不妊治療

    体外受精ってどんな治療?治療の流れを正しく知ってトライしたい!【体外受精のキホン】

    公開日:2020.05.17 / 最終更新日:2020.10.21

    体外受精ってどんな治療?治療の流れを正しく知ってトライしたい!【体外受精のキホン】

    スポンサーリンク

    妊娠の可能性を広げる治療法「体外受精」。生殖補助技術(ART)と呼ばれる最先端の医療です。排卵誘発や採卵、移植などのプロセスが多く、通院回数もふえる体外受精について、正しい知識を持ち、治療について理解することが重要です。

    体外受精の仕組み

    体外受精は、卵子と精子をそれぞれ取り出して人工的に受精させ、育った受精卵を体内に戻す方法です。

    排卵日にいきなり行えるものではなく、できるだけ質のよい卵子を取り出すために、注射や薬で卵巣を刺激して、卵子を卵巣内でしっかりと成熟させます。出典:『妊活 治療と生活アドバイス

    体外受精の手順をチェック

    体外受精の手順をチェック

    STEP1➡︎いよいよ開始!夫婦ともに検査

    さまざまな検査&準備をして、治療に備える

    女性は感染症やの有無、各種ホルモンの値などを調べます。その結果から、採卵の前に行う卵巣刺激法をチョイス。

    また、ピルを服用して卵巣を休ませたり、周期に合わせて卵胞ホルモンや黄体ホルモンを投与することも。男性も感染症や精子の奇形率などを調べます。

    STEP2➡︎約2週間かけて卵巣を刺激

    体の状態をこまかくみて刺激法を決める

    排卵誘発剤を使って卵巣を刺激し、複数の卵子を育てます。同じ人でも、体の状況によってベストな排卵誘発法が異なるので、超音波検査やホルモン値をはかりながら、どの薬をどれぐらい使うかを決めていきます。

    採卵前に排卵しないよう、排卵を抑える薬を使うこともあります。

    さまざまな卵巣刺激法

    さまざまな卵巣刺激法

    卵巣刺激にはさまざまな方法があります。高刺激は卵がたくさんとれますが、卵巣への負担が大きく副作用が出る心配が。

    スポンサーリンク

    低刺激は副作用は少ないものの、とれる卵子の数が少なくなります。

    STEP3➡︎卵子が成熟したらhCG注射を投与

    採卵する前に薬を使う

    約2週間かけて卵胞が十分に成熟したら、採卵日が決まります。採卵の前々日の夜に排卵を促すhCGという注射を打つか、あるいはGnRHアゴニストを鼻腔にスプレーします。

    それから36時間後が排卵の目安なので、直前に成熟した卵子を採卵します。

    STEP4➡︎いよいよ本番!妻は採卵 、夫は採精

    妻は手術室(採卵室)へ、夫は採精室へ

    妻は手術着に着がえ、採卵に臨みます。麻酔はする場合としない場合とがあります。

    医師が経腟超音波で確認しながら、腟から採卵針を使って、卵巣にある卵胞を採卵。

    かかる時間は10分程度で、その後回復室のベッドで休みます。夫は採精室で採精します。

    体外受精ステップ4妻は手術室(採卵室)へ

    採卵は手術室(採卵室)で行われます。採卵後は、回復室(リカバリールーム)でしばらく体を休めます。

    体外受精ステップ4夫は採精室へ

    不妊専門クリニックには、夫用の採精室が完備。プライバシーが守られた個室です。

    STEP5➡︎卵子と精子を合わせる

    スポンサーリンク

    あかほしLINE