体験談

    【妊活・不妊治療お悩み】知人の話、SNS、ネット…。どの情報を信じていいのか分かりません。

    公開日:2020.08.16 / 最終更新日:2020.09.10

    【妊活・不妊治療お悩み】知人の話、SNS、ネット…。どの情報を信じていいのか分かりません。

    スポンサーリンク

    パートナー、両親、友人など親しい仲の人でも話しづらい、妊活や不妊治療についてのお悩みや不安。妊活仲間に相談したくても話していいのか分からないかたも多いのでは?

    妊活メディアあかほし会員のみなさまから寄せられるお悩み。そんな悩みに不妊ピア・カウンセラーがアドバイスしてくれました。似たようなかたのお悩みがあるかもしれません。ご自身の治療や妊活ライフの参考にしてみてくださいね。

    <妊活・不妊治療>何を信じて、何から始めればいいの?

    ご相談者:みっこ 様

    結婚がわりと遅いほうだったので、年齢的にも余裕がなく、妊活に取り組もうと思っています。

    人に話を聞いたりネットで調べたりしているのですが、意見がばらばらで、どの情報が合っているのか分かりません。
    そんなに深く考えなくても大丈夫だよという人もいれば、すぐに病院で検査した方がいいよという人もいます。

    ネットの情報はさらに多すぎて、いいこと・悪いことをどう判断してよいのか分かりません。

    こうすれば妊娠できる!というような方法はないということは分かるのですが、サプリやグッズなどもできれば効果のありそうなものを選びたいと思い、何から始めていいのか分かりません。

    まずは、ふたりで一緒に考えて

    みっこ 様

    はじめまして。NPO法人Fine公認不妊ピア・カウンセラーの寺島かおるです。
    30代半ばに不妊治療を5年間続けましたが、その後、治療生活にピリオドを打ち、現在は夫婦二人で暮らしています。
    タイミング、人工授精、そして体外受精へとステップアップの経験があります。

    みっこ様は、ご結婚されて、年齢的にもこれから妊活に取り組もうとお考えなのですね。
    文面から察すると、現在はご夫婦で自然に授かることを待っていらっしゃる状況でしょうか。それと同時にもう一歩先の不妊治療も検討されているところでしょうか。
    もしも一年くらい普通に夫婦生活を持っていても、妊娠しないということでしたら、やはり一度ご夫婦ともに検査を受けてみても良いかと思います。

    子供が授かりにくいご夫婦には、年齢からくる諸々の問題のほかに、女性にも男性にも妊娠しにくい原因がある可能性は十分考えられます。
    ひとまず検査を受けて、原因があっても特になくても、今後子供を授かるために、どのようにやっていくかをお二人で一緒に考えればよいのではないでしょうか。

    スポンサーリンク

    集めた情報をご自身でしっかり確認することが大切です

    集めた情報をご自身でしっかり確認することが大切です

    情報に関してですが、確かに、個人の経験をもとにお話される他人の意見は様々だと思います。またインターネットは、情報があふれていて、どれが自分に合っていて、必要な情報なのかを判断すること自体が難しいかと思います。

    でも、具体的に婦人科や不妊クリニックのことを知りたいなどの、目的に合った情報を集めることは大切ですから、もしも気になる病院に通われている方から話を聞いたりする機会があれば、参考までに病院のことを教えてもらうのは良いかもしれません。

    そして情報が色々集まったら、今度はご自分でしっかり確かめることも大切です。
    例えば病院、クリニックには電話やメールをしてコンタクトをとってみて、受付の対応はどうか?初診はすぐ受けられるのか?予約システムはどうなっているか?などご自分である程度調べることで、通院をした際のイメージもしやすくなるでしょう。

    また、病院、クリニックからのデータに関しては、妊娠率だけでなく出産率も重要です。

    民間療法もいろいろありますね。鍼やお灸、漢方、サプリなど…費用もそれなりにかかるものですから、快適に受けられて、ご自身がその効果を信じられるものから取り入れてみるとよいでしょう。
    これからのことを考えると漠然と不安になることも多いかと思いますが、まずは、ご夫婦で話をして、検査を受けるかどうか、検査の結果によっては不妊治療を受けるかどうかなど相談してみてはいかがでしょうか。

    >>実際に体験!あかほし妊活カレッジ

    <関連リンク>

    スポンサーリンク

    あかほしLINE