体験談

    排卵誘発がうまくいかない!不妊治療専門クリニックに転院すべき?

    公開日:2020.01.03 / 最終更新日:2020.09.09

    排卵誘発がうまくいかない!不妊治療専門クリニックに転院すべき?

    スポンサーリンク

    妊活メディアあかほし会員のみなさまからいただいたお悩みの中から毎回1つを選び、ご相談内容と不妊ピア・カウンセラーによるアドバイスを掲載しています。親しい仲でもなかなか相談しにくい、不妊治療についてのお悩み。先が見えない不安に押しつぶされてしまいそう。同じような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

    そんなお悩みにNPO法人Fine公認 不妊ピア・カウンセラーさんが答えてくれました。今回は不妊治療専門クリニックへの転院を考えている方からのご相談です。アドバイスを読んで、参考にしてみてください。

    排卵誘発剤を使っても排卵しない。不妊治療専門クリニックへ転院すべきか悩みます。

    ご相談内容ご相談者:夏奈 様

    現在未婚の時から通っていた女性クリニックで不妊治療中ですが、排卵誘発剤を使っても排卵しなくて・・・スタート地点にも立てていない気がしています。
    不妊治療専門の病院に行った方がいいのか、そういう場合どのタイミングで次の病院にいったらいいのでしょうか!?

    アドバイス

    夏奈 様

    NPO法人Fine公認 不妊ピア・カウンセラーの辻英美です。私は4年間不妊治療を受けた後、夫婦二人の生活を選択をしました。現在は鍼灸師の夫とともに、子どもを望んでいる方のこころと身体のサポートをしています。

    夏奈様は、通院しているクリニックの治療では排卵しないので、スタート地点にも立てていないと感じているのですね。
    子どもが欲しいと思ったら、一日でも早く授かりたいと願うことは自然な気持ちです。
    同年代の人たちが次々と妊娠したり、周囲の子どもを授かることへの期待が大きかったりすると、思うように治療が進まないと感じてあせってしまうこともあると思います。
    私も、不妊治療を始めたらすぐに妊娠できると思っていたので、なかなか妊娠できなかったときは、本当につらいと感じていました。

    それぞれの病院のメリット・デメリットを書き出してみる

    そして、夏奈様は、不妊治療専門の病院へ行ったほうがいいのかと考え始めているのですね。
    転院するかしないかを決めるために、それぞれのメリットとデメリットを書き出してみるという方法があります。
    未婚の頃から通っていたクリニックでしたら、夏奈様にとって、通院しやすさもあるのではないかと思います。現在、通院しているクリニックの信頼できるドクターやスタッフに、今後の治療方針について質問してみてはいかがでしょうか。
    そこで、夏奈様が納得できる治療を提示してもらえるかどうかも、転院について考えるための重要なポイントになります。

    転院クリニック候補の比較検討しよりよい選択を

    さらに、転院する不妊治療専門の施設を選ぶために、施設の立地場所や診療時間、どのような治療が受けられるのかなど、夏奈様の生活習慣や希望と照らし合わせて比較検討してみます。
    そのようにして、転院したい施設の候補が決まったら、今のクリニックで不妊治療を続ける場合と転院する場合のメリットとデメリットについて書き出してみましょう。

    そして、両者を比較してみて、夏奈様にとってはどちらがいいのかを考えてみてください。
    そのようにして夏奈様が選んだ答えは、夏奈様にとっては最良の選択になるはずです。そしてそれは、いつでも変更できるものです。
    転院のタイミングについては、それぞれの施設によって異なります。たとえば、初診はいつでもいい施設もあるし、施設から受診の時期を指定されることもあります。また、受診前に説明会への参加が必須の施設もあるので、転院先の施設に確認することをおすすめします。

    スポンサーリンク

    あなたも妊活・不妊治療中のモヤモヤ・イライラを不妊経験があるカウンセラーに相談してみましょう。

    Fine公認ピア・カウンセラーによる電話相談 

    協力/NPO法人Fine

    スポンサーリンク

    あかほしLINE