体験談

    この検査だ!AMH検査をうけてみた/不妊治療記ロード・オブ・ザ・ベビー#17

    公開日:2021.04.10 / 最終更新日:2021.05.10

    この検査だ!AMH検査をうけてみた/不妊治療記ロード・オブ・ザ・ベビー#17

    スポンサーリンク

    不妊治療のすえに、男の子のママになったまんぼうさん。

    妊娠を意識してから判明したのは、低AMH、高FSH、早期閉経、卵管水腫などなど。平坦ではない妊娠までの道のりを連載でお届けします。

    【#1】 【#2】 【#3】 【#4】 【#5】 【#6】 【#7】 【#8】 【#9】 【#10】 【#11】 【#12】 【#13】 【#14】 【#15】 【#16】

    まさかの排卵済みだった13周期目、14周期目に2回目の採卵をしましたが、また空砲…。そこで、まんぼうさんの中で湧いてきた疑問とは?

    第17話

    AMH検査の結果は…?

    <つづく>
    #18こちら!

    ※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

    アンチミューラリアンホルモン(AMH)とは?

    発育過程にある卵胞から分泌されるホルモン。抗ミュラー管ホルモンとも。

    血液検査によってAMHの数値を測ることで、卵巣に残っている卵子の数や卵巣年齢を推定することができます。AMHの数値が低い(低AMH)と残存卵子が少ないと推測されるため、自然妊娠の確率が低くなります。

    卵巣年齢が推定できるAMH

    思春期以降、常に精子をつくり続ける男性と違い、女性の卵子は年齢とともに減少していきます。

    スポンサーリンク

    卵巣に保存されている卵子=原始卵胞は、生まれたときは約200万個あります。それが初経のころには約30万個に、その後は月経のたびに減り35才には約2万~3万個になるといわれています。減少する卵子が卵巣の中にどのくらい残っているかの目安となるのが、AMH(抗ミュラー管ホルモン)です。

    AMHをはかることで卵子の数や卵巣年齢を推定することができます。高齢でも卵巣年齢が若い、つまり、原始卵胞の数が多ければ妊娠の可能性は十分にあると考えられます。

    AMHの検査方法や費用は?

    卵胞の発育や成熟をコントロールする働きがあるAMH。原始卵胞が育っていく中で、7mm以下の卵胞から分泌されるホルモンです。

    月経周期に左右されることなく、いつでも検査ができるのが特徴。検査方法は採血です。不妊治療の検査に組み込まれていることもあれば、AMH単体の検査も可能です。費用は各クリニックによって異なりますが、5000円~10000円ほど。

    >>「AMH」について詳しく

    まんぼうさん

    29歳で自己流のタイミング法で妊活をスタート。31歳で転院した不妊治療専門クリニックで早期閉経の診断されます。その後、9回目の採卵ではじめて胚盤胞ができ、33歳で移植し妊娠が判明します。ブログには不妊治療後の妊娠記録も詳細かつコミカルに描かれていて参考になります!「まんぼうのロード・オブ・ザ・ベビー(不妊治療からの妊娠記録)」/Instagram@manbou_channel

    あわせて読みたい記事

    スポンサーリンク

    あかほしLINE