体験談

    意外!実親にはナイショ派も。不妊治療のこと、親や職場に話してる?【妊活アンケート#06】

    公開日:2019.11.07 / 最終更新日:2019.11.11

    意外!実親にはナイショ派も。不妊治療のこと、親や職場に話してる?【妊活アンケート#06】

    スポンサーリンク

    みんなの本音が知りたい! 今回のお題は・・・

    妊活のことを周りに話していますか?

    不妊治療をしていることをカミングアウトしてる? 自分の親、義理の親、友達、職場など、誰に話した?誰に話さなかった? 本当のところどうなのか知りたい! というわけで【赤ちゃんが欲しい】メルマガご愛読者さまにYesNoアンケートに答えてもらいました。最新結果を発表します!

    妊活が珍しいことではなくなった今、周りの人に話している人が多いという結果に。誰か1人にでも話している場合はYESに集計しているので、丁寧に回答を読み込むと、職場には話したが、親友には話せなかったなど、複雑な状況や気持ちが読み取れます。職場に話しておくと休みやすいなどのメリットもあるため、話している人も多いようですね。

    妊活のことを周囲に話している理由、話していない理由を教えて!

    やーやんさんANSER

    「みんなデキ婚もしくは、結婚後すぐ妊娠したから、なかなか授からない人の気持ちはわからないだろうから」

    おしゃかなさんANSER

    「妊活していることを隠すつもりは全くないので話しています。体調が悪い時や通院時間などに理解を得られることがメリットです。」

    みかんちゃんさんANSER

    「義両親には言えていない・・・。」

    あゆさんANSER

    スポンサーリンク

    「なんで子供を作らないの?と思われたくないので。通院先が遠いので家族の協力も必要なので。」

    むぎさんANSER

    「特に隠すことでもないし、恥ずかしいことではないのでオープンにしている。」

    ほかにもこんな意見が

    YES派の意見

    両親&親戚の場合

    両実家のみに話してます。 義理実家には通院のみの話で、詳細は話していません。

    婦人科系疾患があったため、私の実家にはその頃から話しています。

    義両親には話していなかったけれど子供の話題などプレッシャーがすごかったので体外受精をしているのでそっとしておいて欲しいと話した。

    実の母親は不妊治療に理解が無いのであまり話していない。

    職場&友達の場合

    詳細は話していないが、役割的に管理職のため直近の社員には伝えている。

    会社にも伝えて午前休がもらいやすいです。

    隠すことでもないので普通に話しています。そのおかげで、仕事ではたくさん配慮していただけています。

    自分が妊活しているという話をすると以外と周りにも妊活している人や、お子さんがいる方でも妊活で授かったよと言う人が多くびっくりしました!アドバイスを貰ったりして頑張っています。

    職場も休む場合は代わりの人を探す必要があったりと、少し面倒なので上司にだけは伝えてありますが詳しくは話していません

    勤務変更が生じる場合があるので、上司や同期には話をしています。

    通院で職場を抜けることがあるので、ある程度話しています

    話していた方が動きやすい。女性の職場なのでいざ妊娠したときも ずっと望んでいたもんねという空気になるから。

    排卵期から生理予定日までは飲みの予定を入れないため、仲の良い友達には話しています。職場には、仕事でクリニックに通えないなどが今のところないため、特に話してはいませんが、必要になれば話そうと思っています。

    本当は話したくない。仕事を急に休む為、話すしかない状態

    NO派の意見

    噂されたり、偏見の目が嫌かな。できなくてかわいそうなのは確かなのだけど。

    今はまだタイミング法なのであまり仕事を急に休む必要がないからです。ステップアップするときには、上司には話をしようと思っています。

    結婚して2年ですが、親からは「孫はまだか」と問われることもなく、自分達の力で何とかできる所まで頑張って、助けて欲しい時に話したいと思ってまいす。

    農家に嫁ぎ、周りからは男の子じゃないと!とか、いつできるんだとか、ホルモン剤で太ってきたら、お腹触られたりが嫌で積極的には言わなかったが、特に隠してもいなかった。

    仕事柄、妊活していることを話すと周りに気を使わせてしまうので。

    駐在で海外在住中。日本人が少ないため噂があっという間に広がり、会ったことない人が自分の事を知っていたりして、あることないこと言われるのが嫌だから。

    赤ちゃんが欲しい(あかほし)編集部より

    義理の父母には話していない・・・というのはよく聞く話ですが、実父母に話していないという意見もあり、少し驚きました。実の家族だからこそ、「心配をかけたくなくて」、「なんとなく改めてそういう話をしない」という事情もあるのでしょう。普通の友達には話せるけれど、妊娠した友達には話していないという意見も。同世代ならではの、気をつかいたくない、気をつかわれたくないという気持ちがあるのだと思います。

     一方、職場の上司には話している人が多かったのは本当にのぞましいことですね。実際に話してみたら、先輩にも不妊治療経験者がたくさんいて、体験談を聞けた、情報をもらえた、などよい効果があることも多いようです。社会全体の不妊治療への理解がすすむことで通院しやすくなったり、治療の悩みを聞いてもらう、つらさを分かち合うことで、少しでもストレスが癒されたりするといいですね。

    あなたもYesNoアンケートに参加しませんか?

    メルマガ登録はこちら

    現在募集中のYESNOアンケートはこちらから

    あわせて読みたい記事はこちら

    構成/松本夏菜 文/伊藤絵里子

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE