体験談

    釈由美子さん。排卵誘発剤で37歳妊活スタート。あの持病を乗り越え妊娠するまで

    公開日:2020.01.02 / 最終更新日:2021.02.11

    釈由美子さん。排卵誘発剤で37歳妊活スタート。あの持病を乗り越え妊娠するまで

    スポンサーリンク

    25歳で多嚢胞性卵巣症候群と診断され病気と向き合いながらも、長年に渡り「私ってママになれるの?」とモヤモヤを抱えつづけてきたという釈由美子さん。38歳で長男を出産されるまでの通院ストーリーや現在の思いを伺いました。

    釈由美子さんの 妊活 history

    25歳 生理不順でかかった婦人科で多嚢胞性卵巣症候群と診断
    症状の進行をおさえるためのピルを飲み始める
    34歳 婦人科の再診で多嚢胞性卵巣症候群の悪化が判明
        将来、子どもを授かるのはむずかしいと告げられる
    37歳 ご主人と出会い、プロポーズ後に妊活スタート
        排卵誘発剤を使ったタイミング法にトライ
    10月に入籍。翌1月にブログで妊娠発表
    38歳 6月に第1子となる男の子を出産。念願のママに

    25歳 多嚢胞性卵巣症候群と診断「将来子どもを授かるのはむずかしいかも」

    はじめて婦人科の門をくぐったのは25歳のとき。当時はずっとダイエットをしていたこともあってなかなか生理がこなくなり、妹もお世話になっている女医さんを訪ねました。   
    そこで「多嚢胞性卵巣症候群」と診断されてビックリ。聞いたこともない名前でした。主治医から卵巣を休ませて、症状の進行を止めるためにピルを飲むことをすすめられました。当時は結婚の予定もなく、いつかは子どもが欲しいと思っていましたが、いざ妊娠を考えたときにピルの服用をやめると、排卵しやすくなるということでした。
    それから何年もピルを飲み続けましたが、30歳を超えたころ、あまりにも長い間ピルを飲んでいることに抵抗を感じ、自己判断で服用をやめてしまいました。生理もきちんときているし、自分では治ったつもりでいたのです。


    しかし34歳のとき再検査をしてみると、排卵していないことがわかり、多嚢胞性卵巣症候群も症状が進んでしまっているとのことでした。主治医から「この分だと残念ながら、将来子どもを授かる確率は低いです」と診断され、とてもショックを受けました。
    30代も後半になり、闘病中だった父から「早く孫の顔が見たい」と言われたりして、結婚や出産を現実的に考え始めたころ、友人の紹介で主人に出会いました。年齢的に結婚を前提としないおつきあいは考えられなかったため、すぐにプロポーズされてうれしかったのですが、ひとつ気になっていたのが子どものこと。
    彼やご家族に対して、結婚後に「実は子どもができないかもしれない」と告げるのはルール違反だと思い、私なりの誠意として、多嚢胞性卵巣症候群であること、妊活は時間がかかるであろうことを伝えました。彼は「すぐに子どもができたらラッキーだけど、長い道のりでもかまわないし、もしこの先授からなくても、由美と一緒ならいい」と。その言葉を聞いてこの人と結婚しようと決めました。

    37歳 排卵誘発剤を飲みながら、妊活をスタートしました

    スポンサーリンク

    あかほしLINE