体づくり

    妊活卒業生のやってよかった冷えとりランキング1位は腹巻!

    公開日:2019.08.08 / 最終更新日:2019.09.27

    妊活卒業生のやってよかった冷えとりランキング1位は腹巻!

    スポンサーリンク

    妊活といえば、体を冷えやさないことは基本中の基本! そこで妊活卒業生の方々が「やってよかったと思う冷えとり」を調査したところ、その第1位が”腹巻”ということが判明!

    ということで、腹巻がなぜオススメなのかを医師や妊活卒業生に聞いてみました。こちらを参考に、365日24時間ポカポカライフを送って、授かるための近道にしてくださいね。

    冷えとりにマストな腹巻は、365日着けましょう!

    漢方医学や食事療法などに詳しいイシハラクリニック副院長の石原新菜先生から、冷えとりで腹巻をおすすめする理由を伺いました。

    「”冷えは万病のもと”といわれています。妊活によくないだけでなく、体が冷えていると基礎代謝が下がり、不調にもつながっていきます。逆に冷えとりで体があたたまった結果、婦人科系の悩みがなくなったという人も少なくありません。そのため、一年中愛用したい”あたためアイテム”を積極的に取り入れることが大切です。体の外からあたためる方法として、いちばんおすすめなのが腹巻です。その理由は、血流の多いお腹をあたためると効率的に体温が上がるから。寒い時期限定ではなく、夏や就寝時にも使うのがおすすめ。理想は24時間365日着けることです!」

    とアドバイスを頂きました。さらに、妊活卒業生からも腹巻体験談を伺いました。

    ママになった人はやっぱり腹巻をしていた!

    「”赤ちゃんが欲しい”の付録の腹巻を愛用。ふわふわと触り心地がよく、あたたかでした。大好きなピンク色なのも◎。現在、二児のママに!」ゆうこさん(体外受精、顕微授精4回で妊娠・39才)

    とあるように医師からも妊活卒業生からも妊活をする上で欠かせないのが腹巻、ということがわかりました。

    そこで、赤ちゃんが欲しい編集部の秋号の付録は”子宝を呼ぶ♡マシュマロ腹巻”に! オリジナル柄で優しい配色で作りました。その腹巻がこちら♡

    赤ちゃんが欲しい秋号付録は”子宝を呼ぶマシュマロ腹巻”

    カラーは愛情ホルモンが出る妊活ピンクをキーカラーに。やさしいラベンダーとの配色で、デザインはおしゃれなボーダーに。素材はふんわりもこもこなマシュマロ素材。つけているだけで癒されます。

    ふわもこだけど服にひびかないちょうど良い厚さ

    スポンサーリンク

    やさしい素材のふわもこなのに、ウエストインのパンツでも気にならない厚さがポイントです。腹巻をしていると周囲にバレない肉厚感が魅力です。

    2WAYニット 5074円+税/3rd Spring、パンツ 4900円+税/&.NOSTALGIA、スカーフ 2900円+税/ルビー アンド ユー(FUMOTO)、バッグ 9000円+税/レイジースーザン(レイジースーザン 新宿ミロード店)、パンプス 1万4500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、インナー 5200円+税/ワコール

     

    \ウミヨガ連載必読『赤ちゃんが欲しい2019秋号』発売中!/
    子宮ポカポカ&ふわふわ
    マシュマロ腹巻が1冊に1個必ず付いてます

    監修

    イシハラクリニック副院長 石原新菜先生

    帝京大学医学部卒業後、同大学院の研修医となる。父・石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により様々な病気の治療にあたる。健康ソムリエ講師(https://kenkosommelier.jp/)も務め、テレビやラジオ、雑誌などで幅広く活躍中。『授かり力アップ! 妊活女子の冷えとりガイド』(主婦の友社)ほか、著書多数。

     

    (赤ちゃんが欲しい2019秋『9月・10月・11月気温差を乗り切る冷えとりルール』より抜粋/内容は2019年8月時点のものです)

    スポンサーリンク

    あかほしLINE