その乗り越え方は?

    A.悩んだら夫に相談。あまりつらいと思うこともなかったです

    私の場合、実はあまりつらいと思うことはなくて。悩んだときには夫に相談して解決していました。

    スポンサーリンク

    仕事もちょうど正社員からパートに変えたところだったので、上司には妊活のことを話していましたが、同僚には話していませんでした。妊活したことがない人に話してもわかってもらえないだろうと思ったので。

    通院で早退や遅刻をするときも、パートなのでそれほど縛りがきつくなく、「少し遅れます」くらいの連絡ですみました。

    >>働きながらの不妊治療、やっぱり大変?【妊活アンケート】

    Q.赤ちゃんをあきらめそうになったことはある?

    A.ありません!でも、途方にくれたことも…

    あきらめそうになったことはありません。

    ただ、人工授精の1回目がダメだったとき、自分はあと何回やるのだろう、自分はどこまでできるだろうって、先のことを考えたりはしましたね。

    Q.妊活中のストレス解消法は?

    A.忙しく没頭していると忘れられました

    私は一生懸命、仕事をしていました(笑)。

    忙しく仕事をしたり何かを考えたりしていると、治療のことやつらいことを忘れられるんですよ。

    >>【子宝風水の極意】メンタルコントロールで妊娠しやすくなるって本当?考えかたの転換で授かりを目指す!

    Q.妊活をへて変化したことは?

    A.友人の相談にはいつでものるよ!という気持ちに

    結婚した人に「子どもどうするの?」とは絶対言わなくなりました。不妊の悩みをかかえているかもしれないし。

    でも、相談にはいつでものれるよ、という気持ちでいます。実際、私も口に出して共有したほうがラクになれましたし。

    Q.妊活にたいせつなこととは?

    妊活

    A.ひとりで抱え込まないこと

    ひとりで悩んで抱え込まないことだと思います。

    私も夫や友人が心の支えになりました。

    妊活をへてママになったFさんから妊活中の人へおくる言葉

    周囲の雑音は聞き流して、自分の気持ちを強く持って進んでほしいですね。

    あきらめなければきっと素敵な宝物に出会えますよ!

    ★あわせて読みたい!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE