不妊治療

    【知っておきたい】不妊治療用語事典「アシステッドハッチング(AHA)」とは?

    公開日:2020.07.13 / 最終更新日:2020.09.10

    【知っておきたい】不妊治療用語事典「アシステッドハッチング(AHA)」とは?

    スポンサーリンク

    知らないことや、わからないことが多い妊活や不妊治療。妊活・不妊治療をすすめていくなかで知っておきたい、知っておくと便利な言葉をご紹介していきます。

    用語の意味を理解することで、安心して治療を受けることができますよね。

    クリニック受診後に「ドクターが言っていたこと理解できなかったな…」なんてことを減らすためにも、活用してくださいね。

    不妊治療用語集一覧

    アシステッドハッチング(AHA)とは?

    体外受精技術のひとつ。

    胚盤胞(はいばんほう)まで発育した受精卵が、着床の際に表面の透明帯を破って外に出てくることを孵化現象(ハッチング)といいます。

    その透明帯が固かったり厚かったりすると、孵化がうまくいかず、着床ができません。そこで、レーザーなどを用いて人工的に透明帯の一部に穴をあけたり、薄く削ったりして、胚の脱出を助けます。

    操作が簡便なため、卵への負担は少なく、安全かつ正確に行なえます。孵化補助法ともいいます。

    体外受精の仕組み

    体外受精は、卵子と精子をそれぞれ取り出して人工的に受精させ、育った受精卵を体内に戻す方法です。

    排卵日にいきなり行えるものではなく、できるだけ質のよい卵子を取り出すために、注射や薬で卵巣を刺激して、卵子を卵巣内でしっかりと成熟させます。

    体外受精をもっと詳しく!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE