体験談

    【妊活ブログ】体験が読みたい!おすすめ20選

    公開日:2019.10.12 / 最終更新日:2020.10.19

    【妊活ブログ】体験が読みたい!おすすめ20選

    スポンサーリンク

    妊活をしている人たちが綴ったブログの中でも、特に読んでみて欲しいブログを編集部があかほし読者さんの声をもとにピックアップ! デリケートな内容なので情報収集がしづらい不妊治療ジャンルですが、ブログならスマホやパソコンで気軽に読めていいですよね。実際に体験している人の生の声に勇気づけられます。ぜひご一読あれ。

    妊活ブログの探し方、読み方

    1 明るく楽しく共感できる内容を選んで

    ブログの良さは、今日あったホヤホヤの出来事が、正直にストレートに書かれていることです。ドラマや理想のようなきれいごとではなく、妊活真っ最中の仲間や先輩の声を読むことができるのは本当に貴重です。まずは、マンガや絵文字満載で、明るくて気軽に読めるものを探しましょう。

    2 年齢や治療歴が似ている人を探す

    ブログをいくつか読んでみたら、次はフォロするブログを探してみてはどうでしょう? 不妊治療において年齢は重要なファクターですから、まずはそのブロガーと年齢が近いこと。さらに、通っている病院や治療歴が似ていると、より充実した情報が得られやすいですね。ただし症状はケースにより異なるので自己判断せず、自分の治療法を選択するときは主治医の判断を仰ぐようにしましょう。

    3 実際に妊娠した人のブログを読んでみる

    実際に妊娠した方の妊娠へのプロセスはとっても勉強になります。数値を自分と比較することで安心したり、勇気や励みにもなります! とはいえ、妊娠報告の記事は見るのもつらいという方は無理しないで・・・・。

    4 ときには妊活をやめた人のブログも

    妊活が長くなってくると、治療の卒業のタイミングを考えるときってありますよね。どんなふうに夫婦で話し合ったのか、どんなふうに前向きに気持ちをシフトしたのか、夫婦2人の生活は?などなど、夫婦で読んでみたいブログが多数あります。

    それでは愛読者のコメントとともに、紹介していきましょう。

    アラフォー妊活ブログ

    妊活ブログの中でも特に数多く発信されているのは「アラフォー」というハッシュタグ。不妊治療における年齢的なリミットを感じつつ、その中での悩みや苦悩が、それぞれのブロガー目線でつづられています。数ある中から選りすぐりのブログを紹介します。

    ぽころぐ

    35歳、夫37歳、転院先のナチュラルアートクリニック日本橋で2018年4月に第一子を妊娠するまでの3年半がまとまっている。子宮筋腫の腹腔鏡手術、精子形態異常発覚、9週での流産、高額な漢方・鍼灸治療など。体外受精の採卵や移植についてもかなり詳しく書いてあり、ホルモン値推移のグラフや、先生との会話、所要時間、経費まで・・・参考になること間違いナシ。個人的な情報だけでなく、不妊をとりまく最新の情報もまとまっていてありがたい。

     

    ●梅36才の妊活絵日記

    スポンサーリンク

    専業主婦の妻と、肉体労働をしている夫が、夫婦で取り組む妊活ブログ。2015年のクリニックデビューから現在の体外受精まで、自虐ありのおもしろイラストを交えながら、ポジティブで楽し気に書かれていて、妊活初心者でも読みやすい。妊活時に使えるオリジナルのLINEスタンプも制作。治療のつらいシーンも、マンガでおかしく描かれているから、思わず笑ってしまう。

     

    こあらーじのブログ

    現在38才の妻が書くブログ。旦那さんの睾丸癌をきっかけに体外受精をし始め、約6年間、妊活を続けている。妊活をしているもののセックスレスで、義母とのケンカをきっかけに精神病院に通う。体外受精をしていて感じる体や心の変化がわかりやすい。義母やダンナに対するうっぷんがあけすけに書かれていて、腹が立ってるのは私だけじゃないんだと思える!

     

    ゆずのゆるゆる不妊治療日記

    結婚6年目にして「子どもが欲しい」と思い、クリニックで検査。その結果、数値が軒並み悪く、不妊治療のタイムリミットを1年と医師に宣告される。そのタイムリミットまでの間を期限として頑張ることにした仲良し夫婦の妊活ストーリー。はじめての病院、はじめての検査など、初心者ならではのドキドキ感が伝わってくる。「二人でも十分しあわせ」とさらりと言う、ダンナ様の言葉が染みた・・・。

     

    アラフォー不妊治療と日々の幸せ

    精子の数値があまりよくない医師の夫、高プロラクチンの専業主婦の妻。自分で作る食事や外食の記録も見もの。まわりの妊娠・出産を喜べなくなる等の特徴を持つ俗語不妊様に、自分がなっているんじゃないかなど、素直で率直な気持ちに思わず共鳴。2回の流産を経験。採卵してすぐには移植せず、二回連続で採卵をして受精卵を多く凍結したと書いてあったので、そういう方法もありだなと思った。

     

    ●30代後半 ムク子の不妊治療ブログ

    結婚後に一度自然妊娠するも子宮外妊娠で、左卵管切除手術。検査結果の数値のことなどを細かく記録してあり、妊活中の人は自分と照らし合わせて参考にしやすい。助成金についても記述。7回目の体外受精の移植を失敗し、現在はブログをしばしお休み中。フルタイムで働き、夫の家族と同居、私と境遇が似ていて、いつもブログチェックしている。

     

    ●unknownな人生

    36歳で結婚して現在40才。タイミング10回以上、人工授精2回を経て、2017年に初めての体外受精。そのクリニックでなかなか妊娠することができず、今年の春からリプロダクションクリニック東京に転院を決意。妊活中の食事や、夫との関係性など、みんなが感じるプチトラブルについても記述し、思わず「わかる、わかる」と言いたくなる。整体や鍼灸など、妊娠に効果があると言われるものもお試し中。いつも前向きなコメントに励まされます。

     

    ●40代妊活☆幸せのかたち

    10才年下の夫との妊活をつづったブログ。タイミング法、人工授精を経て、40歳の今年、体外受精とステップアップしている。体外受精にチャレンジしたときに自身の仕事を退職。基礎体温のことや、妊活にかかるお金のこと、通っているクリニックの医師とのやりとりなどをわかりやすく書いている。検査結果が写メで載せてあったりするので、自分のものと比較しやすい。

     

    働きマン39歳*妊活と食事改善と

    フルタイムでバリバリ働くことと妊活を並行する生活を書いたブログ。このブログ、実は旦那さんへの長編レターとしてスタート。妊活にいいとされている食事を、筆者なりに無理せず取り入れている方法や、運動嫌いでも続けられる運動など、参考になる情報も満載。このブログを旦那さんがどのように発見することになるかも見どころのうち。小麦粉を減らすためにおからケーキで代用したり、妊活ごはんの実例がたくさんあっていつも参考に。

     

    アラフォー会社員の妊活記

    43歳のフルタイム会社員が、赤ちゃんを授かりたいと奮闘する2017年から始まった備忘録。潜在性甲状腺機能低下症・流産・不育症を乗り越えて、体外受精に挑戦し、見事に妊娠!現在は20週を超え、身体の様子や心境などを記している。妊娠後の話や検査薬の結果写真などは、「見たくない人は戻ってくださいね」と必ず書いてあり、妊活中の人への配慮があってすごくやさしい。

     

    病気や障害を抱えながらの妊活ブログ

    スポンサーリンク

    あかほしLINE