体験談

    おなかに手を当てて「あ、もういないんだ……」。金田朋子さん夫婦インタビュー

    公開日:2019.03.06 / 最終更新日:2021.02.11

    おなかに手を当てて「あ、もういないんだ……」。金田朋子さん夫婦インタビュー

    スポンサーリンク

    声優、金田朋子さんご夫婦は42才から妊活をスタート。すぐに自然妊娠したものの流産するなど、つらい経験も。妊娠・出産までの道のり、高齢での妊活のリアルを伺いました。

    金田さん夫婦の妊活ヒストリー

    ・2013年(40才):結婚

    ・2016.1(42才):妊活スタート。タイミング法で自然妊娠

    ・2016.5(43才):8週目で流産。40代の妊娠率が低いこと、流産の確率が高いことを知る

    ・2016.9(43才):不妊検査。夫婦ともに問題はなし

    ・2016.10(43才):体外受精を決めた月に妊娠

    ・2017.6(44才):帝王切開にて無事出産

    「高齢になると妊娠しづらい」という事実も知らなかった

    ―4年間の交際をへて、2013年に結婚。当時、金田さん40才、森さん30才。お子さんについてはどう考えていましたか?

    :朋ちゃん(※金田さん)とつきあっていたときは、僕は俳優としてほとんど仕事がない状態でした。

    結婚した2013年は、やっとテレビに出していただける機会もふえて、軌道に乗り始めたとき。夫婦で番組に呼んでもらえることも多くて「今はとにかく仕事をがんばりたい」という気持ちがあったんです。

    子どもは、仕事をもう少しがんばってから、と思っていました。

    スポンサーリンク

    ―そんなふたりが、本格的に妊活をスタートさせたのが2016年2月。金田さんが42才のときでした。

    金田:正直言って、年齢のことはあんまり意識していなかったんです。実は高齢になると妊娠しにくいという事実も知らなくて……。

    今なら「仕事も大事だけど、検査だけでも早めに」って思えるけど、当時はふたりで叶えたい夢のことばかり考えていたんです。

    :朋ちゃんは運がものすごくよくて、運だけに頼って生きてきたみたいなところがあるから、赤ちゃんもすぐにできるんじゃないかって。ふたりで勉強不足だったよね。

    金田:そうなんです。それで、自分で排卵検査薬を買ってきてタイミングをとっていたら、2回目のチャレンジで妊娠して。

    :「やっぱり僕たち運がいいね」って、喜びました。

    ―ところが、2カ月後に初期流産してしまいます。

    金田:そのときにはじめて、40才での自然妊娠率は5%、妊娠できたとしても流産の確率もかなり高いと知ったんです。同時に「赤ちゃんを授かることって簡単じゃないんだ、奇跡なんだ」と思いました。

    流産は予想以上にショックな出来事でした

    ―一度おなかに宿ったはずの赤ちゃんが空に帰ってしまうという経験は、自分の予想以上にショックな出来事だった、と金田さん。

    金田:大好きな仕事にも行きたくないし、気づくとおなかに手を当てていて「あ、もういないんだ」と何回も悲しくなりました。流産してはじめて「自分はこんなにも赤ちゃんが欲しかったんだ」と気づきました。

    :僕も、朋ちゃんがこの年齢になるまで待たせてしまったことを反省しましたし、朋ちゃんの寝顔を見ながら「神様、僕と朋ちゃんに赤ちゃんを授けてください」と祈る毎日でした。

    ―当時のふたりは、子どものことだけでなく、ささいなことでも言い争いやケンカが多かったのだそう。

    金田:生まれるはずだった赤ちゃんは11月22日が予定日だったんです。

    ある日ぽぽちゃん(※森さんのこと)から「いい夫婦の日に生まれてくる予定の子だったから、ケンカしないでねっていうメッセージを残して帰っちゃったのかもね」と言われて、「そうかもしれない」って自分の中で消化できて、「またがんばろう」っていう気持ちになれました。

    子どもがいない人生もありなのかと葛藤

    スポンサーリンク

    あかほしLINE