study妊活の基礎知識

    もう体外受精しかない?【40代妊活】の最短で授かるベストルートとは

    もう体外受精しかない?【40代妊活】の最短で授かるベストルートとは

    「40代だから体外受精しかない」そう思っている人も多いのでは。でも本当に大事なのは「マイナス要因を減らすこと」。そのために何ができるのか、ドクターに聞きました。

    妊活リアルボイス「私たちも40代で妊活中です」

    「夫の精子の動きが悪く、人工授精から顕微授精へ。今年2回採卵したけれど、卵子と精子ともに質が低下していて凍結できず。7回の顕微授精をへて、今は精神的に疲れ果てています」(41才/妊活歴4年)

    「これまでタイミング法2回、人工授精3回。今は体調をくずしたので治療をお休みして、無理なく自分たちでタイミングをとっています。経済的な負担もあり、ステップアップは迷い中」(41才/妊活歴2年)

    「40才で右卵巣嚢腫にて摘出。不妊治療をすすめられタイミング法、人工授精1回、体外受精2回をしましたが、体調が思わしくなくて今はお休み中。漢方と針を続けています」(44才/妊活歴4年)

    「43才で結婚し、すぐに自然妊娠するも流産。年齢も年齢なので、すぐに治療をスタートしました。タイミング法、人工授精をへて、顕微授精にステップアップ。受精卵を移植するも、なかなか着床しません」(44才/妊活歴2年)

    昔は40代の女性でも、子どもをどんどん産んでいた! 

    「たとえば戦前、46才以上のお母さんから生まれた子が毎年1万5000人から2万人と言われていたのが、現在は何百人程度。今はテレビやネットなどを夜間にやることが多いけれど、昔はすることがなかったから、やっぱり子どもができるチャンスは多かったのでしょう」。

    そう話すのは梅ヶ丘産婦人科院長の辰巳賢一先生。それにしてもこの違いはすごい。昔に比べると女性の妊娠力が落ちているということでしょうか。

    「人数は多くありませんが、今も47才ぐらいでぽっと妊娠する人がいます。人間の力としては、45才以上でもたまにいい卵が出てくることがあり、そこにうまく当たれば妊娠するということです」(辰巳先生)。

    年齢が上がると「体外受精しかない」という考えは早合点

    「昔の45才以上の女性がどんどん産めたのは、一人の女性が多産だったということもあります。生理が来る間もなく、次の子どもが生まれていますから、排卵しないことでよい卵が残っていたのかもしれません。

    それから子宮が元気ということもあります。どんどん出産しているから、立派な血管がいっぱいできるんです。子宮や卵巣の血行がよいということですね。

    いずれにしても、年齢が上がると『体外受精しかない』という考えは早合点。体外受精の合間にタイミング法や人工授精にトライし、チャンスを広げて、よい卵が出てくるのを待つのが40代にはベストです」(辰巳先生)。

    40代で妊娠・出産した有名人

    杉山愛さん【40才】

    コチラに詳しく↓↓↓
    杉山愛の「私の妊活体験記」

    虻川 美穂子(北陽)【40才】

    松嶋尚美さん【40才長男・41才長女】

    はしのえみさん【41才】

    田中美奈子さん【43才】

    なるみさん【43才】

    コチラに詳しく↓↓↓
    43才で妊娠したなるみさんに聞いた「私流♥妊活中の心得」

    水野美紀さん【43才】

    加藤貴子さん【44才】

    ジャガー横田さん【45才】

    坂上みきさん【53才】

    40代で妊娠しやすい人はマイナス要因のない人

    「40代に入ると卵子の老化以外にも、子宮内膜症や子宮筋腫など不妊要因がふえてきますし、クラミジアの感染の機会もふえるかもしれません。40代で妊娠しやすい人は、そうした妊娠にマイナスの要因がない人。そして、やはり残っている卵が多いほうがチャンスは多いです」(辰巳先生)。

    40代で妊娠!40代卒業生が「やったこと」「やめたこと」

    40代で出産した人に聞きました「妊活をはじめたのは何才?」

    36才以降に始めた人が全体の約6割。「結婚自体が遅かった」「2度目の結婚だから」という声が多数。「ドクターから43才で2名妊娠したと聞き、励みになっています」という前向きなコメントも。

    Case1がんばっている自分をほめて結婚9年目で妊娠

    Jamさん・41才

    31才10月:結婚。妊活は意識せず
    39才10月:レディースクリニックで検査
    40才2月:タイミング法で妊娠
    41才11月:出産

    「若い頃よりも体力が落ちていて不安でしたが、後悔したくなかったので30代の終わりに思い切って仕事をやめ、妊活に専念。レディースクリニックで血液検査や子宮卵管造影検査などを受けました。特に異常はなかったので、タイミン法で妊娠を待ちました。

    妊活中はジム通いやヨガで体力をつけ、さらに冷え症なので、漢方の温経湯を服用。40代だからといってあまり気にせず、自分のペースで音楽鑑賞や旅行などもエンジョイ。食生活を改善して自分を大切にするように心がけました。

    ときどきストレスで、夫と口論になることもありましたが、そんなときはとことん話し合い、しっかりと気持ちを伝え合いました。「妊娠の秘訣は?」と聞かれたら、迷わず「夫婦円満」と答えたいです。

    【授かりキーワード】

    ・夫婦の時間を大切に
    ・漢方薬で冷え対策

    Case2:「あきらめたくない」という夫の言葉に奮起し、44才で妊娠

    のらそらさん・44才

    28才11月:結婚。妊活は意識せず
    38才8月:レディースクリニックで検査
    39才1月:不妊専門クリニックへ。タイミング、人工授精7回、体外受精2回
    41才10月:転院。体外受精2回。夫が精索静脈瘤の手術。9週で稽留流産
    44才4月:転院。顕微授精2回で妊娠
    44才12月:出産

    「どこで調べても、誰に聞いても、40代は厳しい数値を出されるばかり。クリニックの中には『妊娠は個人差があるので一概には言えない。あなたなら大丈夫じゃないかな』と言ってくださった先生もいましたが、楽観的にはなれませんでした。

    ただ、年齢だけで決まるものではない、自分の状態を知ることが大事と思うようにして、年齢だけで必要以上に落ち込まないようにしました。着床しなかったときは毎回、残念会と称して夫と酒盛り。お酒の力を借りて言いたいことを言いまくり、それで少し前向きになれました。

    流産したときには、もう治療はやめたいと夫に伝えましたが、結局、夫があきらめきれないときっぱりと言ったので継続することに。ただ40代ということで卒業の時期については常に悩んでいましたね。

    苦しいときは自分の感じたことを対してがまんしないようにしていました。治療を休みたいと思ったら休む。漢方薬をやめたいと思ったらやめる、またやりたいと思ったら再開する。夫は私の「やめたい「「やりたい」には、常にどちらも賛成してくれました。

    体外受精で、「これが最後の採卵になるかもな~」と思ったときに思いがけず着床。今はあきらめなくてよかったと思います」

    【授かりキーワード】

    ・1週間50種類の野菜をとる
    ・ウォーキング

    ・体外受精とは

    採取した卵子と精子を受精させ、胚(受精卵)を培養して子宮に戻す方法。妊娠率は30代までで約30%、40代になと約10~20%まで減り、43才では約3%まで落ちます。年令とともに良好胚(培養した胚の中で質の高い胚)は得られにくくなり、妊娠率は下がりますが、採卵できるうちは体外受精できるので、妊娠の可能性があります。

    ・顕微授精とは

    体外受精では採取した精子を洗浄・濃縮し、卵子とシャーレ内で受精するのを待って培養します。精子を一つを選び、顕微鏡下で卵子に直接注入するのが顕微授精です。

    Case3:9回目の体外受精で妊娠。可能性時はゼロじゃない

    グレフレさん・42才

    30才5月:結婚。妊活は意識せず
    39才10月:妊活スタート。タイミング法から体外受精へ
    41才12月:9回目の体外受精で妊娠
    42才9月:出産

    「子どもはいつか欲しいと思いながら、なんとなく先延ばししていたらすでに40才手前。卵子の老化を知ってショックを受け、いつかあきらめないといけないかなと漠然と思っていました。

    妊活のスタートは、まずは生活習慣を改めました。これまでの生活といえば遅寝遅起き、暴飲暴食、運動はいっさいしないといった感じ。そこから一転、夏でも腹巻きやカイロ、よもぎ蒸しパット、お風呂に入って体をあたためる作戦。麦茶とルイボスティーが苦手で紅茶が大好きだったので、ノンカフェイン紅茶にかえました。ウォーキングや早寝早起きも習慣にしました。

    体外受精や胚移植の日は、たいてい会社を休み、安静にしていましたが、実は妊娠したのは会社を休まず、ふつうにしていたとき。会社でも動き回っていたので「今回は絶対にダメだ、また次回頑張ろう」と、プレッシャーなく過ごしたのがよかったのかも。

    幸いにも9回目の顕微授精で妊娠しましたが、回数を重ねても必ずしも妊娠するわけではないし、お金もかかるし、先の見えない40代の妊活生活はつらいもの。でも可能性はゼロではないので、あきらめないでほしいです!」

    【授かりキーワード】

    ・体をあたためる
    ・ウォーキング
    ・早寝早起きの正しい習慣

    Advice

    梅ヶ丘産婦人科 院長
    辰巳賢一先生

    医学博士。平成10~12年には厚生科学審議会先端医療技術評議会生殖補助医療技術に関する専門委員を務め、不妊に関する全ての分野で豊富な知識と経験を持つ。これまで1万人以上の妊娠に成功している。

    梅ヶ丘産婦人科
    https://u-m-e.com/