体験談

    妊活本のおすすめ30選【不妊治療の定番ロングセラーから最新ムックまで】

    公開日:2019.10.03 / 最終更新日:2019.10.18

    妊活本のおすすめ30選【不妊治療の定番ロングセラーから最新ムックまで】

    スポンサーリンク

    妊娠したい!と思ったら読みたいのが妊活本です。はじめての不妊治療はわからないことだらけで、どうしたらいいか悩んでしまいがちですよね。そんなとき救いになるのが書籍やムック。有名人の体験本や、信頼できる不妊治療専門ドクターの著書、ダンナさまにぜひ読んでほしいメンズ妊活本まで、おすすめの不妊治療応援ブックをカテゴリー別に一挙コレクションしました。

    妊活本がなぜいいの? ネットの知識だけではダメ?

    妊活が一般的になりつつある今、ネット上にも妊活の情報はあふれています。もちろん手軽でニュース性の高いネットの良さは活用すべきですが、妊活を始めたらまずは初心者向けガイドブックを1冊持っておくのがおすすめです。クリニックで聞いた専門用語を確認したり、ダンナさんと情報を共有するのにも最適。信頼できる出版社の妊活本は、不妊治療専門医が監修しているものが多いので信頼度もUP

    妊活本の上手な使い方

    1 まず不妊治療の基本を知ろう

    結婚したらすぐ子供ができる! と思っていた私たちにとって、妊活は知らないことだらけです。タイミング法ってなに? 人工授精と体外受精の違いとは? 何歳まで妊娠できるの? お金は? 基本的なことを知っていないと、クリニックで言われたことが分からない、質問することもできない……
    貴重な時間を使ってしまうばかりです。妊活は時間との勝負でもあります。まず基本的な知識を妊活本でゲットしておきましょう。

    2 頼れる先輩たちの体験談を読もう

    不妊治療をはじめると、妊婦さんや赤ちゃん連れの人にばかり目がいってしまい、私だけが赤ちゃんを授かれない……そんな気持ちになることもありますり。でも実はあなたの周りの多くの女性が、妊活経験者や卒業生だったりします。明るく前向きに妊活する有名人や一般女性の体験談を読むことで、自分だけじゃないんだ、と気持ちがすーっと楽になるはずです。

    3 毎日の食事、運動。できることからスタート

    毎日の食事は赤ちゃんを迎えるための体作りの第一歩です。子宮の粘膜を健康に保つビタミンA、血流をアップするビタミンC、抗酸化作用を高めるビタミンE、子宮や卵巣の機能を整える鉄分など、妊活に必要な栄養素が確実にとれるレシピをチェックしましょう。見た目もおしゃれで手に取りやすい妊活レシピ集やエクササイズ本を、それとなくリビングに置いておくことで、ダンナさまが興味を持ってくれることもあります。

    4 ダンナさまにはメンズ用の読みやすいものを

    不妊は女性だけの問題ではなく、夫婦で乗り越えるものだという意識が高まっています。ですが、不妊治療にあまり関心がない男性がまだまだいるのも事実です。こんな本があるんだ、恥ずかしいことではないんだ、と男性に知ってもらうことも「ふたりで妊活」への第一歩です。妊活は夫婦の絆を強めるもの、と思ってポジティブに!

    それではカテゴリー別におすすめの妊活本をご紹介していきましょう。推薦してくれた妊活卒業生ママのコメントもご参考に。

    基本&ビギナー向け

    『妊活 治療と生活アドバイス(実用1シリーズ)』 主婦の友社

    不妊治療を始めるカップルにまず読んでほしい1冊。
    タイミング法、人工授精、体外受精、薬について、治療にかかるお金のこと、
    AMHや多嚢胞性卵巣症候群などのトラブルについてなど、知りたいことがギュギュッと詰まったバイブルです。一般カップルの体験談や全国子宝スポットガイドつき。自由が丘「陣内ウィメンズクリニック」陣内彦良院長監修。表紙のイラストがかわいい。不妊治療は暗いイメージだったけど、イラストの赤ちゃんがコウノトリにのって飛んできてくれるのをイメージしていたら、ほんとうに来てくれました。

    スポンサーリンク

     

    『赤ちゃんが欲しいと思ったら 妊活スタートBOOK2019』 主婦の友社

    創刊20周年を迎える季刊誌『赤ちゃんが欲しい』がお届けする上質コンテンツな1冊。
    「夫婦生活1年以上が経過しても子供を授からず、妊活という言葉を意識し始めた夫婦」、「35才以上で結婚してすぐにでも子供が欲しいと思っている夫婦」など、妊活のスタートラインに立った人たちに向けた企画をラインナップしています。妊活初期に悩みがちなテーマを軸に、専門医のアドバイスや授かった人の体験談を織り交ぜながら、冷えとり、運動、食事などの生活改善や男性不妊までを網羅。付録は「こうのとりハローキティ」の限定オリジナルボールペン。クチバシがとれたら妊娠するというウワサのこうのとりキティがお目当てで購入。リビングに置いていたら、夫も自然に読んでくれていました。

     

    『初めての不妊治療クリニック受診ガイド2019~2020』ベネッセコーポレーション)

    初めて不妊治療専門クリニックを受診するカップルがターゲット。どんなところ?なにをするの?という不安を解消してくれること間違いなし。初めての不妊治療クリニック「選び方&心得」や、不妊治療体験者に聞くステップアップストーリーなど。妊活振り返りインタビューとして、プロテニスプレーヤーの杉山愛さんや、人気ロックバンド マキシム ホルモンのナヲさんも登場します。わかりやすい妊活用語集つき!病院選びの参考になりました。

     

    『妊カツ!妊娠したいすべての人へ』 小学館

    不妊治療を15年続けたあらいきよこ先生による実録コミック。
    思わず爆笑してしまう内容で、決して深刻にならず、明るく妊活に取り組もう!と、モチベーションをあげてくれます。自然妊娠するための体作り、病院の選び方、人工授精・体外受精など、マンガでありながら「妊活」をフルサポートする詳細情報も満載。マンガなので気軽に読めてよかった。読み返しても、息抜きになります。

    有名人の妊活エッセイ

    『森三中・大島美幸の日本一、明るくまじめな妊活本!』(オレンジページ)

    2度の流産、妊活休業、不妊治療を経て、2015年に長男を出産したお笑い芸人・大島美幸さん。その13年間の妊活の軌跡を赤裸々につづっています。おうちでできる子宝ヨガや、授かり骨盤体操のほか、森三中 黒沢かずこさん&村上知子さんとの対談や、夫・鈴木おさむさんとの対談も!! 「子宝絵馬&赤富士」妊活お守りカードつき。私も妊娠力向上できました。読んでよかった。

     

    『東尾理子 「不妊」じゃなくてTGP 私の妊活日記』(主婦の友社)

    「妊娠するために病院に通います!」と2011年に公表した東尾理子さん。「不妊の『不』はネガティブだから、TGP(=Trying to Get Pregnant妊娠しようとがんばっているの意。)と言います」と明るく宣言し、妊活中の女性に希望と勇気を与えてくれました。201211月第一子出産を迎えるまでの約2年にわたるTGP生活を詳細に振り返った1冊です。明るくポジティブ、ご主人とはラブラブ。そんな理子さんのTGPライフを追いながら、「前向きのヒケツ」に迫ります。理子さんおすすめ妊活アイテム、読者からのQ&A、人工授精、体外受精などの知識についてもくわしく解説。医学監修は山王病院・堤治院長なので、妊活初心者にも安心&必読です。3児ママの理子さんも妊活していたんだと知ると、勇気がわきます。

     

    『加藤貴子 大人の授かりBOOK(ワニブックス)

    男性不妊、流産、不育症――。不妊治療を経て、44歳、46歳と二度の高齢出産を経験した女優・加藤貴子さんが伝えたい、妊活クライシスにならないための処方箋ブック。「泣き言」はちゃんと言う。言い切ったら、一転、自分をほめる。/病院に通うだけで、たいしたもの!/心がこわれる前に、一度「ま、いっか」と投げる/「私ばっかり」をぶつけるより、感謝をつたえ始めて、また歯車が廻り出したetc、焦りすぎたり、頑張りすぎてしまうあなたへの優しい言葉がいっぱいです。治療費についてや病院選び、みんなの不安 Q&Aなどの実用ネタも充実の1冊です。40歳で結婚した私にとってまさにバイブルでした。

     

    『矢島心 ベビ待ちゴコロの支え方 -あきらめない妊活、31のコツ』(主婦の友社)

    不妊治療、流産を乗り越え、結婚6年目にして待望のママになった矢沢心さん。いっぱい悩んで、いっぱい泣いた今だから話せる打ち明け話。自身の妊活を振り返りながら、「あきらめない妊活」の心の持ち方を語ります。妊活ビギナーさんにも役立つ「知っておきたい基礎知識」など医学的なコラムも充実。夫・魔裟斗さんのスペシャルメッセージや、矢沢さんが陣痛中に描いた「子宝を呼ぶ富士山の絵」も収録。リセットのときはいつも、この本に励まされていました。おかげさまで私もママに。

    【妊活ごはん】

    Luvtelli Baby Book 1

    予防医療・栄養コンサルタント細川モモさんが代表となり、日本に予防医療を普及させるために発足したプロジェクトLuvtelli(ラブテリ)」。国内外の取材活動を経て、多くの専門家から知識を結集。妊娠前に読んでおきたい女性の身体の基礎知識が詰まったおしゃれなブックです。妊娠前の身体づくりがいかに次世代に影響を与えるかがわかります産むと決めたら身体をつくる!日本女性の食生活の実態/日光浴をしようビタミンD特集 /産むと決めたら腸内環境を整えよう/賢いママになる基礎栄養学特集、など読み応えたっぷりです。

    Luvtelli Tokyo&NewYork(ラブテリ トーキョー&ニューヨーク)友人にすすめられて読んだのですが、食への意識を変えてくれた1冊です。

     

    『ふたりで授かる体をつくる妊活レシピ』(主婦の友社)

    アジア太平洋生殖医学会の理事長を務めるなど、国際的な視野を持つ不妊治療のエキスパートの森本義晴先生(HORACグランフロント大阪クリニック院長)が、栄養指導で採用している妊活レシピ集。身近な食材で、妊娠しやすい体作りができる料理を140品紹介しています。卵子や精子を元気にする食材、低温期に摂ると良いものと高温期に摂ると良いものなど、偏った食材を口にしがちなあなたにこそ読んでほしい本です。今まで見た妊活レシピ本の中で一番わかりやすく、実践しやすいレシピばかり!とのクチコミも。葉酸たっぷりのおかずをリピしていました。実際にクリニックで栄養指導しているレシピとのことで信頼できた。

     

    『授かるための2人の生活術』(講談社)

    生殖専門医と妊活栄養士が「授かりへの道」をサポートしてくれる本。生殖医療(不妊症、不育症)一筋で日々診療・研究にあたっている松林秀彦医師が、医療エビデンスに基づいた「授かり」を受けるための毎日の生活習慣、不妊治療のことを語ります。また、自らも妊活を経験し、40歳で「授かった」経験を持つ妊活専門栄養管理士・長 有里子先生が、「授かる」ための栄養学&112のレシピを伝授します。森三中 大島美幸さんの夫で妊活経験者の鈴木おさむさん(放送作家)との対談も必見!鮭は皮も食べたほうがいい、などコラムも勉強になりました。

     

    『卵子の老化に負けない「妊活体質」に変わる栄養セラピー』(青春出版社)

    予約のとれないクリニック「古賀文敏ウイメンズクリニック」院長と、500人以上を妊娠に導いた栄養カウンセラーが強力タッグ! 栄養医学に基づく「栄養セラピー」で妊娠体質をつくる食べ物、食べ方をわかりやすくガイドしてくれます。卵子の老化を防ぐ栄養素や、葉酸の効率のいい摂取の仕方、卵子の老化を防ぐ糖質制限など、みんなが知りたい情報を盛り込んだ決定版です。食生活における自分の思い込みや間違いに気づくことができました。

    妊活エクササイズ

    『妊娠力をあげる! ウミヨガ』(主婦の友社)

    生徒さんの妊娠率は驚きの100%という奇跡のヨガメソッド「ウミヨガ」考案者は、これまで40年にわたり5000人以上を指導&体質改善を行ってきた関西のカリスマトレーナー木下由梨先生です。「産むための体づくり」という視点から、女性の体にあったオリジナルプログラムを作り上げ、ヨガ初心者にもわかりやすい基本的なポーズだけに限定して紹介。ゆったりとした呼吸で心も体もリラックスすることで、ホルモンバランスが整い、妊娠力がアップします。ポーズのポイントをわかりやすくレクチャーしてくれるDVD(65)つき!仕事と通院の両立がたいへんでしたが、このヨガは自宅でDVDを見ながらできるのでよかった。

    『赤ちゃんができる!ファータイル・ストレッチDVDブック』(マキノ出版)

    専門病院でも導入し3人に2人が妊娠に成功しているストレッチを動画でわかりやすく紹介。体をゆるめて骨盤内の血流を促し、子宮と卵巣を活性化すれば、妊娠しやすい体に・・・。カップルで行うペア・マッサージ、専門医による不妊治療の最新情報から子宝に恵まれた体験者のレポートまでを網羅した一冊。クチコミには「妊娠しました!」の声が多数。森本義晴院長(HORACグランフロント大阪クリニック院長)監修。運動が苦手な私でもできた! 

     

    『妊娠力をアップする!子宝ストレッチ』(世界文化社)

    1976年創業、高い妊娠実績を残す東京身体療法研究所(現東京ボディセラピストサロン)の山田光敏先生の著書。妊娠力アップのための日常生活改善の方法や、治療院で行われている「子宝ストレッチ」を自分でもかんたんにできるように、やさしく解説しています。腹部のリンパや血流の流れをよくし、自律神経バランス、ホルモンバランスを改善することで、卵子の育成や着床を促してくれるはず!家事や仕事の合間にできるストレッチが多かった。

     

    48手ヨガ 江戸遊女に学ぶ女性ホルモンと体力活性法(駒草出版)

    季刊誌「赤ちゃんが欲しい」夏号でも特集が組まれ、話題となった手ヨガ。女性ホルモンの分泌を促すエクササイズDVD『ジョホレッチ』の開発者である鈴木まりさんが、さらなるホルモン分泌を加えられるエクササイズはないものか……と探求の末に行き着いたのが、この「48手ヨガ」です。著者自身約半年で女性ホルモンであるエストロゲン値が55194.9(4)になった上、妊活中だった方が何名か妊娠出産するなど、大きな反響を呼んでいます。48手ヨガはベッドや布団の上で「寝ながらできる」ケアが中心なので、「運動が苦手」「体力に自信がない」という方でもOK。それぞれ1回につき612分ほどのエクササイズで、忙しい方やピンポイントで効果を得たい方にもオススメです。半信半疑で取り寄せましたが、寝転びながらできるのがよかった。

     

    『5秒 ひざ裏のばしですべて解決壁ドン!壁ピタ!ストレッチ』(主婦の友社)

    シリーズ累計47万部突破! 著者・川村明先生が201812月「金スマ」に出演して大反響! ひざ裏をのばす「壁ドン!」、正しくたつ「壁ピタ!」、そして簡単ストレッチ、この3つだけで、血流、呼吸、若返り、肥満、美肌、肩・腰、腸、あきらめていた人に奇跡が起こります。20代から80代シニアまで「ひざ裏のばし」で人生が変わった人たちが登場します。妊活ターゲットの本ではないけれど、血流をよくして、体調を整えることで、妊娠しやすい体をめざして・・・。母といっしょに壁ドン!していました。おばあちゃんになっても続けられそう。

    信頼ドクターのメソッド&スピリット

    『新版KLCメソッドで始める不妊治療』(主婦の友社)

    東京都新宿区にある加藤レディスクリニック(略称KLC)は、日本トップの治療実施件数を誇ります。不妊に悩む日本中のカップルの間に約5万人の赤ちゃんを誕生させた、加藤先生ならではの治療の考え方が1冊にギュッと詰まっています。KLCの治療方法「自然周期治療(KLCメソッド)」は、排卵誘発剤の使用をかぎりなく減らし、排卵される1個の卵を大事にするものです。赤ちゃんをはぐくむ体である母体を大切に治療が進められます。これから治療を始める方、そして治療の悩みや疑問のある方、そんなすべての方の答えがこの本で見つかりますように。チャートや図解がわかりやすく、意外にも夫が読み込んでいました。採卵や移植前後、夫がいたわってくれた♡

    『ポジティブ妊活7つのルール』(主婦の友社)

    「まさか、私が不妊治療!?」 不妊治療を専門とする女医 田口早桐先生が、自ら不妊治療をすることに……。体外受精により二児の母となった作者の実感が満載です。妊活を始めるときの心がまえ、なかなか結果が出ないときの対処法、くじけそうなときの気持ちの支え方など、妊活をポジティブに乗り切るために必ず知っておきたいポイントを「7つのルール」で語ります。後半の「不妊治療専門医のリアル妊活物語」では自身の経験を赤裸々に語り、医学的な最新情報も解説します。宝くじは買わないと当たらない、不妊治療も同じという言葉に目ウロコ。ステップアップして授かるきっかけになった。

    『不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる妊娠への近道(講談社)

    高い実績を誇る浅田レディースクリニックの浅田義正院長と、妊娠や不妊に関するジャーナリスト河合蘭さんの共著。「検査で異常なし=すぐ妊娠できる」は間違い、もっとも妊娠しやすいのは「排卵日2日前」、胚を凍結したほうが妊娠率があがる、治療施設が公開している高い妊娠率のカラクリなど、見逃せないトピックスがいっぱいです。回り道せず妊娠するためにどうしたらいいか、考えさせられる1冊でした。

    『流産をしない・繰り返さない・着床前スクリーニングQ&A』(はる書房)

    体外受精で受精卵を移植してもなかなか妊娠に繋がらない、流産を繰り返すという悲しい経験をした方にぜひ読んでほしい1冊。流産&不妊の原因や着床前スクリーニングについて、Q&A方式で書かれています。着床前スクリーニングとは、妊娠前に受精卵に染色体や遺伝子の異常がないか調べるもの。この本は、着床前スクリーニングを早い段階から推奨し、実績をあげている神戸ARTレディースクリニックの大谷徹郎先生の著書です。いわゆる体外受精の説明本には書いていない内容が含まれているので、読んでおいて損はありません!ネット検索だと結局よくわからなかったのですが、この本はちゃんと読めました。

     

    『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』(講談社)

    自分の体にについてよく知らない女性が多いことに衝撃を受けた産婦人科医 船曳美也子先生が、「女のカラダ」の知っておくべき知識を紹介します。生理はなぜ起こるのか? 出産の適齢期とは? 基礎体温の正しいよみ方を知っていますか? 女性は産む性なのか? 基礎知識から最新医療まであなたらしく生きるための「性」のお話をたっぷりと。自分の体なのに知らなかったことが多くて。手遅れにならないうちに読んでよかった。

    30代までに絶対に知っておきたい卵子の話』WAVE出版)

    知っているようで意外と知らない、だけど1日でも早く知っておいた方がいい、卵子の老化とケアのお話です。体内環境が周囲の影響を最もうけやすいのは排卵90日前からとの見解から、より妊娠しやすい体をつくるための「90日間」の過ごし方を提案しています。北海道唯一の女性医師による不妊治療専門クリニック「美加レディースクリニック」の金谷美加院長が執筆。よしやってみよう!と思えた90日プログラム。実際に通ってみたいドクターです。

    メンズ妊活

    『やさしく正しい妊活大事典』(プレジデント社)

    ツイッターで14万人が共感した話題の本。不妊治療において男性に原因があるケースは約48%にものぼります。この現実をおさえた上で、男性も理解しておくべき妊娠のメカニズムから、体外受精、パートナーのメンタルケア、不妊治療にかかるお金の話までを一挙に。主人公のサラリーマン「せいじ」と産婦人科専門医「きょうこ先生」の対話を通して気軽に学べます。男性も購入しやすいビジュアルが◎ 夫が読んでくれて、後輩男子にもすすめていました笑

     

    『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』(光文社文庫)

    松重豊さん初主演で映画化された注目の作品。冒険的人生を送ってきた作家・45歳ヒキタクニオさんが、子どもを作る決心をしたことから物語は始まります。タイミング法を取り入れたものの、一年あまり結果が出ず、検査を受けると、自分の精子の運動率が悪いと診断され。そこから長い長い「懐妊トレーニング」の日々へ・・・。男性目線から見た不妊治療を綴った。ご懐妊までの約5年のドキュメント。ぜひダンナさまに読んでほしい!実話ということで、夫も興味深かったみたい。

    『男を維持する「精子力」』(ブックマン社)

    男性不妊はめずらしいことじゃない! ダンナさまにそう気づいてもらえる本です。男性不妊の第一人者 獨協医科大学埼玉医療センタ病院長ー(泌尿器科主任教授)である岡田弘先生は30年にわたり男性不妊患者の治療にあたり、日本で最も多くのMD-TESE手術(顕微鏡下精巣精子歳出術)を手掛けています。ネット上であふれる誤解を減らし、正しい知識と最新情報を得てもらうための1冊。男性不妊専門医がいる全国の病院リストも掲載!わがやはまさかの男性不妊でしたが、いまでは夫もパパに!

     

    『妊活カップルのためのオトコ学』(メディカルトリビューン)

    男性不妊、精子老化、射精障害といったオトコの性やホルモンに関する問題を、男性不妊専門医が面白まじめに解説しています。自らも妊活経験者であるライターとの対談では、きわどくも真剣なトークが繰り広げられます。オトコは心も体も想像以上にデリケート。もしかして男性不妊かも・・・と思った妊活中のカップルはもちろん、女性がオトコ心を理解するためにこっそり読むのもおすすめです。イラストのタッチが好みで、楽しく読めました。

     

    『タネナシ。』(講談社)

    結婚、離婚、再婚・・・そして「おれはタネナシ、無精子症だった。」という告白! ロックミュージシャンであるダイヤモンドユカイさんが、念願のベビーを抱くまでの波瀾に満ち溢れた日々が、なんとも軽妙な語り口で語られます。よくぞここまで!という赤裸々な語りっぷりに頭が下がるばかりです。紳士でありつつ、プライドを感じさせないダイヤモンドユカイさんの人柄がにじみ出た本です。無精子症のセンパイがいてくれてよかった!

    まだある! あかほし編集部の推し本

    『妊活に疲れたら、開く本』(主婦の友社)

    妊活、こんなに頑張っているのに……。妊活をしていることを家族や友人、職場で打ち明けることができず、孤独・・・。そんな気持ちになったとき、ふと立ち止まって心を落ち着かせてこの本を読んでみましょう。生殖心理カウンセラーの第一人者である作者からのメッセージが心に染み入ります。妻目線、夫目線、医者目線、いろいろな目線で書かれているので、妊活している家族にもわかりやすい1冊。読んでいるうちに涙が出てきた・・・という口コミも。友だちの妊娠報告で心がざわついたときなど、読んでいました。

     

    『きれいにやせて、授かる りんどう式妊活メソッド』(主婦の友社)

    福岡のカリスマ漢方・整体サロン「りんどう」の奇跡的な妊活メソッドを初公開。今まで3万人の女性の体を治療し、自身も3年間妊娠しないことに悩んだ経験を持つ著者 花森淑子先生。妊娠しづらいのは、ゆがんだ骨盤とぽっこりお腹であることに注目し、カップルの「妊娠する力」を最大化させるヒントと、読めば元気がわく熱いメッセージが語られています。先生のエレガントさにも魅かれて。骨盤がととのったせいか、産後も体調がいいです。

    本から妊活の知識やパワーをチャージしましょう!

    編集部オススメの30冊をご紹介しましたが、気になる本はありましたか? 妊活本を読んで妊娠に向けての正しい知識やパワーを吸収し、ベビ待ちライフを充実させたいですね。

     

    あわせて読みたい記事はこちら

    【男の妊活】男性の検査や治療について知りたい!映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』公開間近!

    妊活のベストシーズン到来! 驚異の妊娠率を誇るウミヨガで授かるべし

    ダイアモンド☆ユカイ「時間を無駄にしないために、まずは精液検査を受けようよ」

    サバ缶・電子レンジ利用で妊娠率UP!【妊活専門管理栄養士監修レシピ】

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE